Top
AYINA AFRICAの活動 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
7
archive,category,category-project-in-ayina-africa,category-7,mkdf-social-login-1.3,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-side-area-uncovered-from-content,mkdf-medium-title-text,elementor-default
特定非営利活動法人AYINA / AYINA AFRICAの活動
第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート〜山形県米沢市の女子大生3人による魅惑のベナン滞在記〜 最終回

AYINA Japan 東北支部 土屋みなみです。 前回はホームステイ最終日の各家族の様子をお送りしました 第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート。   今日はいよいよ最終回。日本へ帰国します…。   Vol.1はこちら Vol.2はこちら Vol.3はこちら Vol.4はこちら Vol.5はこちら Vol.6はこちら Vol.7はこちら Vol.8はこちら Vol.9はこちら Vol.10はこちら Vol.11はこちら Vol.12はこちら Vol.13はこちら Vol.14はこちら Vol.15はこちら Vol.16はこちら   1/5 空港まで向かう車に乗り込もうとしたとき、Julienneが私の肩を叩きました。 振り向くと 私の大好きな朝ご飯である、 フランスパンに焼きたてのオムレツを挟んだサンドイッチを渡してくれました!!!! (ベトナムにもよく似た食べ物があります。その名もバインミー チュング) 最後の最後まで私の好物を出してくれるなんて…あたたかさに感動です。 最高のホストシスターであり、ホストマザーでもあるJulienne、本当にありがとう!!!!   更に、「3人で分けてね」とこちらも。 昨日Rahimと相談して作ってくれていたのは、これだったのね! 北部への旅の道中に、地元の石を使った商品を扱う店があったのですが そこで購入したものに自分たちで地図を書き入れてくれたようです。 嬉しくてありがたくて言葉になりません…。   ほっこりしているうちに、あっさり空港へ到着。 最後の記念撮影です。 帰りたくない私たちの気持ちとは裏腹に、何事もなく飛行機は離陸し… エチオピア航空名物“例の”彼(詳細は内藤のブログ参照)を通過して乗り継ぎます。 来た時よりも一回乗り換えが少ないからか(詳細はvol.3参照) 帰りたくない気持ちからなのか あっという間に日本へ着きました。 寂しい気もするけれど、3人とも無事に戻ってくることが出来て一安心です。 (この後1人が久しぶりにひどい風邪を引くことになるとは、知る由もありませんでした…)   これから私たち3人はそれぞれの元の生活に戻り、 それぞれの道を再び歩み始めますが どんな形でも良いので、今回の経験が糧になれば良いなと期待しています。 2人とも、2週間本当にありがとう!   ――― さて、次に魅力のベナンステイを体験するのは 今これを読んでいる貴方かもしれません。   日本での生活に比べたら、”不便”かもしれません。 異文化すぎて驚くこと、受け入れられないこともあるかもしれません。 でも、ベナンの自然・人・食べ物… 豊かなこれらがきっと、 貴方をあたたかく迎えてくれることでしょう。 アフリカホームステイに少しでも興味を抱いた方は、 是非ご連絡ください!   また、このブログを機に アフリカホームステイのみならず、 ベナンという国について少しでも興味を持っていただけたら 筆者としてはこの上ない喜びです。   長文・駄文に最後までお付き合いいただきありがとうございました。   お・わ・り ...

第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート〜山形県米沢市の女子大生3人による魅惑のベナン滞在記〜 vol.15

AYINA Japan 東北支部 土屋みなみです。   前回はベナンバス&停電中の夜のお散歩についてお送りしました 第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート。   今日は久しぶりにとくちゃん&かなちゃんと合流し お買い物とAbomey Calavi(アボメカラビ)大学内の見学です!   Vol.1はこちら Vol.2はこちら Vol.3はこちら Vol.4はこちら Vol.5はこちら Vol.6はこちら Vol.7はこちら Vol.8はこちら Vol.9はこちら Vol.10はこちら Vol.11はこちら Vol.12はこちら Vol.13はこちら Vol.14はこちら   1/3 いよいよ明後日でベナンとさようなら...

第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート〜山形県米沢市の女子大生3人による魅惑のベナン滞在記〜 vol.14

AYINA Japan 東北支部 土屋みなみです。 前回は首都ポルトノボにあるホストシスターの実家にて ゆったりとした元日の様子をお届けした 第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート。   今日はベナンのバスに挑戦し、 停電中の夜のお散歩でこれからを語り合いました   Vol.1はこちら Vol.2はこちら Vol.3はこちら Vol.4はこちら Vol.5はこちら Vol.6はこちら Vol.7はこちら Vol.8はこちら Vol.9はこちら Vol.10はこちら Vol.11はこちら Vol.12はこちら Vol.13はこちら     1/2 まだ暗い朝4時半に起き 家族に見送られ出勤するご両親と共に車に乗り コトヌーに帰ります。   さすがにこの日のこの時間は道路がすいていました 思ったより早くコトヌーへ到着!   ご両親をそれぞれの職場にお送りしたあと バス停らしきところ (とはいっても日本にあるようなものでなく普通の路肩) でバスを待ちます   時刻表がある様子もないけれど どうやってバスに乗るのだろう...

第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート〜山形県米沢市の女子大生3人による魅惑のベナン滞在記〜 vol.13

AYINA Japan 東北支部 土屋みなみです。   前回は首都ポルトノボにある、 ホストシスターの実家からお送りしました第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート。   1月1日も引き続きポルトノボから。 元日の朝はお祖母様の御見舞から始まります。   Vol.1はこちら Vol.2はこちら Vol.3はこちら Vol.4はこちら Vol.5はこちら Vol.6はこちら Vol.7はこちら Vol.8はこちら Vol.9はこちら Vol.10はこちら Vol.11はこちら Vol.12はこちら   1/1 あっけなく迎えた新年の初日。 まずお母様のお母様の御見舞のため病院へお伴します。   首都の病院ということもあり しっかりしています! お祖母様のお部屋も 冷房&扇風機完備でなかなかよかったです。   家族手作りご飯の差し入れと共に 私は折り鶴をプレゼント。 早くよくなりますように!   帰ったらブランチを食べ 折り紙を折ったり昼寝をしたり キッチンでお母様とお話したり 新年にふさわしく? ゆったりと過ごします。   夜には生まれたばかりのご子息に会いに、 昨日益々仲良くなったSmithさんのお家へ ...

第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート〜山形県米沢市の女子大生3人による魅惑のベナン滞在記〜 vol.12

AYINA Japan 東北支部 土屋みなみです。   前回は AYINA Beninとのヤムイモパーティーの様子&仕立て屋さんにお願いしていた衣装のお披露目 をお送りしました、 第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート。   各お家に帰り新年を迎えます。 私はJulienneと共に首都ポルトノボの実家へやってきました。   Vol.1はこちら Vol.2はこちら Vol.3はこちら Vol.4はこちら Vol.5はこちら Vol.6はこちら Vol.7はこちら Vol.8はこちら Vol.9はこちら Vol.10はこちら Vol.11はこちら   12/31 帰省ラッシュのせいか渋滞に巻き込まれ、 ポルトノボの実家へ着いたのは21:00くらいでした。   お父様はまだお帰りでないということで まずはキッチンでお料理中のお母様へご挨拶。   そのまま私もお手伝いをしようと試みたのですが...

第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート〜山形県米沢市の女子大生3人による魅惑のベナン滞在記〜 vol.11

AYINA Japan 東北支部 土屋みなみです。 前回は現地宗教と共存する首都ポルトノボからお送りしました、 第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート。   今回は AYINA Beninとの対面パーティーの様子&仕立て屋さんにお願いしていた衣装のお披露目 です。   Vol.1はこちら Vol.2はこちら Vol.3はこちら Vol.4はこちら Vol.5はこちら Vol.6はこちら Vol.7はこちら Vol.8はこちら Vol.9はこちら Vol.10はこちら   第1&3回アフリカホームステイ参加者阿部君と合流! 12/31 今日はAYINA Beninメンバーとのヤムイモパーティー!   深夜にベナンに到着した、 第1回アフリカホームステイの参加者阿部将貴くんも加わり、 (彼はなんと第3回アフリカホームステイとしてインターンに来ています!) まずはオフィス(もう引っ越してしまいましたが笑)にお邪魔して自己紹介をし合いました。   訪問の印とコーディネートのお礼に 色紙&日本のカレンダーを贈呈 そのあとメンバーのご実家をお借りしてパーティーの準備を始めます。   チームベナン&日本で料理大会! チームベナンはヤムイモのお餅のようなもの(アグー)&ソースを チーム日本はお好み焼き&コロッケを振る舞うことに。   まさきくん、ヤムイモの皮むきを手伝っています。 こちらはまるで新年のお餅つき! チームベナンのメンバーもコロッケ作りに挑戦です。 実はあまり作ったことがなかったのですが試行錯誤の末なんとか完成! 失敗の少ないお好み焼きも 期待を裏切らず美味しそうに出来ました! それでは、みんなでいただきまーす♪ まずはアグーから モチモチ食感が好き! ソースもおいしー! でもお腹いっぱい...

第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート〜山形県米沢市の女子大生3人による魅惑のベナン滞在記〜 vol.10

AYINA Japan 東北支部 土屋みなみです。   前回は2大観光地からお送りしました、第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート。   今回は首都ポルトノボの住宅街からお届けします。   Vol.1はこちら Vol.2はこちら Vol.3はこちら Vol.4はこちら Vol.5はこちら Vol.6はこちら Vol.7はこちら Vol.8はこちら Vol.9はこちら   12/30 昨日までの長旅を考慮して今日は午後から始動。 首都のポルトノボへ向かいます。   何かが特別に私達を待ってくれているとのことなのですが...

第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート〜山形県米沢市の女子大生3人による魅惑のベナン滞在記〜 vol.9

AYINA Japan 東北支部 土屋みなみです。   前回はハプニングからの人のあたたかさについてお送りしました、 第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート。   今回はもうひとつの歴史的遺産&人気スポット!?水上都市についてです。   Vol.1はこちら Vol.2はこちら Vol.3はこちら Vol.4はこちら Vol.5はこちら Vol.6はこちら Vol.7はこちら Vol.8はこちら   蛇の寺訪問 12/29 ホテルを後にして近くの別のホテルで朝ご飯を済ませたあと ウィダーにある蛇の寺と帰らずの門へ。   まずは蛇の寺でガイドさんの説明を受け、蛇様にご挨拶。 今でも定期的に、信者さんたちによってお供えや儀式がおこなわれているのだそうです。   避けては通れない奴隷貿易時代を学ぶ 次は、 奴隷船が行き来した港跡にある 帰らずの門までのガイドツアー   奴隷貿易がおこなわれていたその昔に、しばし想いを馳せます。   奴隷の母国や家族に関する記憶を失くさせるために催眠術をおこなう木や 死ぬことで自由を得ることが出来ることから、死を誇りに思う姿をかたどった像等 見るのは辛いけど 目を背けてはいけないと思わせる歴史がそこにありました   昨日アボメイの王宮群で受けた 「大砲と奴隷○○人が交換されていた」 という説明も思い出されます   想像することしかできないけど 心が痛むには充分...

第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート〜山形県米沢市の女子大生3人による魅惑のベナン滞在記〜 vol.8

AYINA Japan 東北支部 土屋みなみです。   前回は車窓からの北部の様子と歴史的遺産についてお送りしました、 第2回アフリカホームステイinベナン共和国レポート。   長かった移動も終わり ホテルで明日に備えようと思っていた矢先に起こったトラブルとは!?   Vol.1はこちら Vol.2はこちら Vol.3はこちら Vol.4はこちら Vol.5はこちら Vol.6はこちら Vol.7はこちら     予約していたはずのホテルが・・・ 12/28 続 南部ウィダー近くのホテルにチェックインしようと 先に車を降りた仲間についていくべくドアを開けたとき、 「乗って!!行こう!!」と言われ再び車内へ。   なんだかご立腹の様子なので訳を聞いてみると   「予約してて何かあったときの電話番号も伝えておいたのに、 私達が遅いから別のお客さんを入れたんだって。 電話番号伝えてたんだから連絡してくれても良いじゃない...