AYINA JAPANの活動 イベントレポート タンザニア

「山形県在住タンザニア出身主婦ヘレナさん」オンラインイベントレポート!

みなさん、初めまして!

AYINA運営ボランティアとして活動させてもらっている原武和琴です!

原武和琴さんのTwitterはこちら

今回は、6月20日に行われました「働く主婦ヘレナさんによる生活&お料理トーク」についてレポートしていきたいと思います!

では早速いきましょう!

1.ヘレナさんの紹介

まずは今回の主役であるヘレナさん!一体どんな方なのでしょうか?

ヘレナさんはタンザニア出身で2児のママ。現在は山形県長井市に住んでいます。

ヘレナさんの住む長井市はタンザニアのオリンピック・パラリンピックホストタウンになっており、ヘレナさんの旦那さんが山形県長井市役所にお勤めされている関係で日本に来日されました。

ではここでスワヒリ語クイズ! タンザニアの公用語であるスワヒリ語。いくつかあったクイズの中から1つ紹介したいと思います!

 

問題

tamu(タム)とはスワヒリ語でどういう意味?

 

 

みなさんわかりますか?ヒントは食べることにちなんだ意味です!

 

 

 

 

正解は「おいしい」です!

ぜひこれからおいしいものを食べた時には、「タム〜〜」と言ってみてくださいね!

2.タンザニアでの生活

続いては、ヘレナさんはタンザニアで一体どのような生活を送っていたのか見ていきます。

銀行員だったというヘレナさん。一般的な日本の会社員とさほど変わらないような生活スタイルなんじゃないでしょうか?でも少し気になることがありませんか?

そう、通勤と帰宅でかかる時間が違いますよね!

なぜか? 

ヘレナさんに聞いてみたところ、渋滞が原因だそうです。行きよりも帰りの方が渋滞しやすい時間帯だそうで、渋滞がなければ30分で行ける道も、帰りは1時間半かかってしまうという…ここは忍耐力ですね(笑)

 

そしてここでヘレナさんクイズ!

タンザニアでの生活に関するクイズです。

 

問題

料理する際に、キッチンに無くても大丈夫なものはなんでしょう?

 

 

答えは、まな板です!

なんとヘレナさんが人参と包丁を持ってきて実際に見せてくれました。みんなヒヤヒヤしながら見ていましたが、慣れた手つきでどんどん切ってしまうヘレナさん。すごい!危険なのでみなさんは真似しないようにお願いします(笑)

 

3.山形県長井市での生活

さて、先ほどはタンザニアでの生活でしたが、日本ではどのような生活をされているのでしょうか?

先ほどとはだいぶ違うグラフになりましたね。

このグラフを見て1番気になるところがあります。就寝時刻を見てください。朝の5時半になっています!(書き間違えたわけではありませんよ!笑)ヘレナさんは日本で生活しながら、6時間の時差があるタンザニアにも合わせて生活しています。

すごい!アルバイトから帰り、家事などを済ませた後、次はタンザニアとやりとりをするための時間になります。子育てをし、働き、家事をして、タンザニアとも連絡!とにかく動くヘレナさんに頭が上がりません…。

 

そのほかにも、小学校で調理実習の先生になったり、ラジオ番組でのイベントでタンザニア弁当を売ったりと、料理を通じて日本とタンザニアを繋いでいるそうですよ〜〜!素敵です!

 

 

4.タンザニア料理の紹介

そしてみなさんお待ちかね!タンザニア料理の紹介です!参加者の皆さんは、お昼時ということもあり、タンザニア料理に興味津々!盛り上がりました!

また、今回特別にヘレナさんが料理を実演してくれました!嬉しい!

作るのはチプシ マヤイ!ポテト入りのオムレツのことです。フライドポテトの形にカットしたジャガイモと卵を使ってオムレツを作ります。中にトマトや玉ねぎを入れることもあるそう!日本にある材料でも簡単にできるタンザニア料理です!ぜひ作ってみてはいかかでしょうか?

 

感想はもちろん、タム〜〜〜!!(おいしい!)

 

5.日本や山形の印象、そしてこれからの展望

イベントではそのほかにも色々なお話を聞くことができました。一部ご紹介していきます。

 

日本・山形の印象

初海外が日本だったというヘレナさん。東京の景色をみたとき、たくさんの建物や綺麗な道路にただただ驚くばかり。そして山形に住むようになり、人々の優しさを感じているそうです。差別なども全くなく、日本語がわからないヘレナさんでも周りの人は翻訳アプリを使ってくれるので交流できるそうです。

 

これからの展望

料理好きのヘレナさん。将来はタンザニアに戻り、日本のようなサービスが受けられるレストランを開きたいとのこと。日本のレストランによく置いてある呼び鈴、また座敷などに関心があるそうです。

確かにどちらも日本では当たり前のように感じていましたが、海外ではなかなか見ないかもしれません。日本のようなレストランがタンザニアにもできたら、とてもワクワクしますね。できた日にはぜひ行ってみたいものです。

 

最後は質問コーナー

参加者さんのみなさんからたくさん質問をいただき、料理について、タンザニアについて、日本から学んだことなど、さまざまな話を聞くことができました。

 

終わりに

イベントの最後は、みんなで感謝を込めて、

ヘレナさんにアサンテ〜〜!(スワヒリ語でありがとうの意味)と言い、無事終了しました!終始和やかな雰囲気だったこのイベント。参加してくださったみなさまにも改めて「アサンテ!」とお伝えしたいです!

ヘレナさんをもっと知れるインタビュー記事はこちら

 

今後もNPO法人AYINAでは、アフリカと日本をつなげるイベントを開催していきます。海外へ行けない今、このように交流できることは良い機会なのではないでしょうか?私自身、運営側ではありますが、アフリカ好きの1人としてこれからも楽しんでいきたいです!ぜひ私たちと一緒にアフリカを感じていきましょう!

 

レポートは以上です。ここまで読んでくださりありがとうございました。これからもAYINAをよろしくお願いします!

 

クリックしていただくと支援ページに飛べます

 

-AYINA JAPANの活動, イベントレポート, タンザニア
-,

Copyright© 特定非営利活動法人AYINA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.