Top
AYINAメンバーBlog – ページ 2 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
19
archive,paged,category,category-ayinablog,category-19,paged-2,category-paged-2,ja,mkd-core-1.2,mkdf-social-login-1.3,mkdf-tours-1.4,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-side-area-uncovered-from-content,mkdf-medium-title-text,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive,elementor-default
24 3月

ケニア観光といえば野生動物?!ビッグ5とご対面?!ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~

Jambo(こんにちは) 2月から4月までの3ヶ月間、 ケニア・ナイロビにある農業・家畜に関する国家研究機関KALRO (Kenya Agriculture & Livestock Research Organization) にてインターンシップ中の、 AYINA東北支部長土屋みなみです   突然ですがみなさん、ケニアと聞いて何を思い浮かべますか?   ・ ・ ・ ・ ・   そうですね!野生動物ですね!!!!(無理矢理   雨期に入ってしまう前に行ってきましたので、 今回はコテコテの観光地について迫力ある写真と共にお届けします♪   ビッグ5をご存知ですか? 狩りをしていた頃には倒すのが難しかった動物、 今でいう野生動物界のスターたちがビッグ5と呼ばれていて、 具体的にはライオン、ヒョウ、サイ、ゾウ、バッファロー が挙げられています(ケニアの友達にはサイでなくキリンと言われましたが…)   今回行ったのはこのナイロビ国立公園。 [caption id="attachment_4618" align="alignnone" width="624"] ナイロビ市内から郊外へ向かう大きな道路沿いに現れる入り口。[/caption]   一緒に行く友人に 「動物園のようなところと車で入っていけるところとどっちがいい?」 と聞かれ「後者!!!!」と即答しました笑   動物さんたちを拝見するには朝か夕方が良いとのことで、 今回は朝に行くことに。 ただ、日曜日だったこともあり入場券を買うのに思ったより並んでしまい、 スタートが遅れてしまったので、 みなさんには出来れば平日に行くことか、 土日であれば6時には公園に着いておくことをお勧めします。   ビッグ5制覇なるか? では、さっそく自家用車で公園内ドライブ開始です! 因みにアフリカホームステイinベナン女子3人旅でも国立公園にいきましたが、 その時の目玉はゾウさんでした。果たして今回は…?   今回まず出迎えてくれたのが… キリンさん!すっごく近かったんです!! おとなしくて近づいても全く動じない、サービス精神旺盛な方でした [caption id="attachment_4616" align="alignnone" width="809"] まつ毛ふぁさふぁさ![/caption]   こちらの方もサービス精神旺盛。 お名前は失念してしまいましたが… [caption id="attachment_4615" align="alignnone" width="678"] 菱川師宣の浮世絵江、見返り美人図のよう[/caption]   更にこんな方も ダチョウです!乗れそう!   お次はビッグ5のうちの一人 お食事中のためお顔が見られませんが、サイさんだったと私は信じています   こちらの方もお食事中でした そしてお次もビッグ5のお一人 バッファローです!角が立派!   因みに土屋お気に入りの動物は、このトムソンガゼル 名前がかっこいいし、白黒柄もおしゃれ! テレビでしか聞いたことなかったので本物に出会えて感動です   そして… 百獣の王、ライオン!! ベナンでは見られなかったのですが、ここではお会い出来ました!光栄です!   そういえばビッグ5、制覇できたの…? 復習ですが、ビッグ5とは ライオン、ヒョウ、サイ、ゾウ、バッファローでしたね。 ここまでご覧いただいた方はもうお分かりと思いますが、 今回の結果は…5分の3(ライオン、サイ、バッファロー)でした! 入場券を買う時に思ったより並んでスタートが遅れた割には大健闘です! 動物の皆さま、お邪魔しました…   その後サファリ内にある小さなキャンプ場で、持参のおやつを食べがてら休憩 ここからの景色がなんとも壮大! [caption id="attachment_4602" align="alignnone" width="786"] 動物さんたちがチラホラ[/caption] [caption id="attachment_4601" align="alignnone" width="790"] アップするとシマウマさんたちが見えました[/caption] この景色をバックに記念写真の撮影です [caption id="attachment_4600" align="alignnone" width="886"] 因みに私がまとっているのはマサイ族のマント。私はケニアらしさが欲しくて使いましたが、寒いときの羽織にもなるんです~[/caption]   土屋の印象に残った景色 ところで…私にとって最も印象的だったのは、 動物さんたちもさることながら国立公園から見えるナイロビの街並みでした [caption id="attachment_4599" align="alignnone" width="756"] 公園から見えるナイロビ市街[/caption] [caption id="attachment_4598" align="alignnone" width="747"] 動物さんの後ろにも[/caption] [caption id="attachment_4597" align="alignnone" width="886"] ナイロビ市街に向かって走るトムソンガゼル[/caption]   広大なサファリを首都の街が取り巻いているその不思議な光景に、 勝手にケニアらしさを感じたものです   ケニア国内には有名なマサイマラを始め何ヶ所か国立公園があります。 大自然を感じたい方は是非、行ってみてください! 弊団体のアフリカホームステイでも、 ご希望によってお連れすることができるかもしれませんよ♪   それではKwaheri(クワヘリ:さようなら)   ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

24 3月

田舎パワー充電の週末・車窓からの景色もお届け③ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~

Jambo(こんにちは) 2月から4月までの3ヶ月間、 ケニア・ナイロビにある農業・家畜に関する国家研究機関KALRO (Kenya Agriculture & Livestock Research Organization) にてインターンシップ中の、 AYINA東北支部長土屋みなみです   引き続き、 2県またいで田舎パワーを充電しに行ってきた週末についてお届けしたいと思います。 前々回と前回の記事はこちら 前回のブログはこちら 前々回のブログはこちら   おばあちゃんのところへ お泊りを終えナイロビへ戻る前に おばあちゃんのところへ寄ろうと道路に出ようと思ったとき、 見覚えのある文字列が! 「トーキョー?!」と私が思わず声に出すと 「日本にいるマラソン選手が立てた建物なんだ」とホストファザー。 まさかケニアの田舎で日本の首都の名前をお目にかかるとは…!   ほどなくしておばあちゃんのお家に到着。 お昼ご飯を食べながら1時間ほどお話ししました。 [caption id="attachment_4570" align="alignnone" width="632"] 本日のランチ 左上から 茹でキャベツ、ご飯、牛肉と野菜のトマトベース煮込み、モキモという豆+ジャガイモ+地元の緑色の野菜のペースト(甘くないあんこのような感じでした!)[/caption]   私がスワヒリ語で挨拶したのに興味を持ったのか、 話しかけたそうにしていた一方 最後まで恥ずかしそうにもしていた7歳前後の孫たち。   でも去る間際におばあちゃんが誘導してくれて何個か質問してくれました。 シャイなのも可愛かったです! 外国人珍しいのもあったんだろうなあ… [caption id="attachment_4568" align="alignnone" width="844"] ☆の中には私があげた折り紙の作品が…!一緒にカメラに入って嬉しい![/caption] せっかくなのでおばあちゃんとおばあちゃんの家に住む親戚と記念写真   帰ります…車窓からの風景をたっぷりお届け 帰ろうと思いおばあちゃんの家を出たら、行く手を牛さんが待ち受けておりました笑 無事に通り過ぎ、しばらく景色を楽しみます [caption id="attachment_4566" align="alignnone" width="782"] 日本の田舎道のようだと思うのは私だけでしょうか…?[/caption] [caption id="attachment_4565" align="alignnone" width="878"] あああ!お嬢様!お気をつけあそばせ~~~[/caption] [caption id="attachment_4563" align="alignnone" width="832"] 道端にある果物屋さんです 近くに何軒か果物屋さんがあり『同業者同士で潰し合わないのかな…』と心配になります[/caption] [caption id="attachment_4562" align="alignnone" width="742"] お茶畑[/caption] [caption id="attachment_4561" align="alignnone" width="623"] お茶畑の横をふと見るとこんな素敵な風景が![/caption] [caption id="attachment_4559" align="alignnone" width="1091"] 田舎に点在する店の前で日向ぼっこする人々[/caption] [caption id="attachment_4551" align="alignnone" width="1091"] 人と動物が共存する日向ぼっこ 素敵[/caption] 途中にはこんな店や 場所によってはこんなお店も 街を通過します 日曜日なこともあり人がいっぱい [caption id="attachment_4554" align="alignnone" width="780"] バイパスから見下ろすと道路がある こんな光景もあります[/caption] そして…ナイロビが見えてきました こうして、田舎パワー充電の旅は終了しました。 ホストファザーは運転疲れたみたいだけど…ありがとう!   では、またナイロビでの平日が始まりますので…Kwaheri(クワヘリ:さようなら)   ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

17 3月

田舎パワー充電の週末・車窓からの景色もお届け②ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×工学の可能性を探しに~

Jambo(こんにちは) 2月から4月までの3ヶ月間、 ケニア・ナイロビにある農業・家畜に関する国家研究機関KALRO (Kenya Agriculture & Livestock Research Organization) にてインターンシップ中の、 AYINA東北支部長土屋みなみです 前回から引き続き、 2県またいで田舎パワーを充電しに行ってきた週末についてお届けしたいと思います 前回のブログはこちら 知人の農場へ まずは腹ごしらえから。 道中フライングしておやつにチャパティを食べてしまいお腹がいっぱいだったので、 おかずだけもらいました [caption id="attachment_4456" align="alignnone" width="691"] 牛肉の人参、豆、ズッキーニ、玉ねぎ等のトマトベース煮込み&鶏肉[/caption] また「少ししか食べないのね!」と言われてしまいました… (もうこっちで言われ慣れた感がありますが) さて、食べ終えたら腹ごなしも兼ねて農場をお散歩です! [caption id="attachment_4457" align="alignnone" width="632"] こんな足で来てしまった笑[/caption] [caption id="attachment_4458" align="alignnone" width="647"] と思ったらホストマザーは素足にサンダルだった笑笑[/caption] 牧草地のような広大な敷地に加え、木々も見受けられます [caption id="attachment_4467" align="alignnone" width="480"] アボカドの木!実がついています![/caption] [caption id="attachment_4466" align="alignnone" width="481"] これらの木はナイロビから持ってきたんだとか[/caption] 次は動物さんたちにご挨拶 [caption id="attachment_4465" align="alignnone" width="640"] ロバさん[/caption] [caption id="attachment_4464" align="alignnone" width="640"] なんと羊さんも9匹ほどいらっしゃいました…![/caption] かなり広い敷地 (8haくらいと言っていたので、東京ドーム約1.7個分のはず!) の一部でのびのびと遊ぶ羊さんたち…きっと良く育つことでしょう! 今回のメイン 牛さん?! いくつかある小屋も見せていただきました [caption id="attachment_4463" align="alignnone" width="567"] 歴史で学んだ 上の宮厩戸皇子が生まれそうな干し草小屋[/caption] [caption id="attachment_4461" align="alignnone" width="640"] 牛さんたちは20頭ほどいらっしゃいました![/caption] なんとちょうど乳しぼりの時間だったそうで、見せてもらうことに [caption id="attachment_4459" align="alignnone" width="511"] 搾りたての牛乳!勢いが良くて泡立っていて、ミルクシェイクのようになっております[/caption] [caption id="attachment_4460" align="alignnone" width="677"] ミルクを入れる缶!こんなに大きいの見るの初めてかも[/caption] 朝と夕方2回乳しぼりをするそうで、 1頭から20~30 Lくらい牛乳がとれるんだそうです! 牛さんに触れたのは小学生の時以来だったので、 間近で見ることが出来て感動でありました! あ!牛といえば…トビタテ!留学Japanでウガンダで牛留学している、 AYINAメンバー梅原のブログも是非ご覧ください! さて、家に帰り一泊した後、明日はおばあちゃんに会いに行きます。 はいそうです、まだ続きます笑。それではKwaheri(クワヘリ:さようなら) ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

16 3月

田舎パワー充電の週末・車窓からの景色もお届け①ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~

Jambo(こんにちは) 2月から4月までの3ヶ月間、 ケニア・ナイロビにある農業・家畜に関する国家研究機関KALRO (Kenya Agriculture & Livestock Research Organization) にてインターンシップ中の、 AYINA東北支部長土屋みなみです   渋滞はどなたも好きでないとは思いますが、 それに加えて私は人が多すぎるのが苦手なようで どの国でも都会は向いていないなぁと思い始めています。 物心ついた時から今まで、 日本では住むところに関して東北を出たことがなくそれも関係しているのかも…   ということで今回は、 2県またいで田舎パワーを充電しに行ってきた週末を、 車窓からの景色と共にお届けしたいと思います   さらばナイロビ 田舎好きと何度も口にしてきたせいか、 週末にホストファザーが田舎に連れて行ってくれることになりました。 早速出発です!   ナイロビを出るあたりはこんな景色 [caption id="attachment_4448" align="alignnone" width="886"] ショッピングモール内の観覧車[/caption] [caption id="attachment_4450" align="alignnone" width="800"] ナイロビへ続く道路が建設中のようです[/caption] [caption id="attachment_4446" align="alignnone" width="900"] 建設中の道路の近くで走るロバさん笑[/caption] [caption id="attachment_4445" align="alignnone" width="846"] ちょっとナイロビを離れると、野菜を育てているらしいグリーンハウスも[/caption] [caption id="attachment_4444" align="alignnone" width="750"] ちょっと雨が降りました すぐ止みましたが[/caption]   地球を感じる壮大な景色 しばらく走ると、いつも以上に壮大な景色が見えてきました [caption id="attachment_4442" align="alignnone" width="1091"] 大地溝帯![/caption]   ここで、大地溝帯について少しご説明しますね!   地球の表面を覆う十数枚の厚さ 100 kmほどの岩盤であるプレートが引き裂かれて その底が凹んでしまった溝のことを地溝帯と言いまして、 実はアフリカには世界最大の地溝帯があるのです。 それがアフリカ大地溝帯と呼ばれるもの(名前そのまんま笑)   「大陸は遠い昔ひとつだったが、長い時間をかけて分裂している」 という話を私は前に聞いたことがあるのですが、 今でもその分裂は続いていて 今回見えている東アフリカ大地溝帯は 今でも両側が年に数mmの速さで離れているんだとか…! 以上、wikipedia&コトバンクを参考にしました   日本でも火山や地震で地球の息吹を感じることがありますが、アフリカでもそうなんです!   ナクル県のナイバシャ付近へ 「もうそろそろナイバシャだよ」と言われ前を見ると、大地溝帯にあるナイバシャ湖が! 付近には観光客が集まる高級ホテルもあるようです…!   因みに大地溝帯にあるケニアの湖沼群 (エルメンテイタ湖、ナクル湖、ボゴリア湖)は、 2011年に世界遺産に登録されました。 フラミンゴを見ることが出来るんだとか! アフリカというと乾燥地帯やサファリのイメージがあったかもしれませんが、 実は湖もあるんですよ~!   走り続けると今度はインターン先であるKALROのナイバシャ支部が 更に走ると、ちょっと違った景色が見られます [caption id="attachment_4438" align="alignnone" width="835"] 木陰で休む人[/caption] [caption id="attachment_4437" align="alignnone" width="811"] 緑かと思いきやこんな乾燥した地域も[/caption] [caption id="attachment_4436" align="alignnone" width="836"] おおお!シマウマさんが道端に![/caption]   そんなこんなしているうちに、 目的地近くのスーパーに到着です。 スーパーの紹介はまた別の機会にしますね! [caption id="attachment_4435" align="alignnone" width="864"] ここのスーパーは日曜日でもオープンしていました[/caption]   必要なものを調達し、いよいよ目的地周辺です [caption id="attachment_4434" align="alignnone" width="791"] この緑の先が目的地でした…![/caption]   ホストファザーから 「家族のことはブログに書かないで~」 と言われているので家の写真を載せることは出来ませんが、 静かで緑いっぱいの素敵な場所に改築したばかりの可愛らしいお家がありました♪   次回は近くのお知り合いの農場にお邪魔した時のことを中心にお伝えします   はいそうです、続きます。それではKwaheri(クワヘリ:さようなら)     ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

13 3月

ケニアでお酒を呑んでみた ケニアで工学研究インターンシップ ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~ 

Mambo(シェンという言葉でこんにちは、やあという意味です) 2月から4月までの3ヶ月間、 ケニア・ナイロビにある農業・家畜に関する国家研究機関 KALRO(Kenya Agriculture & Livestock Research Organization)にて インターンシップ中の、AYINA東北支部長土屋みなみです! 先日水曜日から土曜日の午前中までの3日半の研修のため、 隣の県に行ってきました。 今回はその途中で体験した、 いわゆる華金の話をお届けしたいと思います。 またAYINAメンバーに 「インターンシップで何をしているのか分からない 遊…(以下略)?!」 と言われてしまいそうですが…。 ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら   噂のAから呑みに誘われる 金曜日の夜、研修の最終日前夜のこと。 初対面で2言目に「お前の男だ」 と言ってきたあのAが話しかけてきました。 「お前酒飲む?」 最近飲む量が激減し、 ケニアに来てからも月に1,2回パパに付き合って、 ワインを嗜む程で「もういいかな」と思ってしまうくらいですが、 それでもケニアンビールを飲みたかったし、 外で飲んだことがなかったので「飲むよ」と返答。   「おお!よし、じゃ飲みに行こうぜ! お前が好きなNyama Choma(ニャマチョマ)も食おう」 ニャマチョマとは、ヤギ肉のグリルです   写真のオレンジ枠内がニャマチョマ   好物なこともあり、 誘われたとき若干いぶかしげだった私は一気に 「やった!」とノリ気に。 食べ物でつられるなんて、チョロい私…笑   「1時間後に電話するわ」とA。 彼、チャラそうに思えますが研修の集合時間に、 ケニア時間でなくちゃんとスケジュール通りに来るし、 仕事は真面目にやって出来る方のようなので、 きっかり1時間後になるように準備しておりました。   呑みと言われたからバーを想像していたけれど… 1時間10分後くらいに無事合流したのですが、 「他にも来るからその子たち待とう」 と結局数十分待ちます。 一緒に現地へ向かったのは私とA、 ほとんどしゃべったことがない男の同僚B、 そして研修参加者の中で一番かわいいと思っていた、 別の機関で働く女の子Cちゃん。 Cちゃんが来てくれて土屋のテンションはふつふつと上がりました笑 思わず「かわいいね」と直接言ってしまうくらい笑笑   お抱えの運転所がシティまで送ってくれるそうで、 セキュリティはばっちりです。 ありがたや… 着いたのはこちら。     クラブじゃねぇか!!! 呑みと言われてバーを思い描いていた私は、 まだまだだなと思いました笑 クラブによっては持ち物検査がありますし、 盗難防止にもなりますので出来る限り身軽でいってくださいね。 私はポケット付きの腹巻にパスポート、 最低限のお金、携帯だけ入れて手ぶらで行きました。   席に着いて、注文は他のみんなにお任せ。 しばらくすると飲み物が到着です。 「ケニアのビール、TUSKERが呑める~」 と思っていると、     ……いや、最初から5人で瓶10本って、 量多くない?! しかもこの後、全部呑み切らないのにガンガン注文するんです。 ビールだけひたすらに。 挙句の果てに、 「いいか?ケニアでは呑み切らないと帰れないからな」とA。 なんてむちゃくちゃな… そして冷静になってみると、 ドライバー、尋常じゃない量を呑んでいます。 『ケニアでは運転手はお酒を呑んで良いんだ…』 と言い聞かせましたが、いいえダメです。 でもドライバーは「おれはプロだ!●年やってるだぜ!ガハハハ」 と、いつも会う時の静けさとは別人のごとくはっちゃけておりました。 恐るべし華金パワー   そうこうしているうちに私の好きなニャマチョマが到着。 お酒を飲むと食べる量が増える私は、 いつも以上にガツガツいきました。 同僚曰く脂多めだったそうですが、 ビールのおかげで気になりませんでした♪   呑みが進むと… 私がニャマチョマを食べてルンルンしていると、 もう一人の同僚Dが知らない女の子を連れて笑 現地集合で仲間入りしてきました。 Dはとても静かで、 セミナー中彼の存在を認識していなかったくらいです。 『ほぼずっと携帯イジってるし、この人なんなんだ?』 と思っていたのですが… お酒が進み時間が遅くなりクラブの音楽の音量が大きくなるにつれて、 みんなの体は自然に揺れ始めました。 そして遂に…見ていて『あらら』となるくらいの情熱的なダンスがスタート… なんとDも踊っているではありませんか! しかもめっちゃ積極的に! あの静けさは、 カモフラージュだったのか…? 実は私も体がうずうずして、 情熱的ではないにしても自分なりにおどってみたかったのですが、 『こいつ踊れる』と思われると面倒なのと、 やっぱりちょっと恥ずかしいのとで、我慢しました。 まだケニア人にはなれないようです・・・   見ている方が恥ずかしくなってくるくらい ダンスが激しくなってきたのと、 お酒を呑み過ぎて食べ物を食べないと、 二日酔いになりそうだったので 引き続き食べ物をオーダーしてもらい、 食べながら気を紛らわすことにしました。   牛肉の串焼き スワヒリ語でなんていうか忘れてしまいました    気付いたらこっちに来てから初めての夜更かし… ビールがもう喉を通らないくらいになったので帰ります。 ここでAから衝撃の一言が 「俺昨日もここに来て2時くらいまで呑んでたんだよね だから寝不足なんだわ」 今日の研修8時半からだったのに… 元気だな…それともやっぱりチャ…   こうして初めての華金は驚きの連続で幕を閉じました。   次の日、 私は意地でスケジュール通りに来たものの、 その時間にあまり人はいませんでした。 それでも一緒に呑んだメンバーは、 何事もなかったようにみんな研修に来ました。 その辺はやはり大人ですねぇ…     良い思い出をありがとう!   みなさんもアフリカのどこかの国にお越しの際は、 現地のお酒と興味があればクラブも、 現地の友人と一緒に試してみてください!   それでは今回はこれにて Kwaheri(クワヘリ:さようなら)!     ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

12 3月

インターンホストのゲストハウスに泊まってみた②【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(こんにちは) 2月から4月までの3ヶ月間 ケニア・ナイロビにある農業・家畜に関する国家研究機関KALRO (Kenya Agriculture & Livestock Research Organization)にて インターンシップ中のAYINA東北支部長土屋みなみです 以前のブログでも紹介しましたが、 インターンホストの敷地内にはゲストハウスがあります。 今回はそこに泊まってみた際の報告第2弾! いよいよお湯浴びのスタートです   前回からの続きになっておりますので、まだの方はこちらからご覧ください     改めてお湯浴びの準備 ちょっと前回の復習をします。こちらが今回のお湯浴びセットです笑 [caption id="attachment_4409" align="alignnone" width="689"] 20L入るバケツと、並べると結構大きく見えるヤカン[/caption]   ヤカンにはお兄さんが入れてくれていた水が予め入っていました。 これを温めてバケツに入れてみると… 『いやいやいや…少ないでしょ…』ということでお湯沸かし2回目。 ここの水でいいやと思い、蛇口の水をヤカンにいれようとした時です 『いやいやいや…勢い弱いでしょ…』 これでは埒が明かないと思っていたのですが、 すぐ『あ!洗面所の水をヤカンにいれてバケツに移せばいいんじゃん』と気づきました。 よくできたぞ、私   洗面所の水の勢いはよく、無事に2回目のお湯づくり完了。 バシャーッとバケツにお湯を入れ、 『よし!量はこんなもんだろう』と思いながら 何も考えずに指を入れたら『アツっっっっ』 そりゃそうですよね…笑どうした私… ここから何度かヤカンをつかって水を加え、 無事良い感じの温度になりました   いよいよお湯浴び 『いよいよお湯浴びだ~』と思ったとき気づきました 『これ…どうやっていい感じの流量のお湯を頭にかければいいんだ?』   しかしここはすぐに解決。 あのヤカンを使えば良いのですふふふ。 電気のコードがささるところに気を付けて、 ヤカンをバケツに沈めお湯を入れ自分にかけます。 思った以上に良きです!! 無事に髪も全身も石鹸やシャンプー等でちゃんと洗えました   なんだかんだつっこんでいましたが、 こっちに来てから一番のあったかいお湯を使えて、 最後には満足感でいっぱいの私でした こっち来る前に髪を短くしておけばよかったなとは思いましたが…   今宵の晩ご飯 さて、シャワーも済んだことですし晩ご飯! 実は部屋に来た時点で、既に机の上にラップして置いてありました。 早くてありがたい! 例の部屋(前回の記事でツッコんだ部屋ですね)に行き無事レンジでチン完了笑   [caption id="attachment_4412" align="alignnone" width="676"] ジャガイモ、ほうれん草、鶏肉の煮込み、ご飯、オレンジジュース そして KALRO印の水![/caption]   そういえばスプーンがないのですが、それほど問題なく食べ終えました   この後少し作業をしていたのですが、ほどなくして強烈な睡魔に襲われ、 途中起きたものの12時間くらい寝てしまいました…無意識に体が疲れているんだなあ…   朝ご飯 チェックアウト等々の準備を終え、 カフェテリアに朝ご飯を食べに向かいました。 「そこの寮に泊まってて、朝ご飯食べたいんだけど」 と言うと「じゃあそこに座って」とウエイターさん   他のウエイターさんが布ナプキンを折ったりテーブルクロスを整えたり グラスを用意したりしているのを見ながら待っていると、 ゆっくりゆっくりジュース、ティーパック、コーヒー、お湯… と一個ずつタイムラグがあって運ばれてきて、 最後にメインディッシュが到着 [caption id="attachment_4414" align="alignnone" width="650"] マンゴージュース♪ 卵焼き、トマト、ソーセージそしてほのかに甘いパンケーキ[/caption]   夕食後すぐに寝てしまい、 お腹があまり空いていなかったこともあったのか程よくお腹が膨れました。 大好きなマンゴーのジュースも飲めたし満足! とふと時計をみると…始業時間過ぎていました…   この後すぐオフィスに行き、 上司とのアポへ向かったのですがミーティングが入ったらしく延期になりましたとさ笑   今日はカフェテリアでランチ ホームステイ中はお弁当を持たせてもらっていましたが、 今日はゲストハウスからの通勤ということで、カフェテリアでランチをとることに   カンファレンスホールで会議をしていて 朝使ったカフェテリアスペースは貸し切りだったので、 裏の屋外テントで食べました♪ [caption id="attachment_4416" align="alignnone" width="930"] 13時のお昼時になると賑わいます[/caption] [caption id="attachment_4417" align="alignnone" width="891"] 主食、野菜、肉が複数選べました 今回は主食用バナナ、茹でたキャベツ、牛肉の野菜煮込みをチョイス[/caption]   こっちにきてからペーストでない、 バナナの形をした主食バナナを初めて食べました。 すこしも甘くなく、ほくほくねっとりしていました。 日本で近いのはサトイモかな… [caption id="attachment_4418" align="alignnone" width="580"] 断面がちゃんとバナナだ![/caption]   オフィスに戻ると別件で出ていた同じ部屋の同僚が戻ってきていたので、 お腹がいっぱいで食休みしたかったこともあり、 ちょっとおしゃべりしてから午後後半がスタートです。 この日も17時きっかりにオフィスを去り、 週末なこともあってホストファミリーの元へ帰りました   後半食レポのようになってしまいましたが、 初めてのゲストハウスレポートはこれにて終了。 充実していたのがお分かりいただけたら嬉しいです。 それではKwaheri(クワヘリ:さようなら)   ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

11 3月

ケニア人の性格って? ケニアで工学研究インターンシップ ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~ 

Jambo(ジャンボ: こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです!   こちらにきて1ヶ月以上経ち、 インターンシップ中やプライベートで、 色んなケニア人に出会ってきました。 今回は私の好きな“人”にフォーカスし、 その性格を見ていきたいと思います!   ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら   ケニア人の性格は? 卑怯な結論ですが、 一言では表せないのが事実です。   日本にも日本人っぽくない性格の人はいますよね? ●●人ではなくてあくまで一人の人であって、 個性なんだなぁと思っています。   とはいえ、 これで終わってしまっては面白くないので、 私がこれまでに出会ったケニア人の何人かを例に、 その性格をみてみましょう!   ケニア人はシャイな性格? 「アフリカの人って『Hey brother!』のように、 めちゃくちゃ話しかけてくるのでは?!」 と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、 出勤したら相部屋の同僚に用事があって、 来ていた別の部屋のAさんや、 おばあちゃんの家に行ったときに出会ったBくん&Cちゃんは、 私が挨拶するまで挨拶すらしなかったり、 何か話したそうにしているけれど、 話しかけてこなかったりといった様子でした。   【BくんもCちゃんも、カメラの向こうでは素敵な笑顔なんですけどね!】   私はシャイな性格を、 持ち合わせていないので新鮮です!   ケニア人は軽いノリだけど優しい性格 インターン先の同僚のDさんは、 自己紹介して二言目に、 「おれはお前の男だ」 と言ってきました。 得意の『はいはい』と思って、 聞き流す攻撃を繰り出した私(笑   見かけると、 「調子はどうだい?」 と話しかけてくるし、 一人でご飯を食べている私を見かけて、 向かいの席に来て一緒にご飯を食べたことも一度ありました。 でも連絡先は聞いてきません。 「お腹の調子悪いんだよね」といったときには、 インターン先の敷地内にある売店に、 一緒に薬を買いに行ってくれました。   軽いノリなだけで、 基本優しい性格じゃん!と見直した私です笑   ケニア人は愉快な性格 インターン先の同僚EおじさんとFおじさんは、 愉快と表現するのが合っていると思います!   Eおじさんは廊下で私を見かける度に、 大きな声で挨拶してきて握手も求めてきて、 私が少しスワヒリ語を返すと、 楽しそうに「がはは」と笑います!   Fおじさんは、 「敷地内でキモノ着て歩いてくれよ!」 と日本に絡めていじってきたり、 民族の言葉を教えてくれたりしてきて、 私が多少塩対応しても笑ってくれます!   やっぱり笑うって大事だなぁと思わせてくれる性格です。   【↑過去のアフリカホームステイinベナンからの一枚 笑顔はボーダレスな最強のコミュニケーションツールかもしれない…?!】   ケニア人は正直な性格、しっかりした性格 上司のGさんは計画を立ててその通り動くし、 ナイロビの渋滞中の運転手のマナーの悪さを、 正直に批判します。 イギリスに留学していたこともあったせいか、 ケニアの直すべきところ、 他の国の良いところ等自分の意見を表現します。   ホストマザーはお皿をしまう場所をきちんと決めているし、 「次のためにちゃんと綺麗にしなきゃね」 といって片付けまでしっかりします。   私はケニアでは予定がズレても 『まぁこんなもんじゃない?』 と思ってしまうし、 渋滞中にちょっと危ないドライバーがいても笑って終了。 片付けは日本でも壊滅的に苦手… 二人とも私よりよっぽどしっかりしている性格だなぁ と感じています!   ケニア人は仕事熱心な性格 インターン先のHさんが、 果物をむしゃむしゃ食べながら教えてくれました。 「仕事忙しくてカフェテリアでご飯食べる時間ないから、 こうやって果物とかおやつ食べるんだよね」と。 『食べる時間はちゃんととって~』 とこっちが心配になってしまいます… なんて仕事熱心な性格なんだ!   因みに私はというと、 こっちではしっかりご飯の時間を確保しております。 日本に帰ってもできるように意識しないとなぁ。   ケニア人はおもてなし精神旺盛の性格 ケニアでは誰かが来てくれたら、 何かしらのおもてなしをするのが通例だそうです!   中でもホストマザーは 「お客さんがいらっしゃると事前に分かっているときは、 準備ができなかったと言い訳のないように」 と、例えば充分に調理器具がない田舎に行くときは、 前日の夜も当日の早朝もしっかり家で準備します。   【こんなにいっぱい田舎に持ってきました】   【いつものことながらいっぱいのご飯】   【飲み物やフルーツもちゃんとセットして…】   【愛情たっぷりのご飯 客人はこれに加えてお米もフルーツもたくさん召し上がっていました】   2018年のワールドカップで、 日本と同じグループだったセネガルも 「おもてなしの国」と話題になっていましたが、 ケニアもそうなのかもしれません。 日本とやり方や形は違っても、 他の国流のおもてなしがあるんですね!     以上は、あくまで私が出会った人の性格の一部です。 みなさんはアフリカでどんな人と出会えるでしょうか? 是非実際にお越しください!   それでは今回はこれにて、 Kwaheri(クワヘリ:さようなら)   ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

10 3月

インターンホストのゲストハウスに泊まってみた【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(こんにちは) 2月から4月までの3ヶ月間 ケニア・ナイロビにある農業・家畜に関する国家研究機関KALRO (Kenya Agriculture & Livestock Research Organization)にて インターンシップ中のAYINA東北支部長土屋みなみです 以前のブログでも紹介しましたが、 インターンホストの敷地内にはゲストハウスがあります 今回はそこに泊まってみましたので報告しますね! 数日前に部屋を見学 到着からしばらくはホームステイをさせていただいていましたが、 ホストの敷地内に寮があると聞きそちらも試してみたくなりました ホストファザーに相談すると「事前に見てみたら」と。 私はあまり気にしないので大丈夫とは思ったのですが、 それでも『部屋の使い方やご飯の状況等事前に聞いておいた方が良いこともあるかも」と思い、 念のため担当の方にお部屋を見せていただくことに。 中は、一人には充分な広さです。蚊帳もついているし良さそう! 『よし!決めた!泊まらせてもらおうっと!』そう思ったとき、 担当の方から一言「あ、ごめん シャワーなんだけどさ…」 そういわれシャワールームへ 『なんだ ちゃんとシャワーヘッドあるじゃん』 と思っていたところ 「この部屋ちょっとお湯が出なくて…ごめんけど自分でお湯沸かしてくれる?」 と告げられました ちゃんとしたシャワーがある部屋もあるのですが、 そちらには先約があるので次回以降に予約しておいてもらえるそうです ここはちょっと涼しいのでお湯がゲットできるのであれば シャワーでもバケツでも構わない私は、 得意の「ハクナマタタ」を繰り出し、 部屋の予約をお願いしました 当日 申し込みと鍵受け取り 宿泊日当日の午前中、 鍵をもらいに受付へ「パスポートのコピー取らせてくれる?その間にこれ書いて」 『おお!やはりちゃんとしておる!』 受付にいるもう一人のお姉さんとお話しながら記入を終えると、 鍵を持った別のお兄さんが部屋まで一緒に来て開けてくれました。 その後「何か聞きたい事ある?」と言われたので 大事な!ご飯の話をしました 「朝ご飯は7時半くらいからカフェテリアで食べられるよ」とお兄さん レンジ使えるけど… 「それから夕飯は16時か17時に持ってくるね。 レンジを使いたい場合はこっちの部屋にあるから」 と言い、レンジのあるところへ案内してくれるようです 共通スペースかなと思いきや普通の客室の前へ… 「鍵は私の部屋ので空くの?」と聞くと 「ここにあるよ」と出してくれたのですが… さすがに写真は載せられませんが 『いやセキュリティざるじゃない?そこにおいて大丈夫?!』 というところにありました笑 まあインターンホスト敷地内の入り口には 玄関に門があって警備員さんもいるからセキュリティOKだし、 多分大丈夫なのでしょう それにしても、 もしあの部屋に誰か泊まっていても電子レンジ借りに色んな人入ってくるのかな… それはそれで楽しいからいっか! [caption id="attachment_4376" align="alignnone" width="686"] 因みにこちらが電子レンジ 何故か扉が鏡のようになっている…聞いたことの無いブランドでした[/caption] SONYのテレビが! 申し遅れましたが、私は海外に行くと家電大好き芸人になります。 冷蔵庫、テレビから室外機まで思いつく限り&見るのが許される限り、 ついそのブランドをチェックしてしまうのです。 レンジの説明の後お兄さんがテレビの付け方も教えてくれたので、 多分に漏れずブランドをチェックすると… 『SONY! 体感ではLGが多い中これは嬉しい!』 と、一人心の中ではしゃいでいると「何のチャンネルが良い?」とお兄さん。 よく分からないのでお勧めをお願いしました。 KTNというのがメインのチャンネルだそうです [caption id="attachment_4378" align="alignnone" width="630"] 手話もついていますね[/caption] [caption id="attachment_4379" align="alignnone" width="643"] ベナンでもそうでしたが、画面の左下に時間が秒刻みで表示されるんです![/caption] たまにフリーズしたり音が止まったり画面がこうなったりするのは、 このゲストハウス側の接続との兼ね合いだと思いますが、ご愛敬♪ いよいよお湯浴び 今日も疲れたので17時には部屋に行きました。 さて、早速シャワーのためのお湯を沸かします…! 「あ、ケトル持ってきてあげるね」 と担当のお兄さんが持ってきてくれたのは… ハイテクなのかローテクなのか分からない代物。 電気ヤカンといったところでしょうか。 ケトルと聞いて↓のケトルを思い浮かべてしまうあたり、私はまだまだだなぁと思いました笑 [caption id="attachment_4382" align="alignnone" width="546"] 皆様ご存知?!ティファールさんから引用です[/caption] 因みにこちらのヤカン、 私は初めて見たのですが日本でも使っていたのでしょうか? さあこのヤカンでお湯を沸かし、 浴室にあるバケツに入れ水と混ぜて使う訳なんですが… [caption id="attachment_4383" align="alignnone" width="689"] 並べると結構大きく見えるヤカン[/caption] ここからまた私の一人ツッコミ劇場が始まります笑 続きは次回にしましょう。 Kwaheri(クワヘリ:さようなら) ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

8 3月

土屋みなみのアフリカ珍事件簿 ケニアで工学研究インターンシップ ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~ 

  Jambo(ジャンボ: こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです! あまり物事を気にしない性格のせいなのか、 海外経験が増えたからなのか、 感覚が鈍ってきているらしく、 普通にアフリカでの経験を話しているつもりが、 「それ面白い!」 と言っていただけることがあります! 『実はこれは珍事件なのかも…』 と思い、今回はくすっと笑える(はずの)体験談を公開します!   ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら   FILE 1:ベナンで学んだ、現地で買えないもの 初アフリカだったアフリカホームステイinベナン     着くまで、ちょっとしたハラハラを感じつつも、 無事ホームステイ先に到着。 荷物を整理しようとスーツケースを開けて、 気づきました… 下着忘れた…… 落ち着いたフリをして、 バックパックの中も探しましたが、 やはり見当たりません。 『まあこっちで買えばいっか~』 と思っていましたが、甘かった!!   そもそも下着を売っているところが、 徒歩圏内になかったのです。 現地スタッフの車がないと遠くまではいけないし、 一応引率で行っているため、 自分の都合で動くのは申し訳ないし、 そもそも頼みにくいし。 とりあえず、念のために持ってきていた水着と、 来る前の日本でのお泊りで、 ちょっとだけ持ってきていたものを洗って、自然乾燥させて… と繰り返し過ごしていました。 数日後、市場で下着を発見『やった!』と思ったのですが… いやいやいやサイズデカすぎ!! ということで結局、 水着と下着の洗濯&乾燥ヘビーローテーションを続けた2週間でした。     『現地で買えないものもある』 とここで学んだ私の持ち物の優先順位は、 これ以来、 命、パスポート、お金、下着 となったのです   FILE 2:消えたティーパックの行方 ケニアのインターン先のゲストハウスで、 朝食をとっているときのこと。 数日食べていて何の疑問にも思わなかったのですが、 そういえば私一人のために、 ティーパック複数個が皿に載せられていました。     おそらく、いっぱい出しておいて、 お客さんに出しお客さんが帰ったら、 それをまた回収して次のお客さんに出して… と使いまわしているのでしょう。 そもそも個包装のお茶をわざわざ出しておかなくても 良いのではというツッコミもありますが…   そんな独り言を心の中で呟いていると、 カフェテリアのウエイターさんたちの中で トップと思われる女性がこっちに向かって歩いてきます。 「おはよう」と挨拶してくれた後、 ティーパックを一つだけ持っていきました。   【一個減りました】   『他のお客さんに持っていくなら、お皿ごとで良いのに』 と思いつつ、食事をすすめ、 さて…と席を立ちカフェテリアを出ようとした時です。 先ほどのお姉さんがお茶を飲んで、 座っているではありませんか! 見るとさっきのティーパックです。   『自分が飲むんだったんかい!!』 と心の中で激しくツッコミつつ、 表面上はお礼を言って華麗にカフェテリアを後にしました… 今日もケニアの朝は素晴らしいです。   FILE3:自然に還る ※先に申し上げておきますが、 こちらは汚い話になりますので、 お食事中等の方はお気を付けください 再びベナンでの話 ステイ先は南部でしたが、観光で北部に行くことになりました。     所要時間は10時間くらい。 車内で歌って踊って楽しい時間を過ごしていたのですが、 人間ですもの。トイレに行きたくなってきました。 しかし、道中自然は感じられても、 トイレの気配は感じられません。 次いつ街に着くかも分かりません。 そこでドライバーに相談したところ「あそこでいい?」と 指の先にあったのは…   【茂みです ※写真はあくまでイメージ】   ドライバーは軽く冗談のつもりだったのかもしれませんが、 ここで躊躇しないのが私。 『大自然で用を足すなんて気持ちいいなあ』 と無事終了。 マーキングをするわんちゃんの気持ちです。   この後の道中で複数回マーキングしました。 因みにその時の口癖は 「自然に還るから大丈夫。ペットボトルが捨てられているよりいいでしょう」 でした。 英語でお手洗いに行きたいときの婉曲表現に Nature calls me (自然が私を呼んでいる)があるのですが、 正にそれですね!   数年後、南米大陸でもマーキングを果たした私。 ケニアでも車での移動中に自然に呼ばれ、 ホストファザーに「その辺でもいいからしたいんだけど」 と伝えたところ、 「ガソリンスタンドに行ってあげるからちょっと我慢できる?」 とやんわり拒否されましたとさ。 彼の方が私よりよっぽどしっかりしております… 『ケニアではマーキングできないのか』 と何故だかちょっと寂しく感じる今日この頃です笑 以上、土屋みなみのアフリカ珍事件簿でした。 また増えるかもしれないので、 お楽しみに笑 それではKwaheri(クワヘリ:さようなら)   ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

6 3月

ナイロビのお肉事情!ケニアで人気のお肉とは…? ケニアで工学研究インターンシップ ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~ 

Jambo(ジャンボ: こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです! 今回は私の好きな食べ物のお話。 中でもお肉に注目です。 土屋ゆかりの土地、山形県米沢市でお求めやすい、 メインのお肉のランキングといえば、 鶏肉、豚肉、牛肉の順ですが、 ナイロビではどうなのでしょうか…?! ホストマザーに聞いてみた結果をお伝えします! ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ケニア・ナイロビで1番人気のお肉とは? 1位は牛肉です! どのお店でどの部位を買うかにもよりますが、 市場だと100gあたり約50~70円。 値段もさることながら文化に根付いているようです。 どおりでよく出てくるわけだ! ある日のインターンホストのカフェテリアでのランチ!これも牛肉です。 ケニア人の友達が日本にいた時、 牛肉はあまり買えなかったそうで、 「日本の食事好きだけれど、たまにケニアの肉が恋しくなる」 と言っていました。 今なら分かる気がします 大人3人少女2人でもちょっと残してしまった、 肉もりもりプレート!鶏肉、羊肉、ヤギ肉、牛肉です! ケニア・ナイロビで2番人気のお肉とは? ほぼ同立1位ですが、2位はヤギ肉です! 因みに土屋はヤギ肉の煮込みと、 骨付きグリルがお気に入り♪ 後者はNyama Choma(ニャマチョマ) と呼ばれております。 ウガリ(メイズ≒トウモロコシの粉を練った、 もち米を固めたような主食) と、こちらのヤギ肉の組み合わせは私のお気に入り! 上はこれまた私が大好きなラム! 下の骨付き肉がNyama Choma(ニャマチョマ) 軟らかくはないですが(笑) 肉を食べている感が最高です! ケニア・ナイロビで3番人気のお肉とは? 鶏肉です! 確かに、インターンホストのカフェテリアでも、 ローストチキンのお値段が、 他のお肉に比べて高めに設定してありました! 上がローストチキンセット約300円。 下が牛肉の煮込みセット約150円。 今見たらこのメニュー表、 ツッコミどころ満載なので今度の機会に取り上げますね笑 噂のローストチキン(右下) 食感は…もきゅもきゅでした…笑 ケニア・ナイロビで4番人気のお肉とは? 豚肉&魚です! そういえば。私のホームステイ先では、 まだ豚肉出たことないなぁ (あくまでも私の場合は、家庭によって異なると思いますが) こちらはティラピアという、 ビクトリア湖で取れるお魚の煮込み。 淡白な白身魚で美味しゅうございました! ホストマザーに聞いたところ「豚を食べる文化があまりないのでは」とのことでした 以上はあくまでナイロビの話で、 地域によっては魚を多く食べるところもあります。 日本でも捕れる魚やその消費量が違ったり、 他の地域では食べないようなところを食べたりと、 地域によって食文化が異なりますが、 それと似ているのかもしれませんね! アフリカ ケニアと一口に言っても、 多様性があることが少しでも伝われば幸いです! では、今回はこれにて、 Kwaheri(クワヘリ:さようなら) ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...