Top
雨季 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
160
archive,tag,tag-160,ja,mkd-core-1.2,mkdf-social-login-1.3,mkdf-tours-1.4,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-side-area-uncovered-from-content,mkdf-medium-title-text,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive,elementor-default
8 11月

セネガルの雨季は恵みの雨?雨季の良いところ、悪いところ3選!

みなさん、こんにちは!AYINAの藤内です! 今回のAYINAライターはまいさん。 まいさんには前回、セネガルの気候について書いていただきました! ⇨【セネガルの気候】セネガルの気候は人間にも影響あり!雨季と乾季を知ろう! ⇨【乾季こそ食が実る!】セネガルでは乾季が食の恵みをもたらす!玉ねぎからマンゴーまで! この記事が大好評だったため、セネガルの気候についてもっと詳しく知るために、 セネガルの乾季と雨季に分けて、記事を書いていただきました!   今回は、セネガルの雨季について。 セネガルの乾季について、現地在住者が語ってくれました!   では、早速ご紹介しましょう!   ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ 日本では得られない新しい価値観を創るアフリカ旅 AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら     * * *     セネガルの雨季の活用法 待ちどうしかった雨季は、セネガルにとってまさしく恵みの雨です。セネガルに雨季がくることは、セネガルに緑が生い茂る季節がやってくることを意味します。 雨季の始まりは突然やってきます。空が怪しい灰色になり、風の様子が変わります。セネガルで雨探知能力が上がったおかげか、すぐに雨季が来るとわかります。そのうち、嵐のような突風で家を砂だらけにしたかと思えば、スコールのような雨が降ります。今年の雨季はじめは6時間以上の長い雨でした。 セネガルでは、雨が降ると、家々の軒下にバケツを置きます。私は家の雨漏りするところにバケツを置きます。なにに使うかというと、洗濯物やシャワーに雨水を使うのです。子供だったら裸で外に行き、石鹸で体を洗い、軒下でダイレクトシャワー。ついでに庭の羊やヤギも洗っちゃいましょう。雨で外を歩けないので、店が閉まったりして町から人が消えますが、日本のように決して厄介なものではありません。 そして、セネガルあるあるですが、雨が降ると職場が休みになります。別に休みになるとは決まっていませんが、暗黙のルールのようなもので誰も来ません。雨が上がると人も集まってきますが・・・。実質休みですね。雨季は自動的に休みが増えます。日本にこの制度導入されたらえらいことになりそうですね。   セネガルでは雨季が始まると忙しい? セネガルでは、雨が降った初めの週末はみんな忙しそうな様子です。馬に乗って家族みんなでどこに行くのでしょうか。 正解は郊外にある畑に行きます。雨が降ったら畑を耕し、主要産物である落花生やトウジンビエやトウモロコシの種を蒔くのです。   この穀物たちは、雨季の雨だけで栽培する天水栽培という方式をとっています。ですので、乾季には栽培せずに雨季になって雨が降ると急いで栽培を始めます。1年間分の穀物を育てるわけですから、この雨季でどれだけ収穫できるかがカギになります。セネガルの雨季のシーズン、家族総出で農業をするので、学校にいけないなんて子供もたくさんいます。   種を蒔いた後も、草取りをしたり植物の間を耕したり間引きをしたりと毎週毎週畑に通うようになります。広い敷地を暑い中歩き回るのは一苦労です。10月上旬になると今度は収穫に追われます。町では荷台いっぱいに積んだヒエや落花生をよく見かけるようになります。そして家で落花生を剥いたり、ヒエを搗いたりとまだまだ忙しく仕事を行います。   セネガルの雨季で困ること セネガルの雨季は生活の一部で、農業にとっては恵みだと書いてきましたが、いいことばかりではありません。セネガルはまだまだ道が整備されていないため、雨季になるとすぐに水たまりがあちらこちらにできます。水たまりがあると村への道がふさがってしまい交通網がストップしてしまいます。   また、私が住んでて嫌だなと思うことが、ごみが一緒になって道が汚くなることです。マルシェでは野菜くずなどが濡れて異臭がしたり砂と混じってドロドロの道ができたり、道端では捨てられているプラスチックごみや布などが水たまりに浮き、虫や蚊の発生源になってしまいます。衛生的にもよくないですよね。   家も完璧に作られているわけではなく、コンクリートのブロックを重ねて作った家なのでよく壁が雨で染みてしまいます。壁を伝って床に水たまりが出来たり、濡れた壁がなかなか乾かずにかびてしまったりします。恵みの雨もほどほどにして欲しいなと思う時です。     * * *   まいさんのセネガル連載はこれにて一旦終了します! まいさん、本当にありがとうございました! AYINAでは引き続き、西アフリカ始め、アフリカ各国でのホームステイを受付中です。 通常のアフリカ旅行では味わえない”アフリカ旅”を体験してみませんか?     ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ 日本では得られない新しい価値観を創るアフリカ旅 AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら     --- AYINAのおすすめ記事コレクション --- ◯ ケニア在住者が語る!ケニアの挨拶の定番は『ジャンボ』ではない! ◯ 『気付けばそこに、アフリカ』企画 JAPI FC ◯ ベナン・ヨーグルトプロジェクト、始動    ...