Top
AYINAが応援する団体・企業 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
64
archive,category,category-ayina,category-64,ja,mkd-core-1.2,mkdf-social-login-1.3,mkdf-tours-1.4,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-side-area-uncovered-from-content,mkdf-medium-title-text,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive,elementor-default
16 1月

【Ready for応援】川口莉穂〜アフリカ×浴衣でベナン女性と日本の架け橋へ〜

副代表内藤です! 今回はAYINAが応援している団体で、うちのイベントにも出店していただいた 「Chérie COCO(シェリーココ)」の代表、川口莉穂さんがReady forにて、 二度目のクラウドファンディングをされているという事で、 応援も含め、インタビューをさせていただきました!   Ready for ベナン初の浴衣工房~女性が輝くアフリカ布のものづくりを~     僕「こんにちは!」   川口莉穂さん(以下「り」) 「こんにちは!ベナンで浴衣製作事業を行ってます川口です。本日は宜しくお願い致します!」   前回とは覚悟が違う   僕「今回2回目のReadyforの挑戦という事なんですけど、 前回の頃と今回の頃で、気持ちや状況の変化などはありますか?」   り「前回は、青年海外協力隊の任期中だったということもあり、 協力隊の本業をやりつつだったのが、 今はこの事業だけに全力をかけられるようになりました。 協力隊の任期が終わって帰国した後、 たくさん悩んで事業を続けていくことを決めたので、前回とは覚悟が違います。 状況としては、日本での協力者が増えたことが大きな変化だと思います。 日本とベナンを行き来しながら全てのことを一人でするのは やはり手が回らなくなります。 私の想いに共感して、手を挙げてくれた方たちには本当に感謝しています。」   青年海外協力隊時代は、JICAから生活費や時には活動費の支給もあるが、 その後は自分で生活費から何まで負担しなければならないので、 かなりの覚悟が必要だったと思われます。   アトリエの女性達は「仕事がしたい!」 僕「結構日本では偏見で、アフリカ人は仕事が嫌いみたいに思われる人が多いと思うんですが、 りほちゃんのアトリエの人たちは「もっと仕事がしたい」って言ってるみたいなんですけど、 そこに関してはどう思いますか?」   り「確かに仕事嫌いなベナン人も多いです。 でも生活をしていくためにはお金が必要なのも事実で、 彼女らはそれを分かっているから、 もっと稼ぎたい!って言っているんだと思います。 でも仕事をしている様子も楽しそうで、嫌々ではなく仕事が好きでやっているのも伝わってきます!」   布紛失事件により、一旦信頼関係にヒビが   僕「実際Readyforを見てると、順調に活動ができてるようにも見えるんですけど、 きっと大変な出来事とかもあったと思います。何か印象に残ってる大変な事ってありましたか?」   り「仕入れる布は6mで一つになっているのですが、 その布が一つ、アトリエ内でなくなったんです。 結果的にその事件がきっかけで、 アトリエのみんなとはより距離を縮めることができて良かったのですが、 なくなったときは、信頼関係が崩れそうになり、大変でした。」   アトリエ内で布が無くなり、1人の従業員が盗った従業員を目撃。 口論になり、一時修復不能かと思えるくらいの状況に。 しっかり川口さんが一緒に話し合いをし続ける事で、 最終的には、より強い信頼関係が築けたそうです。   活動を通じて、従業員の生活レベルが向上した   僕「逆に印象に残ってる嬉しかった事もあれば教えてもらえますか?」   り「笑顔で毎日生活しているみんなを見ることが私にとって嬉しいことです。 そんな毎日の中でも特に嬉しかったのは、 あるアトリエ従業員の夕食に招待されたとき、 今までの生活では考えられなかった魚が(しかも大きな!)入っていたことです。 栄養のあるものを食べられるようになったことで、 彼女の子どもも病気をしなくなりました。 こうやって、少しずつかもしれませんが、 ベナンの人たちの生活が改善されているのを見ると、 本当に頑張ってきて良かったな、と思います。」   僕「本日はありがとうございました!これからも頑張ってください!」   り「問題が山積みな毎日ですが、ベナンのために、頑張っていきたいです! ありがとうございました!」   アフリカ×浴衣 そんな川口さんが現在製作中のアフリカ布を使った浴衣がコチラ。 普段着には派手ですが、浴衣だと日本人にもこんなにマッチします!   Ready forで川口さんを応援しましょう! 冒頭にもリンクしましたが、 そんな川口さんが実施中のクラウドファンディングは以下からご覧頂けます!   Ready for ベナン初の浴衣工房~女性が輝くアフリカ布のものづくりを~        ...

31 12月

1/11 JICAルワンダ隊員の方の帰国報告会、開催決定!

こんにちは!藤内です! 前回ブログにも少し触れたと思うのですが、僕は大学4年間でルワンダの大学生の交流する学生団体、日本ルワンダ学生会議で活動しておりまして、   最近は就活とかもあって活動から離れていたんですが、最近ミーティングに行きました。 ミーティングは早稲田でやっているのですが、久しぶりにミーティングに行くと、やっぱり学生のうちに国際交流という団体に身をおいて本当によかったなと認識しました。   日本ルワンダ学生会議は支援団体や協力団体ではないので、ある程度対等な立場でアフリカとそしてアフリカ人と向き合い議論できるっていうところが僕の好きなところなんですが、   大学も学部も違う日本人メンバー(先輩も後輩も)と活動することもこの団体の好きなところ。   メンバーには… 美術大学の人もいたし、教育問題にのめり込む人もいたし、アフリカ留学いっちゃうひとも居るし、政府機関で働く人もいるし、国際協力のプロになる人もいるし、はたまたアフリカとは結びつきそうもない一般企業に就職する人もいる。 色んな人が各々の道を歩んで、オリジナルなアフリカとの距離感で活動してるところがいい。   最近では「アフリカ」って聞くと、「ビジネス」とか「支援」とかと一緒に語られがち。 でも最近思うのは、自分が関わる上でアフリカとの距離感ってものすごく大事ってこと。 アフリカでビジネスマンになるのもいいし、アフリカの文化が好きで旅するのもいいね。ボランティアで2年くらいアフリカのど田舎行くのもいいね。 アフリカに興味のある人全員が、それぞれのアフリカとの距離感を持ってるはず。 ならばそんな人と多く出会える場所って素敵だなと。 日本ルワンダ学生会議はそういう場所。   そんなときに団体のメンバーから誘われたのがこのイベント。   JICAの協力隊員として最近までルワンダにいた方。コーヒー農園の経営をされていて、日本ルワンダ学生会議のルワンダでの活動でもお世話になった方。ボランティアという立場でビジネスに関わっていた方。   今回帰国されるとのことで色んな方面からお話を伺います。 アフリカやルワンダにはずっと国際協力で関わってきた方も、 JICAのボランティアに踏み出せない方も、 大学や大学院でアフリカに触れてる方も、 ビジネスでアフリカに関わっている方も、 是非足を運んでみてほしいです!   自分とアフリカとの距離感を見つけるために、是非参加してみることをオススメします   --------------------------FB広報文、抜粋-------------------------------------   今回はJICA青年海外協力隊員として、ルワンダでコーヒー農園の経営を 支援された園田裕明氏に、「ルワンダの今」をお話頂きます。 「アフリカ」「ルワンダ」「ビジネス」「社会貢献」「JICAボランティア」 「ジェノサイド」などについて第一線で活躍されていた方からお話を伺える 貴重な機会です。ぜひお越しください! 【日時】2017年1月11日(水)18:15 会場,18:30 イベント開始 【会場】早稲田大学 早稲田キャンパス11号館603教室 【参加費】無料 【対象】学生・教員・一般の方。関心のある方ならどなたでもご参加歓迎します。 【内容】JICA青年海外協力隊員・マーケティング職種として ルワンダに派遣された園田裕明氏による活動報告と講演会。 (日本ルワンダ学生会議メンバーによる活動の詳細もお話します。) ※途中入退室可 【ご参加方法】以下のフォームに必要事項を記入をご登録ください。 https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSfvEbBNuFwqiW19a19o147xQe2spHqjA01T3YB4C_b8PgV8NA/viewform?c=0&w=1 【主催・お問合せ】日本ルワンダ学生会議 japan.rwanda@gmail.com(担当:岩垣梨花 人間科学部4年)   (原文:コーヒーでルワンダに笑顔の花を) ---------------------------------------------------------------------------  ...

11 11月

【アフリカ×浴衣】Chérie COCO代表|川口莉穂さん動画コメント

元青年海外協力隊でベナンに派遣されていた川口さん。 隊員時代に近所のお母さんが仕事がなく暮らしているのを見て、 クラウドファンディングにて資金を集め、ミシンを提供。 市場に溢れている普通のテイラーとしてだけではなく、 「アフリカ×浴衣」を中心としたオリジナルの商品を日本人向けに販売しています。 AYINAはChérie COCOと川口さんの活動を応援しています。 先日行われた山形ベナンフェスティバルにて、動画メッセージをいただいたので共有いたします。 ぜひご覧ください!   ...