Top
2018年4月 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
0
archive,date,mkd-core-1.2,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-medium-title-text,elementor-default
【5月6月】AYINAのことを知れる4つのイベント【副代表内藤に会える!】

「このNPO団体ってどんなことやってるの・・・?」「あのNPO団体のイベントに参加してみたい・・・」 「よく名前が出て来る●●に会ってみたい・・・」   「じゃあイベントに行けばいいじゃん!」 「思い切って話しかけてみればいいじゃん!」   ・ ・・ ・・・   でもなんだか気が引ける・・・緊張しちゃう・・・   その気持ち、ものすごく理解できます。 なんか堅そうなイメージあるし、1対1で会って怖かったらどうしよう。 そんな思いを持つのは当然です。   しかし、しかし!   AYINAが参加するイベントは違います。誰でも楽しめるような雰囲気や内容で開催していますし、副代表内藤獅友含めメンバーは全員お話大好き人間です。   むしろ私達も話しかけてほしいと思っています。   「是非みなさんにもっとAYINAを知っていただきたい」   そう願い、今回、副代表内藤獅友の日本帰国に伴い、内藤を含めAYINAをもっと知ることが出来るイベントをご紹介してみようとおもいます!     Polka展示会(5月12日) polca仲間で展示会しませんか?|やじけん|note Polkaを使った新しい形の展示会があるようなので、こちらに内藤が赴きます! もしかしたら内藤が登壇して、お話する可能性もあります! 内藤にあってお話してみたい、AYINAのこと聞きたいという方がいらっしゃれば、是非AYINAまでご連絡くださいね!     アフリカに挑戦する若手リーダー3名の赤裸々トークライブ(5月13日) 「アフリカ」という大舞台で果敢に挑戦する3人のトークライブ。 内藤含め、以下の登壇者がスピーカーとして参加されます!   NPO法人アラジ代表の下里夢美さん(主催) NPO法人コンフロントワールド代表の原貫太さん   トーク内容はもちろんアフリカの活動・・・だけではありません! 恋愛やそんなことまで?と思われるような赤裸々な事も語る会になりそうです・・・   実はこの3人が日本で集まれるというのはホント奇跡的なこと。 この機会を逃すと、正直次回の開催は何年後かわかりません・・・   参加はこちらから参加枠も残りわずか。 参加をご検討されている方はこちらからどうぞ♪   ⇛ チケットあと3枚!アフリカに挑戦する若手リーダー3名の赤裸々トークライブに参加する     KIFU BAR...

【2018年3月】オーダーメイドアフリカホームステイ in ベナン

副代表内藤です! 最近は参加者様が自由に期間、予算、行きたい場所、やりたいことなどを事前に伝えて頂き、AYINAがプランを提案するオーダーメイドアフリカホームステイがとても人気となっています! 今回は先月3月にご参加いただいた和田さんから、感想を頂きましたのでご紹介いたします! アフリカホームステイについてはこちら 初めに 今回私はアフリカに初めて訪れた。たまたま日本で見ていた海外を旅する番組でアフリカのある国を旅していて、漠然とアフリカに行きたくなった。 また、ただ旅行で良いホテルに泊まりながら観光地を回ったり、良いレストランで食事をするよりかは、私はせっかく行くのだからできればホームステイをしたり、食事も地元の人が使うような場所でとりたいという気持ちが強くあった。 アフリカ旅についてインターネットで調べている時、偶然NPO法人AYINAさんが主催しているアフリカオーダーメイドホームステイに辿り着き、今回アフリカに初めて訪れることができた。 日本に帰国し、自分の体験を振り返りながらこの報告書を書いている今、改めて「とても良い経験をすることができた」と感じている。 そこで簡単ではあるがこの報告書を通し、私が8日間ベナン共和国に滞在して体験した「初体験」に焦点を絞って紹介させて頂こうと思う。   沢山の初体験「食」 違う国に来ているので当たり前といえば当たり前だが、食が全く違った。食べる物全てが初めてで、毎日の食事が楽しみだった。 (ベナン共和国に着いた初日だけ順応できなかったが笑)   沢山の初体験「言語」 ベナン共和国の公用語はフランス語なのだが、地域によってそれぞれ別の現地語があるらしく沢山の言語を耳にした。私は簡単なフランス語を覚えるだけで精一杯だった。 (日本では日本語さえ話せれば日本のどこに行っても通じる為、これも貴重な経験だった。)   沢山の初体験「歴史」 ...

NPO文化学習協同ネットワーク居場所さまにてアフリカ交流!

こんにちは。   AYINAのまいです。   3月19日に、NPO文化学習協同ネットワーク居場所にお邪魔してきました。   一緒に行ったのは、コートジボワール出身のジェンベ演奏者IBRAHIM KONETE(イベ)さんです。 ちなみに、ジェンベとは、西アフリカの太鼓のことです。   小学6年生から中学3年生までの児童生徒、スタッフの方々、イベさんと私の9人でアフリカ交流をしました!   まず、イベさんのジェンベのリズムに合わせて、手を叩き、かけ声を出すアイスブレイクから始まりました。 みなさんが一生懸命英語で自己紹介をしてくれ、イベさんも感心していた様子でした。 日本にいると、触る機会がほとんどない西アフリカの楽器に触れ、みんなでリズムをとってみました。ジェンベは叩く場所や叩き方によって音色が異なります。チャレンジした居場所の方々は、イベさんに教えてもらいながら、ジェンベの3つの叩き方をマスターしていました。みなさんののみこみ具合に脱帽です! 居場所の子どもたちとスタッフさんは、イベさんのことを事前に調べていたようで、イベさんに西アフリカダンスを観たいとリクエストをしていただきました。 そのリクエストに対して、イベさんは、ダンスにはリズムが必要だとのことで、ダンスを見せるのではなく、教えようと提案してくれました。しかし、西アフリカのダンスなんで、見ないところには、教えてもらいようがない、、、、、どうしよう。と、みんなで困っていたら、なんと居場所の方で、ドラムを叩ける方がいたのです!! スタッフの方にイベさんが西アフリカのリズムを伝授すると、伝授前に聞いた電子ドラムのリズムと全く異なり、リズムが違うたけで一気にアフリカン音楽に大変身!! そのリズムに合わせて、イベさんからダンスレクチャーを受けました。 何拍子とればいいのかと、私たちはおろおろしてしまったのですが、イベさんは本当に感覚で踊っているようでした。さすがだ!!! 何回か繰り返してなんとか踊りきった時には、自然とみんなが笑顔になって楽しい時間でした。 その後、居場所の子どもたちからのお誘いで、イベさんとドッチボールで遊びました。 私も混ぜてもらったのですが、みんな本当に強い! まさかのボール2つ開始に、私はタジタジ。イベさんは初めてのドッチボールなのに、すぐに馴染んで子どもたちと熱い戦いを繰り広げていました。 やはり、スポーツは一気に距離を縮めるもので、自然と子どもたちとイベさんが笑顔で交流していました。 にしても、私が知っているドッチボールの中で一番激しかった、、、、、笑   ドッチボールが終わると、コートジボワールの遊びをイベさんが教えてくれました。 名前はわからないのですが、2チームが部屋の端と端に分かれ、各チーム壁に背中をつけて一列に並びます。チーム内でそれぞれが1から番号をもらいます。両チームの真ん中でティッシュ(または、タオル)を持った人が、番号を叫びます。自分がもらった番号を呼ばれた人は、ティッシュ(または、タオル)を取りに走ります。 つまり、両チーム1人が走ってくるので、2人でティッシュの取り合いです。このゲームは取るだけでは終わりではなく、それを取ったら、自分の元いた場所に戻って、やっと勝ちです。相手チームにとられた場合、相手が元の場所に戻るまでにタッチすると、タッチした側の勝ちです。なので、真ん中で両チームが止まったとき、どちらが先に取るかという駆け引きもあり、反射能力、頭脳、そして体力を使うゲームで盛り上がりました。   みなさんがゲームに慣れてくると、駆け引きが活発になり盛り上がっていました! イベさん、面白いゲームを教えてくれてありがとうございました。   楽しい時間はあっという間にすぎ、終わりの時間になってしまいました。 イベさんとの交流で、居場所のみなさんはよりアフリカを身近に感じてくれたのではないでしょうか。   楽しかったという感想を聞いたイベさんも嬉しそうでした。 イベさんや私も楽しんだ交流会になりました。     上記のように日本にいるアフリカ人と交流をしたい方! 団体様、個人様はお問い合わせフォームからご連絡くださいませ!  お問い合わせフォーム...

【裏・マサイ通信】『マサイのルカがスマホで井戸を掘る話』発売記念!!GO羽鳥さんインタビュー

AYINA JAPANの新メンバー、マサです! 皆さん、マサイ通信ってご存知ですか?   ▪マサイ通信とは・・・ 世界初のマサイ族ライターのルカさんが、井戸を掘るお金を稼ぐために現地でライターとなり、ケニアから記事や画像をレポートする、というロケットニュース24内の人気連載コーナーです。   今回AYINAでは、そんな人気ネット記事・マサイ通信が書籍化する!ということを聞き、ルカさんとメッセージのやり取りを行って日本語の記事を執筆している、ロケットニュース24編集長のGO羽鳥さんに取材をさせて頂きました!   「マサイのルカがスマホで井戸を掘る話」 本日は、その取材の模様をブログにまとめましたので、是非ご覧ください!   [speech_bubble...

2018年3月度AYINA polca募金の御礼とご報告

副代表の内藤です! 2月から新たに導入させて頂きました、polcaを使った毎月の募金支援。 2月度は8名の方に総額4,800円をご支援頂きました! そして3月度は15名の方に総額7,700円をご支援頂きました! tenipuri様 支倉常明様 腰山 累様 nakase様 k.ymzk様 家入一真様 mikukou様 ただっし〜様 Teechang様 daisukesasaki様 やじけん様 yumemi様 Yumemama様   ありがとうございました! 活動費として大切に使わせて頂きます!   4月度のAYINA polca募金も始まっております!   年間契約などではなく、単発で300円からご支援いただけるようになっておりますので、是非ともご支援、ご協力のほどよろしくお願いいたします!...