Top
2017年6月 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
0
archive,date,mkd-core-1.2,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-medium-title-text,elementor-default
日本ニーム協会勉強会にて登壇させて頂きました

副代表内藤です! 昨日は、日本ニーム協会の定期勉強会に講師として登壇させて頂きました! まず日本ニーム協会についてご紹介します。 インドをはじめ東南アジアに広く自生する常緑樹、ニーム(NEEM)。 今、この木の持つ害虫忌避作用が、世界中の農業関係者から注目されています。 私たちはそのニームの安全で効果的な防虫・害虫駆除効果を広く日本の関係機関に紹介し、 活用をサポートすることで、人々の健康と健全な社会環境づくりを目的に設立された特定非営利活動法人です。 ニームは防虫効果のほかに、私たち人間の健康に役立つさまざまな薬効も、認められています。 化学物質による環境汚染が、私たち人類の大きな問題になってきている現代。 20世紀最大の自然の恩恵と言われるニームこそ、 私たちの健康と自然環境の保全に欠かせない存在であると考えています。 これを実現するため私たちはニームに関する情報を発信していきたいと思います。 参照:日本ニーム協会HP   引用させて頂いた内容にもある通り、 ニームは人間にとってだけではなく、環境にとって、 地球にとって良いものであるということですが、 それにしっかり気づいて活動を続けられていたのが、 日本ニーム協会の会長の稲葉さんです。   アフリカでは通常歯磨きに使われていたり、という程でしかありません。   会長は、アフリカ54カ国にニームを植林することで、 マラリアなどの病気予防や、農業、環境問題などを解決し、 間接的に教育や雇用問題もこのニームで解決しようという志をもたれています。   ニーム自体の良さは国連も認めているので、お墨付きとして、 あとはどれだけ本気の人がやるか?というのが大義が成される条件だと思うのですが、 僭越ながら稲葉会長にはそれを感じまして、 私含むAYINAもベナンをはじめとして、 出来る限り協力させて頂きたいということで、この度勉強会にも参加させて頂きました。 お話している方が会長の稲葉眞澄様   ちなみに私の記憶する限り、他団体の登壇で代表と一緒に話すのは今回が初めてでした。 他登壇者にはJICAのアフリカ部の次長がいらっしゃったり、 参加者にも様々な分野の社長や役員クラスの方々がおられ、 我々が講師でいいのだろうか?という不安もありながら、出来る限りお話をさせて頂きました。   もちろんこうした勉強会は大事な場ですが、 あとは今後実際に動いて行く際に、 AYINAとしても培ってきた現地力などを活かし、貢献できるように頑張りたいと思います。 ...

アマニ・ヤ・アフリカ様とさくらんぼ種飛ばしワールドグランプリで出店!

AYINA Japan東北支部 山形県在住の土屋です。   みなさん!山形といえば…サクランボですよね? 東根市という市は、サクランボの産地で有名な地域のひとつですが その種、どうしていると思いますか? え?捨ててる?ゴクンと飲んじゃう? いえいえ! とばします! ワールドグランプリやっちゃいます! 去る2017年6月11日、 山形県東根市でおこなわれた さくらんぼ種飛ばしワールドグランプリ2017にて AYINAとアマニ...

アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代①①

副代表内藤です! 僕の初のアフリカ、ルワンダ青年海外協力隊時代の2年間を ダイジェスト版でお届けする アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代 第11話は大事件の行く末とブラジルから注文?!編です!   アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代① アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代② アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代③ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代④ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑤ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑥ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑦ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑧ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑨ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑩   カウンターパートの逮捕から裁判へ 観光マッププロジェクトが動き出した矢先に起こったカウンターパート逮捕事件。 (10話参照) とりあえずどうしたら良いかわからない僕は、同僚の言われるがままに一緒に裁判所へ。 朝8時に始まるという事で集合しましたが、待つ事3時間(ここでもアフリカンタイムか)… ドドスが現れた!! 右がドドスくん   この写真の頃のフレッシュな感じの面影はなく、 かなり意気消沈している様子。 裁判官は現地のキニアルワンダで進行するため、 私は同僚に通訳してもらいながら、話を聞いていました。   彼の容疑は、 門外不出の書類をお金を貰って渡してしまった。 いわゆる汚職なわけですね。   しかし、同僚の通訳を聞いていると、 どうやらこの密告者達が怪しく、単に個人的恨みで警察に密告し、 警察も特に何も調べず急に逮捕してしまったそうです。   結果、密告者の発言もだんだん辻褄が合わなくなってきて、 翌日も裁判が行われましたが、結果は無実!!   無事ドドス君は釈放されました! しかし、証拠もなく密告だけで捕まってしまうとは日本では考えられないですね。     何気なく始めたFacebookページの成果   協力隊の村落開発普及員(現コミュニティ開発)の僕なりの良い点としては、 何をやっても良いというところです。 お土産屋の支援も自分が決めた事ですし、 基本的に僕自身がお金を稼いだり、法を犯さなければ何でもアリ。 というわけで何が正解かわからないので、 お金がかからない面白そうなことは全部やりました。 その中の一つがお土産屋のFacebookページ制作です。   お土産屋の人たちはしきりに「ホームページが欲しい」と言ってきます。 もちろん欲しいのは良いですし、あるに越したことはない。 でも作った時点で効果が上がるような生ぬるいものではないです。 成果が見込めるものを作るには、お金も手間も相当かかります。 では、もう少しお手軽に始められるものとしてFacebookページがありました。 これを僕のパートナーのフランスコワ君のお店のものを作りました。 まあ正直、最初は全く「いいね」も増えないし、 彼らも「やっぱりホームページじゃないきゃダメだ」という空気が流れ、 僕は地道にフランスコワと更新し続けてました。   徐々にFacebookページを見て来た人が増えてきた!さらに…! 数ヶ月運営すると、フランスコワから、 「数名がFacebookページをみて問い合わせて来てくれた!」 という嬉しい声が! そして驚いたのが、 「ブラジルから僕たちの商品を売りたいというメッセージが来た!」 とのこと。えええええ?!! 半信半疑に連絡をしていると、どうやら嘘じゃないようです。 実際に商品は注文が入って、振込が確認されてから送るように、 リスクを取らないように始めました! 本当に発売されている…   無駄かもしれないけど、やってみることが大事   こんな成果は正直僕も見込んでませんでしたが、これもやってみないとわからないことです。 絶対うまくいくと思ってやったものがコケたり、 ええ〜これ上手くいくかなぁーみたいなことが上手くいったり、 アフリカでの活動は日本よりも論より証拠な部分があります。 結局このFacebookページ、2年間では確か200いいねくらいでしたが、 現在は1000いいねを超えています。 支援先Facebookページはこちら そしてこの頃ちょうど協力隊1年くらいが経過しました。 残り半分。今の活動をしっかり持続可能なものになるようにもうここからラストスパートです! ...