Top
土屋みなみ – ページ 4 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
21
archive,paged,category,category-21,paged-4,category-paged-4,mkdf-social-login-1.3,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-side-area-uncovered-from-content,mkdf-medium-title-text,elementor-default
ケニアと日本を比較してみました!【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは)! AYINA 東北支部長土屋みなみです   今回は私が見つけた日本とケニアの共通点を お伝えしたいと思います!     ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら   スワヒリ語の綴り&読み方はローマ字とほぼ同じ! 例えば ライオンはsimba(シンバ) 心配ないさはhakuna matata(ハクナマタタ) です   ご覧の通り、ローマ字読みでOK! いつも子音と母音がセットな訳ではありませんが それでも英語よりも読みやすいと感じています   研究機関で働く男性はスーツ 日本のサラリーマンの方々と同じように 男性陣はスーツを着用して働いています 職業によって違うと思いますが…   ケニアに来る前に友人に 「私アフリカ服好きなんだよね!ケニアで毎日カンガ(アフリカンな布)の服着たいから作れるところ連れて行って」 と言ったら 「最近は日本みたいな格好で働いてて、カンガの服は特別なときにしか着ないんだよ」 と言われて、少し悲しくなりました   [caption id="attachment_3929" align="alignnone"...

ケニアの病院で診察を受けてみた4【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです。 ケニアにくるまで、 南極大陸以外の5大陸24の地域に渡航しましたが、 今回初めて病院に行ったので!!! 不調と戦いながらも撮った写真と共に(笑 これまでのケニア病院デビュー記はこちら。 ケニアの病院で診察を受けてみた1【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】 ケニアの病院で診察を受けてみた2【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】 ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ケニア病院デビューの最終難関「薬局」 第2の難関血液検査をくぐりぬけ、 最後の難関薬局へ前回も書きましたが、 ここでも番号札をとる形式です。 『へへへ さっき学んだぜ』 と思って番号札がでる機械を見ると、 「故障中」と書いてあります。 『ん?でもまあとりあえずやってみるかー』 と、タッチパネルを押すと… 普通に番号札出てきた笑 上の段にMpesaという、 ケニア発電子マネーの記述が! 病院支払いもできるなんてすごい… Mpesaについても、いつかブログをお届けしますね! ついに薬をゲット! 『さー後は待つだけだ』 と思って座ろうとしたら、 知らない人が「まずはその番号札出してくるみたいだよ」 と教えてくれました! ありがたい! 早速番号札を出しに行きましたが、 控えの札を貰えず、 自分の番号を覚えておくしかない状況に・・・ 今度こそ待っていると、 番号が前のテレビに表示されたので、 カウンターに行くと、 「あ、名前呼ぶから待っててー」 とのこと。 いやいや!番号札は何のために?! あ、そういう意味の故障中?! 本当に最後まで飽きない病院です笑 無事、名前を呼ばれカウンターのお兄さんのところに行くと、 またあのセリフが・・・ お兄さん「薬の代金欲しいんだけど君どうやって支払うの?」 土屋『きた!!』 実は前回お伝えした血液検査の時お姉さんが、 「保証金額安いほうで良かったら印刷したから、 薬局に持っていきな!おさらくこの値段でカバーできるでしょ」 とデキる女振りを発揮してくれていたのです! しかし、 私「保険会社が支払ってくれることになっています。この紙にある通り(自信あり気に差し出す)」 お兄さん「金額足りないねえ」 再び撃沈… この時にはもう電話を掛けるためのお金がなくなっていたので、 メールで保険会社にやりとりし、 またしても増額した紙を送ってもらい、 事なきを得ました それからまた待って…「Minami、カウンター7」遂に薬が! 【もらった薬 箱に入っていたのは喉用のスプレー 液体がピンク!】 無事、病院デビューを終える こうしてなんとか初めての病院が終了しました。 因みに着いてから出るまでの所要時間は5時間。 まあ途中保険会社に何度も電話等したせいもあると思いますが… 冷静になってみると疲れたなあ… この日の夜は、 「Minami、日本ではnoodleも食べてるって言ってたよな?」 とホストファザーが買ってきてくれたインスタントラーメンを食べて (本当はうどんのつもりで言ったんだけど…) 20時半くらいに寝てしまいましたとさ。 ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら function...

ケニアの病院で診察を受けてみた3【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです。 ケニアにくるまで、 南極大陸以外の5大陸24の地域に渡航しましたが、 今回初めて病院に行ったので!!! 不調と戦いながらも撮った写真と共に(笑 これまでのケニア病院デビュー記はこちら。 ケニアの病院で診察を受けてみた1【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】 ケニアの病院で診察を受けてみた2【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】 ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ケニアで初の血液検査 ツッコミどころ満載の診察とプチトラブルを なんとかやり過ごした私は、次の血液検査へ向かいました。 土屋「ここは血液検査の場所であってますか?」 お姉さん「入り口にある機械から番号札とって、呼ばれるまで待ってな」 土屋「あぁぁ…そういう仕組みだったんですね、すみません…」 指示通り、番号札を取ります。 意外とすぐに呼ばれ、 カウンター番号を探しているとさっき教えてくれたお姉さんのところへ笑 !!ここから次の写真の前までは少々汚い話なので、お食事中の方等はご注意ください!! 「まず尿検査と検便ね!」とキットを渡されます。 『おう…血液だけじゃなかった…』 そもそもお腹の調子が良くなくて来ていることもあり、 突然検便と言われても採取できませんでした。 とりあえず尿検査キットだけ提出。 「検便は明日にでも持ってきて」と言われたので、 とりあえずほっとしました。 またしても支払い問題、勃発 ここでまた、どこかで聞いたような話が… そう、病院への支払い問題が再び発生。 スタッフ「検査の前に検査料欲しいんだけど貴方どうやって支払うの?」 土屋「保険会社と病院の間でやりとりすると聞いてます」 スタッフ「それを示す紙とかないの?」 私「日本の担当の人に電話繋ぐからやりとりしてもらって良い?」 そこで保険会社の方へバトンタッチ。 『紙をメール添付してもらう話がついたようで早速届いた!』 『良かった!』 と思いきや、 「この保証の金額、貴方の検査料より低いんだけど差額払うの?」 一難去ってまた一難…!! 困ったのでまた電話した結果、 増額した後の紙を送り直してもらうのを待つ間に、 私は検査に進んで良いことになりました。 保険会社の方々の対応の早さに頭が下がります…泣 そして、いよいよ血液検査へ! 今回は50ml以上、 4種類の瓶に採られましたが、 私は注射は問題ないので、じーっと見ながら普通に終了です。 因みに、お願いすれば検査結果はメールで送ってくれます!すげえ! (日本の大きい病院もそうですか?分からないのでどなたかご教示ください!) さあ、あとは薬をもらいに薬局へ! はい、まだ続きます苦笑 ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら function...

ケニアの病院で診察を受けてみた2【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです。 ケニアにくるまで、 南極大陸以外の5大陸24の地域に渡航しましたが 今回初めて病院に行ったので!!! 不調と戦いながらも撮った写真と共に(笑 前回の記事ケニアの病院で診察を受けてみた1【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】の続編です! ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら 病院のスタッフに呼ばれたと思ったら… 部屋に入ると 濃い青の半袖&ズボンスタイルに 短め赤アフロのお姉さんが、   『可愛いファンキーな女医さんだなあ』 と思っていると、 身長、体重、BMI等記入した後 「はい、じゃまたあっちで待ってて」 と医師に近い受付へ後戻り… 『診察じゃなかったんかーい!!! 彼女は看護師さんだったんかーい!!!』 と心の中でつっこみ、また待ちます… ようやく医師の真ん前の待合スペースへ誘導してもらえました。 名前を呼ばれ、今度こそ診察スタート! 飽きない診察? 「どうしましたー?」的なことを聞かれ、 頑張って書いた問診票を指さしながらやりとりしていると 途中から医師が グーグル翻訳に打ち込み→日本語音声を私に聞かせる という技を繰り出し始めました笑 やりとり終了後、診察台へ移動 耳での検温、ベルトで血圧測定、喉のチェック等した後 「寝てー あ、ちょっと待って」 とキッチンペーパーを敷き始めました 『あーなるほど笑 まあ無いよりはいいね』 と横になる私。 お決まりの触診と聴診器タイムに移ります。 『触診くすぐったいし、 聴診器冷たいしどっちも苦手なんだよなあ…』 と思っていると、 なんとどちらも服の上からやりはじめました! 『いや、いいけどさ、聴診器それで聞こえる?!大丈夫?』 とさっきから心の中で騒ぎまくりな私 そうこうしているうちに診察終了   起き上がって先生の机のところに戻ると 診察の結果をボイスレコーダーに記録しているようでした。 後でどうやって使うのか分かりませんが面白い! その後、手書きの処方箋と 血液検査に必要な紙をもらって 更なる院内の旅が続きます… 初病院で初トラブル?   検査に行く前に通った部屋で会計のおば様に 「貴方どうやって診察料払うの?」 と聞かれたのです。   前回書きましたが、 保険会社・病院間で直接やりとりしてくれる キャッシュレス診療の話はついているはず… 私なりに英語で説明してみたのですが 明らかにおば様嫌そうな顔しているし 次に待ってる人いるしで 土屋はビビり&しょげ気味に…   「あなたが建て替えで後で会社に請求するのね?」 と言われ保険会社からの保険金請求書を 印刷したものを渡されました。   でも結局その場でお金の請求がなかったので 『よく分からん』と思い その場で保険会社に電話。 すると、日本は夜中なのにすぐ出て下さり 「担当の方に上手く伝わっていないので私共の方から再度説明します 土屋様は次の検査に進まれてください」と。 『うおおおおありがてえ!!!』 口でもきちんとお礼を述べ電話を切り ふと前を見ると、 電話をしようと夢中で外に出たときには気づかなかった景色が…♫ いい意味で病院らしからぬ開放的な空間のおかげで 無事次に進めそうです…!   いざ血液検査へ。 まだまだ続く・・・ ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら function...

ケニアの病院で診察を受けてみた1【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです。   ケニアにくるまで、 南極大陸以外の5大陸24の地域に渡航しましたが 今回初めて病院に行ったので!!! 不調と戦いながらも撮った写真と共に(笑 お届けします!     ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら   ケニアでの病院デビューを決意…! 日本ではあまり病院に行きたがらない私ですが ただでさえお腹の調子が悪くなりやすいとはいえ、 他にも症状が出てきて 次の週からのインターンに支障がでそうだったのと 早く治してケニアご飯食べたいのと 良い経験でもあるなと思ったのとで(体調悪い割に前向きな私笑) 病院に行くことを決意。   まずは、保険会社に電話しました (そういえば初めての国際電話!) すると、代わりに病院を探し予約の手配もしてくださるとのこと ホストファザーおすすめの病院に 明後日くらいに行こうと思ったのだけれど 支払いを、建て替えでなく 直接保険会社・病院間でできるような キャッシュレス診療の交渉もしてくださるそうで お言葉に甘えてお願いしました   返事は明日ということで 今日はお米のお粥を食べて寝ます   ケニアの病院、初診察の当日 思ったより早く起きてしまい朝ご飯を食べてから再び寝ていると 電話が鳴りました。 保険会社からの内容はこんな感じ。 「本日13時から○○先生の診察予約が取れました キャッシュレス診療の話も通っております」   時計を見ると11:30...

ベナンとケニアを比較してみました【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは)! ナイロビ郊外の水道水で洗った生野菜を食べても (今のところは)何ともない AYINA Japan東北支部長土屋です 今回は 私が以前行ったことのある ベナンの首都コトヌー と 今住んでいる ケニアの首都ナイロビの比較を 私が気づいた&知っている限りで お届けしたいと思います! ケニアで工学研究インターン体験記を沢山書いてます! ・肌感覚では道行く車の8割以上が日本車 ナイロビではコトヌーより1割くらい多く外国車(ドイツ車、米車等)が見られますが それでも日本車の割合が多いです 日本車そのままなので 「ETCカードが挿入されています」というアナウンスや や こんなステッカーも… 車が多いところに物売りの人がいる 始めは「危ない!」と思っていましたが 今では「まあ確かに車多い方が顧客は多いしな」とか 「車のスピードに合わせて売り子さんが頑張って走ってるのが健気」とか 思えるようになりました笑 ・道がボコボコ アスファルトで舗装されている道でも 何故かポコッと隆起しているので それまでハイスピードだった車も ここではゆっくりになります 追突事故あるんだろうな… ・メッセージより電話が多い気がする 用件もですが 「用事はないけど大丈夫かなと思って」 と仕事の合間に電話をくれる友達もいます コトヌーの友人はボイスメッセージも使っていました 打つより早いから、と ・スーパーのナイロン袋禁止 コトヌーでは政府認定のナイロン袋以外は禁止だそうです ナイロビのナイロン袋事情については調査中ですが 家には写真のような不織布の買い物袋があります 青や緑、いろんな色があって買い物の時にわくわくします 相違点 ・ナイロビには歩道橋と横断歩道がある [caption id="attachment_3830" align="alignnone"...