Top
2016年10月 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
0
archive,date,ja,mkd-core-1.2,mkdf-social-login-1.3,mkdf-tours-1.4,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-side-area-uncovered-from-content,mkdf-medium-title-text,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive,elementor-default
30 10月

ベナンの治安についてルワンダと比べてみた

どうも!副代表内藤です!         今日はベナンに2ヶ月住んでいる僕が、ベナンの治安について語ってみようと思います! といっても対象があったほうがわかりやすいとは思うので、2年間住んだルワンダと比べてみましょう。   道路状況について   道路を歩いていたり、車で走っている時に危険を感じる率ですね。 これはルワンダの方が状態は良いと言えると思います。 理由は、穴ぼこの量、道路の整備状況、交通ルールの管理化などが挙げられますかね。 写真のように電線がぶら下がった状態だったりもあります。 ルワンダは、都心部にいくと、道路状況はかなり良いです。 警察もかなりいて、交通管理しているのがわかります。 ベナンも、都心部は少しマシですが、ルワンダと比べると劣りますね。 まずバイクが左右関係なく、わずかな隙間でもかなりの速度で突っ込んできます。 あと、10分ほど走っていると、必ず車が路肩は愚か、道路で思いっきり故障してます。 これでも渋滞や新しい事故を誘発してるんじゃないかなと思いますね。   夜間歩行について   これは元々夜間は歩かないようにする事が大前提の話ですが、 どうしても歩かないといけない状況にあった時の場合です。 これも、道路状況とも絡んできますが、ルワンダの方が少し安全度が高い気がしてます。 ルワンダは公共施設付近には警察やガードマン的な人が多くいますが、 ベナンはいるけど、ルワンダほどではないですね。 勿論両者、夜間にフラフラと一人で歩いていればスリに狙われるでしょう。 特にベナンはビーチ付近は少し危険と現地の人も言っているので、僕も気をつけたいと思っています。   人について   これは両者良い意味で同点です。 ガーナとか、ケニアとかに比べて人の気性は温かいです。本当に優しい。 強いて言えばルワンダも少ない方ではありますが、チンチョンなどのからかい言葉は、ベナンが圧倒的に少ないと思いますね。 勿論中国人と思って、ニーハオとかは言ってきますが、それは差別じゃなくて、本当にコミュニケーションが取りたいだけなんだなと理解できます。     まとめると、ベナンは 夜間歩行や危ない道は歩かない、身なりも高級っぽくしてない限りは人は良いのでかなり安心して住める場所 と言っても良いと思います。 なんども言いますが、日本と同じ感覚で過ごしてはダメですよ。 最低限の注意は常にはっておきましょう。僕もルワンダでもなるべく現地の友達と歩くようにしてました。  ...

28 10月

AYINA Beninミーティングに初参加してきました!!

副代表の内藤です!         昨日は AYINA Beninメンバーと初のミーティングをしてきました!! 集中し過ぎて僕とした事がミーティング光景を写真撮り忘れました・・・ 彼らですね! 今回は、AYINA Beninの再度意思統一と、今進行中、企画中のプロジェクトを話し合いました。 今進行中なのは、農業研修ですね。 そして、今後動いていくものはざっくりこんな感じです!   ・ナショナルホームステイ ベナン国内での文化交流(北と南では文化も言語も多少違う為) ・リージョナルホームステイ 周辺国とのホームステイ ・ワークステイ インターンシップで文化とスキルを交換 ・文化交流フェスティバル ・イノベーションコンテスト ・AYINA情報Webマガジン   などなど続々と出てきました。今回教育関連の担当者が不在だったので、ここにまだ他のプロジェクトも加わります。 アイデアも良いし、メンバーのやる気もあるのですが、プランニングが弱いと感じたので、2週間後にそれぞれ 「遂行するにはヒト、モノ、カネの何が必要で何が足りないか」 「大まかな活動計画」 などを持ち寄ってもらい次回は遂行にむけた話し合いをする事になりました。   AYINA JapanとAYINA Beninは連動する事で大きな相乗効果を生み出すので、 本当にこれからが楽しみになりました!...

24 10月

人生でこれを食べるときが来るとは、、、、、私の常識

おひさしぶりです。 AYINAコアメンバーのまいです。         今月もタンザニアからお送りします。   異文化と接すると誰もが「価値観、常識とはなんだろう」というような、もやもやした気持ちになるのではないでしょうか。   もちろん日本でも、それまで関わったことのない世界をのぞく機会を得ると、同じような感覚を得た経験もあります。     合計して約1年と半年、タンザニアに滞在していますが「初めて」の嵐です。   タンザニアの最西に位置するキゴマ州は、タンガニーカ湖を挟んで、ザンビア、DRC(コンゴ民主共和国)、ブルンジと接しています。 アフリカは一国でも多様な文化が存在しますが、ここは隣国との関わりが強い場所です。 なので、難民キャンプも多く存在し、外務省の安全情報で危険地域として認識されています。   しかし、ダルエスサラーム(経済上は首都と言われている)に比べたら驚くほど安全です。 というのも、セキュリティ対策がしっかりしている印象をもちました。 夜も外灯で町は明るく、警察が警備をしています。 小さい町なので顔見知りの多いところというもの関係しているのではないかなと思います。 強いて安心できないところを指摘するならば、物乞いの多さです。 町が小さいので、それだけ密集しているからなのか。数でも多いのか。 それにしても、きれいな恰好をしている女の子も「外国人!お金ちょうだい!」と通りすがりに言ってきます。 お金ちょうだいって挨拶なんじゃないかなと勘違いしそうです。   キゴマの町外れにある、とある村へ行ったところ、 村に行くとそれはそれは「お金ちょうだい」「外国人だ!お金もってるぞ」の声がそこらじゅうから聞こえます。 まあ、あいさつなんです。ここでの常識です。 色が白い人はお金持ち、「お金ちょうだい」と声をかけよう。 そう思うと のほほーん と対応できるので おすすめします。笑     調査を小学校対象にしている関係で、初めての村訪問が小学校からはじまります。 村を歩き始めると、必然と子どもたちに囲まれて歩く状況に。 お家を訪問すると、やはり援助の話になります。 しかし、一緒にいた子どもたちが私の状況を理解してくれ、 「学生だからお金ないよ!調査にきているんだから!」 と会う大人に説明してくれるではありませんか!!!!! 天使に出会った気持ちになりました。     そんな天使たちとあるいていると、 女の人たちが粘土のようなものをこねこね。         何か尋ねると 「ペンバ」 としか言ってくれない。 どう見ても「土」「粘土」である。 ペンバは島の名前でしか知らない単語なので、何に使うんだろうと考えていると、一緒にいた天使のひとりが   ぱく。               たべたーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!     食べちまった!!!! 土かどうか聞くとやはり土だった。   それを食べた!!!これは食べ物だったのだ!!!!!!!! 本当に土を食べる人は存在した。そして、わたしも初めて「土」を食べた。     子どもたちにとっては美味しいそうです。   わたしだけでなく、おそらくみなさんにとっては 「想像通りの味」 です。     土     白い色の土はブルンジ産、赤い色の土はタンザニア産   白のペンバは、まさにチョークの味です。(チョーク食べたことないけど) 赤のペンバは、土でしかない。     私の中に、土は食糧になりうるという認識が芽生えました。 あくまで「なりうる」ですけど。笑 常識としては受け入れがたい、「初めて」の経験でした。   タンザニアでは、妊婦さんの食べ物として知られているそうです。         プチコラム~Bongofleva~   タンザニアのヒップホップはボンゴフレーバーと呼ばれています。 生活の苦しさを明るい音楽で表現しているものが多いです。 今日は、その特徴的は曲を紹介します。 Harmonizeによる ”MATATIZO” 両親を含め、家族みんなが生活を自分に頼っている、生活苦をうたっています。 内容は辛いものなのにリズミカルで耳から離れません!!! ...

22 10月

アフリカの大きさをもっと良く分かってもらいましょう

どうも,副代表の内藤です!       アフリカ大陸の大きさを数字で語りますと,30,221,532 km²で、日本の約80倍。 でもこれってイメージ難しいですよね?僕は頭が良くないのでよく分かりません笑 で,こちらをご覧下さい。 こちらドイツのグラフィックデザイナーKai Krauseさんという方が作った物だそうです。 アメリカ,ヨーロッパの主要国,中国,日本などがすっぽり入っちゃっています。 こうして改めてみるとアフリカって大きいんだなと僕でも分かります。 なのでアフリカと一重にいっても,国によって文化や言語は違うのは当たり前なんです。実際に国は54カ国ありますし。 でも,アフリカ全土に共通する文化も僕はあるんじゃないかなと思っています。 主観ですが,今の所,家族や友人の絆の深さの平均は,日本やカナダと比べるとかなり強いと思っています。 勿論経済的にも最後のフロンティアと呼ばれていますが,アフリカの良い所はそれだけではありません。 一番学べる物は文化的な部分だとAYINAは考えています。 アフリカと日本を繋ぐという団体で副代表をやらせてもらっている以上,いつかはアフリカ全土を制覇したいと思っています!       【AYINAが関連のあるイベント告知!4つ!】 ①《11月6日 西アフリカ・ベナンフェスティバルin山形》 ②《12月17日 第4回African Friendship Party》 ③《12月22日 アフリカでNPOとビジネスを両立する人のお話》   ④《12月27日 アフリカ4団体合同忘年会》 ...

18 10月

山形県・米沢&置賜のコミュニティFMラジオでベナンフェスティバルを宣伝させていただきました!

AYINA JAPAN 東北支部 土屋みなみです。 11月6日(日)に山形市にて初開催することになりました、 「西アフリカ・ベナンフェスティバルin山形」 山形市では初の、弊団体が主催を務めさせていただくイベントです。   ということで、 山形県・米沢&置賜のコミュニティFMラジオ「エフエムNCVおきたまGO!」で宣伝させていただきました!                 収録中の様子 ベナンフェスティバル宣伝中です! (左:パーソナリティの鈴木朗子さん 右:土屋)   NCVさんは、私が通っている大学のある山形県米沢市を中心としたケーブルテレビ局。 TVでもラジオでも個人的にお世話になっていて、 2年前にも代表のzomahounと共に出演させていただいたんです。                   2014年収録時の写真 (左:土屋 真ん中:zomahoun 右:当時収録した番組のパーソナリティ阿部洋子さん)   今回の内容は 前半が2年前にトビタテ!留学JAPAN(こちらについてはいつかお話しすることとします) のおかげでドイツにインターンしていた時の振り返り 後半がベナンフェスティバルの宣伝 です。   もっとうまく話せたな~と反省も残る収録でしたが、 このような機会を頂戴出来て素直にうれしくありがたく思いました。   収録後の記念撮影 (左:土屋 右:鈴木さん フレンドリーで素敵☆ ※私が持っている一番左の記事は本編とは関係ありません。悪しからず…)   放送は以下の3回 ※内容は同じです。 10月26日(水)18:27~ おきたまGO!ゲストトーク 10月27日(木)08:19~ おきたまGO!ゲストトーク 10月29日(土)09:40~ 今週のおきたまGO!ゲストトーク   PCや携帯からもお聴きになれますので、よろしければどうぞ♪ 詳しくはこちらから   近くにお住まいの方、是非ベナンフェスティバルへお立ち寄りくださいね! ベナンフェスティバルの詳細はコチラ! ご参加頂ける方は「参加/Going」をクリックお願いします! みなさんにお会いできるのを楽しみにしております!   この場をお借りして、NCVの関係者の方々に再度御礼申し上げます。 ありがとうございました! 今後ともよろしくお願いいたしますm(_ _)m...

14 10月

【12月22日】AYINA副代表のトークイベント【告知です!】

現在ベナン渡航中のAYINA副代表内藤俊輔がサンクチュアリ出版様主催のトークイベントで語ります!   日時:12月22日(木) 19:00〜21:00 場所:サンクチュアリ出版1Fイベントホール 内容:「アフリカでNPOとビジネスを両立する人のお話」 青年海外協力隊での活動を経て,アフリカでNPOとビジネスを両立する内藤が,自身の経験を踏まえてアフリカのお話を致します!   詳しくはURLをご覧下さい!ご参加頂く場合もURLの中に申込フォームがございますので,そこから宜しくお願い致します! 詳細はコチラ! ...

11 10月

日本でアフリカに関われる方法を紹介しちゃいます!!

こんにちは!AYINA副代表内藤です!         いつかはアフリカに行ってみたいけど,今すぐは勇気が湧かない。 そんな方に,日本国内でアフリカと関われる方法をご紹介します!   アフリカ飲食店に行ってみよう!   ビギナー編はアフリカ飲食店に行く事ですね! 「アフリカ 飲食店」とかで検索すると意外と出てきますが, こんなまとめ記事が出てたので,そのまま転載させて頂きます。   世界の珍料理!都内でアフリカ料理が食べられる貴重な店10選   僕が行った事があるのは意外にも8のトライブスのみ。 このオーナーはアフリカ渡航歴がある日本人で,南アフリカ食の親善大使にも選ばれている アフリカ料理のスペシャリストです!味も美味しいし,何よりオーナーの人柄が最高です。   アフリカイベントに行ってみよう!   お次はアフリカイベントに行ってみましょう!こちらも意外にも「アフリカ イベント」で検索すると出てきますよ〜 気軽に参加出来そうなのはこちらですかねー   アフリカへリテイジフェスティバル公式サイト   こちらのサイトはワイワイやるようなイベントが沢山って感じです。   JICA地球ひろば   こちらはアフリカだけではありませんが,僕が協力隊時代にお世話になったJICA主催,共催のイベント。 為になるセミナーがメインですね。 そして忘れてはいけない我らがAYINAのAfrican Friendship Partyもございます!     今年は訳あって開催出来てませんでしたが,今年12月に行う予定です!是非!!   アフリカ系NGOでバイトやボランティアをしてみよう!   これも非常におススメです!ボランティアする事でその団体で働いている人と繋がれますし, ネットでは手に入らない貴重な情報を知れます。 僕がたまに見てるサイトはコチラ   JANIC人材募集ページ   アフリカ系だけではないですが,国際協力をしているNGOの人材募集がコンスタントに入ってます。 ちなみに,,,私達AYINAもボランティアで活動をお手伝い頂ける方を募集してます!   詳しくは, AYINAメンバー募集 を見てみてね!   という訳で後半ちょっとAYINAの宣伝みたいになっちゃいましたが,悪しからず! 意外と日本でもアフリカを感じる事が出来ますよ! 是非とも興味があれば一度体感して下さい!...

8 10月

アフリカを本気で変えようとしてるベナン人

どうも!副代表の内藤です! 本日は,AYINA Beninの実質副代表を務めるムタ君のご紹介。     彼ですね。彼とは今会社の方でもバディとしてやってますが,非常に仕事もしやすいです。 というのも,時間も守るし,非常にロジカルな仕事の進め方をするアフリカでは珍しいタイプ。   彼を一言で表すと真面目。 言った事や引き受けた事は必ず守るし,責任を持ちます。 僕は人の性格は90%は育った環境で決まると思っています。残りは遺伝かな。   そんな彼。とある日に,幼い頃の話を聞かせてもらいました。 彼は北部の田舎生まれ。家はそこまでお金が無かったので, 小さい頃から父の仕事の手伝い,母の家事の手伝いをして育ち, 学費も途中から自分で稼いで行っていたそうです。   そんな中で彼は,アフリカを客観的にみて, 決してアフリカ人が発展出来ないのは周りのせいではないと言います。 最近ではPoverty.Incなどの映画などで,支援による支配の仕組みが語られていますが, ムタからすると,それも原因の1つであるけど, 発展出来るか出来ないかは,結局僕たちアフリカ人次第。と言っています。   自分達が本気で国を変えようと思えば,自ら動き,自らチャンスを掴み変えられると。 それをまずは自分が率先してやっていきたい。 そしてそれを若者に伝えていきたいという想いが,AYINAでもビジネスでも彼が強く願う気持ちです。 そんな彼とこうして働けてる自分は本当に幸せです。 日本でそれを想って働いている人がどれだけいるでしょうか。 僕たちも彼らに負けない様に頑張ろうと,強く想ったとある日でした。...

5 10月

農業研修レポートvol.1

AYINA副代表の内藤です!         AYINA Beninの活動の1つ,「農業研修」の活動をご紹介します! その前にベナンの農業について。 ベナンは,様々な農作物が作れる肥沃な土地があります。 しかし,その土地を活かしきれていなかったり, 良い作物が取れても,良い売り方が出来ていないという課題があります。 実際にトマト等はベナンでも豊富に取れるのに,他国のトマトが市場で出回ってしまっています。 その問題を,AYINA Beninは解決する為に「農業研修」に取り組んでいます。       講師を務めるAYINA Beninのジュリアンさんは, 昨年AYINAのサポートにて,海外技術研修で日本に半年農業を学びました。 その時の様子はテレビでも放映されました。   その技術を,未来の農業を担う若者へ,研修で伝えています。     今回はコチラの農業系NGOと共同で,8月から3ヶ月間,大学生4名に農業研修を農業研修を行っています。 同団体は月〜木,AYINAは金〜日を担当して指導しております。       研修の場所であるボイコンという場所は,中心部を除いてはこのように緑に囲まれた豊かな場所が多いです。   ジュリアンさんは,農業だけでなく,ウサギや鳥などの動物の育て方も指導しています。     この日は添え木の指導を行っていました。ベナンもやっているそうですが,技術が低いそうです。   まずはジュリアンがやってみせ,その後に生徒にやらせて,そこで指導をしていくので,しっかり身に付きますね! 実際に彼らが技術を得たあとは,それぞれの村にて組合を作ってもらい, 技術共有などで,村の農業レベルを上げてもらいます。 また定期的にレポートしますね!...

3 10月

ベナンでオレンジを買ってみる

どうも!AYINA副代表の内藤です!まだベナン滞在中です!         さてさて,先日はAYINAベナンメンバーでもあり,同僚でもあるムタ君(写真左)と一緒にオレンジを買ってみましたよ〜     ドドーン!一杯買いました!これ,一体いくらすると思いますか? 10キロ近くあるんじゃないかなと思います。 ちなみに日本で通販で買おうとすると2キロ1000円とかですね。 て事は10キロで5000円ですね。   さて,ベナンで買ったこの価格は2000CFA。 なんと日本円にすると350円もしません!安い!安過ぎる!!   味も甘さと酸っぱさが丁度いいバランスで美味しいです! ちなみにベナンではオレンジは食べるというより,吸います!こんな感じで。   [第1回アフリカホームステイ時の写真]   まだまだビックリするくらいの安さで,おいしい食べ物が一杯あります! 是非,AYINAのアフリカホームステイなどでも体験して頂きたいですし, 近い将来ベナンの食べ物を食べて貰う日本でのイベントも出来ればと思っています!                ...