Top
2016年9月 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
0
archive,date,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-medium-title-text,elementor-default
ベナンは◯◯が世界一!?

どうも!AYINA副代表の内藤です!         ベナンに来て早くも1ヶ月弱が経ちました!残り2ヶ月,悔いが残らない様に活動していきたいと思います。 今日はベナンについての意外な?まめ知識をお伝えします。 「ベナン」ってネットで検索して出るような内容だと意味がないですからね。 実はベナンはある事が世界一なんです。 さて,なんでしょうか?   答えはこちら!                           参照画像:ENIGME様   ん?分かりにくいですかね。 正解は,双子が産まれる確率が世界一なんです!! 1000回の出産のうち双子が産まれる確率は,日本は10,7回だそうですが, なんとベナンは27,9回!日本の倍以上ですね。   全体的にアフリカ人は,他の人種に比べて双子が産まれやすいんだそうですが, それが人種の問題なのか,栄養なのか,はっきりは分かって無いそうです。 一説にはアフリカ人がよく食べるヤムイモが要因とも言われてるそう・・・   確かにベナンだけに関わらず,アフリカは双子が多いです。 近所をちょっと覗けば必ず双子がいますね。   まだ他にも意外な世界一がありそうなので,探してみます〜 ...

電気がなければなにもできない日本人

タンザニアからこんにちは~ AYINAコアメンバーのまいです。         タンザニアについて約3週間経ちました。現在は留学時代の友人家にお邪魔しています。 大学の友人同士が結婚していて、もうお父さんお母さんになっていました!めでたい!!!   二人は教育学部を卒業し、教員ポストを待っている状態です。政府の辞令待ちというところでしょうか。 いつ辞令が来るかわからず、実家に住んでスモールビジネスをしながら生計を立てているといったところ。   今日は調査をお休みして、洗濯DAY!!! 3週間もいたら洗濯をもう数回経験しているのですが、洗濯機なんて使わずもちろん素手です。何回やっても疲れる。 日本にいたらスイッチを押すだけなのに、タンザニアでは全身を使って洗濯をしています。 友人が サササっ とこなすなか、私は時間が倍以上かかります。 日本人なんて電気がないと何もできないのではないかと感じさせるほどの差です。           さて、洗い終わった洗濯物ですが、どこに干すかというと、、、、、、、、、 ここ!!!!!なんと木の上!         まあ、ここまでは許す。 しかし、きわめつけはここ!!! こちらの人曰く、草の上だから大丈夫らしい。           大学でもこういう干し方をしていたので、このお宅だけでなく「草の上は大丈夫」というのは共通見解なようです。 みなさんもぜひ草の上に干してみてはいかがですか?   草の良い香りがつくかも!!!!     プチコラム~流行りの曲~ 私が大好きなアーティストグループ Navy Kenzo の ”Kamatia" 最近、街中やクラブで良く耳にします。ノリの良い曲で、めちゃくちゃダンスがかっこいい!!! ぜひ聞いてみてください~ お年寄りから子どもまで口にしていて、ホームステイしているお宅の1歳の赤ちゃんも踊っています。 ...

アフリカは若者が変える

どうも!ベナンで活動中のAYINA副代表内藤です!         アフリカには失って欲しくない文化が沢山あるなかで,やはり国として変わらないといけない部分も沢山あります。 例えば,政治。汚職。治安。インフラ。などなどです。 それは我々のような人が変えるのではなく, アフリカ生まれアフリカ育ちでない人が変えていかないといけないと思います。 AYINAは,その自覚を持っているアフリカ人を「若者」と呼んでいます。   写真はたまたま夜出会った若者達。右下が代表ゾマホン。真ん中が僕(言わんでも分かるわ)。 彼らもまた,この国が変わらなければならない事を自覚していました。 AYINAとしても,僕個人としても,他の国主導でアフリカは変わってはいけないと思います。 どうしてもそうなると,その国の利害を考えた間違った援助や政策になってしまいます。 今一緒に働いている副社長のムタは, 「周りのせいにしている限り,この国は変われない。僕たちが本気で変わらないとこの国を変える事は出来ない」 と言っていました。その通りだと思います。僕が言うのではなく,彼が言うので重みがあります。 そういった思いを持った人達を,あくまで僕たちはサポーターとして一緒に頑張れればと改めて強く思いました。   ...

AYINA札幌支部 始動!

はじめまして! AYINAコアメンバーのうめです         北海道の大地で獣医学を学ぶ大学3年生です   自己紹介は次回更新にとっておきまして、今回は、、、 AYINA札幌支部の立ち上げと活動について報告です   AYINAコアメンバーは、何といっても 日本に散って活動してますので(若干名日本にすらいませんが!笑)、 それぞれメンバーの生息地域に支部を作って、地方イベント開催しちゃおう!   ということになりまして、   AYINA北海道(札幌)支部を立ち上げました~!わーい   札幌支部 新メンバーの、よしぱいさんとはなさんです 9月に初顔合わせしたのですが、、、   お二人ともアフリカ歴が半端じゃなくって、お話が超おもしろいのです…!!!   そしてそして、お二人の紹介で協力していただけることになったディッコさん(fromブルキナファソ)   突然紹介された私をものすごく歓迎してくれて、 たまたま同日開催されていたディッコさんホームパーティーに 招いてくれました…   どんだけジェントルマンなんだディッコさん…涙   と、いうことで この日からAYINA札幌支部は活動をスタートしました! これからネタばれにならない程度に活動報告していきます!   あ。 わたしの大好きな動物に関する豆知識も更新していきますので checkしてみて下さいね~   それでは~ ...

【実況報告】ベナンでの暮らしを公開します!

どうも,AYINA副代表内藤です!         さて,先週無事ベナンに到着しておりまして, 今は仕事に奮闘しております! 今メインでやっておりますのは中古タイヤの輸入販売ですね。 このようにタイヤだらけの環境で仕事をしてますよ〜 タイヤの事ばかり語っても仕方がないので,今僕はどんな暮らしをしているかをちょっと紹介します。 食事は勿論ベナン人しか来ないようなローカルなレストランで食べてます。   こちらアグーという食べ物で,コーンとヤムイモで出来てるんですが,                                               このように目の前で作ってます。出来立てですし,美味しいです! これを手で取って横のソースにつけて食べます。 これで700CFAなので日本円にして100円ちょっと。安い〜!   このようにビールもたまーーーーに飲みます。 コースターが上にあるじゃないかって?これはハエが入らない様に蓋に使ってるんです(笑) だからアフリカではこの使い方が正しい使い方です。   そして帰宅すると,代表ゾマホンの家にいる兄妹達と遊びます。 これは100円均一で買ってきた忍者になれるバンダナを上げたら,予想以上のクオリティになったルイス君。 こんな感じで,いきなり仕事とプライベートと充実させて貰っています。 まだお腹は壊してませんが,近々壊すでしょうね笑     ...

僕がAYINAに入ったきっかけ

はじめまして! AYINAコアメンバーのとうないです。       僕は今、横浜市立大学の4年生で、4年間を通して、国際交流の学生団体で活動していました。 活動していたのは、日本ルワンダ学生会議という団体。 詳細はまた今度、書きますので、お楽しみに!   (写真:日本ルワンダ学生会議での活動風景) そして!何よりBLOG初記事として書きたいこと。 僕がAYINAに関わったきっかけ。 それは、代表ゾマホン・スールレレと副代表内藤俊輔との出会いでした。 2014年夏、僕が団体の活動で東アフリカのルワンダに滞在していた頃、現地で青年海外協力隊として活動されていた俊輔さん。 現地で初めてお会いして、人生経験の豊富さとアフリカへの愛と熱量に感動!! そして帰国後、代表ゾマホンさんを紹介してもらい、お会いしました! アフリカ、特にベナンの歴史、文化、経済、人…いろんなことをお話ししていくうちに、 僕の世界もどんどん広がりました! そんな経緯で加入した、AYINA。     この写真結構好きなんですよね〜笑 前のオフラインミーティングの終わりに撮った写真なんですが、各メンバーや団体としての新たな船出を感じています! 僕は当分、東京メインで活動していきます!   さて、僕はこれから、このブログにて… 学生の時の経験を生かして、ルワンダの情報も書きます。 東京で活動する身として、NPOの活動報告も書きます。   ただ、僕はなにより… アフリカ各地で生きる”人”を知ってほしい! 日本人とかベナン人とかルワンダ人とかそんなのはどうでもよくて、アフリカ各国の土地で生きる人々を知ってほしい。 だから、そういった人について記事を書いていくのが夢です!!! なるべく早く皆さんのもとに届きますように頑張ります!   次回の記事では僕が所属する日本ルワンダ学生会議について、書きます! ...