AYINA JAPANの活動 AYINA アフリカ紹介 インタビュー ルワンダ 在日アフリカンインタビュー 在日アフリカン支援

日本の医療をルワンダに。マラリア撲滅NGO YAM設立者サミュエルさんの熱意

『The Lives of Africans in Japan(在日アフリカンの人生)』この企画では、日本に約16,000人いるといわれている在日アフリカンの方にフォーカスし、その方の魅力、出身国のリアルなお話、実際に日本に住んでみての感想などを教えていただきます。

インタビュー担当はAYINAメンバーのBrandyがお送りします。

今回のゲストは、ルワンダ出身のサミュエルさんです!

ルワンダで生まれ育ったサミュエルさん

 

あしなが育英会の留学生として日本の医療を学ぶため、東海大学へ進学し、現在3年生。

2020年にNGO YAMを設立し、マラリア撲滅に向けて、日本とルワンダで活動中です。

なぜ日本で学ばれているのか、YAMの活動、これからのビジョンについて伺いました!

 

日本語を1年4か月で習得!?

AYINA
Brandy
サミュエルさん、今日はよろしくお願いします!
さっそくですが、サミュエルさんはいつ日本に来たのですか?
よろしくお願いします!
日本に来たのは2018年だったかな。ルワンダで4か月、日本で1年間日本語を勉強して東海大学へ進学したんだ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
凄い!日本語を1年4か月しか学んでいないんですか?
そうだね。
でも、今もルワンダの時の先生と日本語の勉強は続けているんだ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
日本語を学んでみてどうですか?
漢字が難しい!
夜に5文字覚えても、翌朝には1〜2文字しか書けないんだ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
難しいですよね。
でも次第に、漢字に興味がわいてきたんだ。
今では、漢字を書くことが趣味になってるよ。毎日5文字ずつ勉強してるんだ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
好きな漢字はありますか?
「志」!漢字、言葉として一番好きだよ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
そうなんですね。
漢字や医療の勉強のモチベーションをどう保っていますか?
志が大切だよ!これがモチベーションになるんだ。
1人1人だれでも持っていると思うよ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
サミュエルさんの志はなんですか?
命を助けたい!
マラリア撲滅のために、NGO YAMを設立したんだ。
サミュエルさん

※YAMのホームページ
https://www.youthamalaria.org/

 

命を助けたい 死者をゼロにするために

AYINA
Brandy
YAMについて教えてください。
マラリア撲滅を目指したNGO。ルワンダと日本で活動してるよ。
これから、様々な国に活動を広げたいと思ってるんだ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
設立のきっかけはなんですか?
2019年、ルワンダの病院に行った時。マラリアに罹った深刻な状態の子供を見たんだ。
僕も子供の頃、マラリアに数えきれないほど罹って大変だったし、その子供の姿を見て、何かできることはないのかと思ったんだ。
マラリアで2分にひとり、子供か妊婦がなくなっているんだ!
ゼロにしたいと思っているよ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
どんな活動をされていますか?
オンラインイベントの開催や、学校に行ってマラリアについての講演をしてるよ。将来は、ルワンダの学生が日本に来てマラリアについて学んでほしいと思っている。
日本でも昔はマラリアが存在していたけれど、今では撲滅されている。だから、どうやってマラリアを撲滅したかルワンダの学生にも学んでほしいなあ。
日本の学生もルワンダに来て、マラリアについて知ってほしい!
サミュエルさん
AYINA
Brandy
日本にマラリア!初めて知りました。
サミュエルさんのビジョンはなんですか?
命を助けること!
ルワンダだけではなくもっと広く活動したい。マラリアはルワンダだけの問題ではないからね。
サミュエルさん

自らの志を語り、第3回世界青少年「志」プレゼンテーションコンテスト大会のファイナリストに選出。優秀賞を受賞。

 

AYINA
Brandy
将来、マラリアが撲滅できたら、その後はどうされますか?
NTDsの撲滅を目指すよ。だから、活動は続いていくよ!
サミュエルさん

※NTDs(顧みられない熱帯病)とは、WHOが「人類の中で制圧しなければならない熱帯病」と定義している18の疾患のことを指します。代表的な疾患にデング熱、狂犬病などがあります。世界149の国と地域で蔓延し、感染者数は10億人にものぼります。
NTDsは、主に貧困による劣悪な衛生環境などが主な原因となって蔓延していきますが、そのことがまた労働力や生産性の低下を招き、貧困から脱出できない原因にもなっています。

<参考> 「顧みられない熱帯病と三大感染症について」Eisaiウェブサイト
https://atm.eisai.co.jp/ntd/

 

ルワンダへ学びを還元するために!

AYINA
Brandy
ところで、なぜ日本の大学に進学しようと思ったのですか?
2つ理由があるんだ。
1つ目は、日本の医療やテクノロジーが進んでいるからだよ!だから、学んでルワンダへ学びを還元したいと思ったんだ。
2つ目は、アジアに興味があったんだ。アフリカでは、アジアの情報は少なかったり、誤って認識されていたりするものが多い。だから、日本やアジアの本当のことについて知りたいと思っていたんだ。
いつか、僕が日本やアジアの本当のことをアフリカで広めたい!
サミュエルさん
AYINA
Brandy
素敵ですね。
日本に来ることについて、ご家族の方の反応はどうでしたか?
台風や地震のことで心配されたよ。「生きたまま戻ってきてね!」って。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
そうなんですね。
大学での勉強はどうですか?
日本語が難しいけれど、今は日本語でできることを勉強したいと思ってるよ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
卒業後の進路は、どのように考えていますか?
博士号を取得しようと考えているんだ。日本で日本語を使いながら、英語で勉強を続けたいと思ってるよ。
大学院では、日本語はあまり必要はないんだ。
サミュエルさん

 

お年寄りに断られた!?

 

AYINA
Brandy
日本にきて一番びっくりしたことはなんですか?
電車でお年寄りに席を譲ろうとしたら、断られたことだよ。
ルワンダでは、電車やバスでお年寄りが立っていたら、席を譲る文化があるんだ。なぜなら、お年寄りは偉いとされているから。日本でも同じだと思っていたんだ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
そうなんですね。
最初は理解できなかったんだ。なぜ断れるんだろう、って!
でも、今はその断りが僕に対する思いやりであるとも分かったよ。だから、席を譲るときは、すぐに降りると言って別の車両に移動すると、お年寄りの方々も遠慮せずに座ってくれるんだ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
素敵な行動ですね!
ルワンダに帰ったら何かやりたいことはありますか?
ハグがしたい!日本ではあまりしないんだ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
そうなんですね。
ところで普段は、料理はされるんですか?
するよ!日本料理やアフリカ料理を作っているよ。
サミュエルさん
AYINA
Brandy
アフリカパーティーしてください!
ぜひぜひ!
サミュエルさん
AYINA
Brandy
楽しみです!今日はありがとうございました。
ありがとうございました!
サミュエルさん

 

おわりに

みなさん、いかがだったでしょうか?
夢に向かって歩まれているサミュエルさん熱い思いが伝わったのではないでしょうか?

命を助けたいと何度もおっしゃっていた姿が印象的でした。
サミュエルさんのこれからの活動に目が離せません!

AYINAメンバー一同、これからもサミュエルさんを全力で応援していきます!

最後に記念写真!ありがとうございました。

 

在日アフリカン事業サポーター募集中

私たちAYINAは、今年から在日アフリカンの方に対するプロジェクトに専念しています!

クリックしていただくと支援ページに飛べます

事業を立ち上げて軌道に乗せるまでのマンスリーサポーターを募集しております!

クリックしていただくと在日アフリカン事業の概要をご覧いただけます

月500円から参加いただけ、毎月メルマガで進捗の報告を得られ、一緒にプロジェクトを作り上げる仲間になることができます!

よろしくお願いします!

《取材=Brandy、メモ=ジャスミン、撮影=あつ、順子、記事=千尋》

-AYINA JAPANの活動, AYINA アフリカ紹介, インタビュー, ルワンダ, 在日アフリカンインタビュー, 在日アフリカン支援

Copyright© 特定非営利活動法人AYINA , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.