Top
ケニアのサロン(美容室)にいってみた ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~ – 特定非営利活動法人AYINA
fade
4685
post-template-default,single,single-post,postid-4685,single-format-standard,ja,mkd-core-1.2,mkdf-social-login-1.3,mkdf-tours-1.4,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-side-area-uncovered-from-content,mkdf-medium-title-text,wpb-js-composer js-comp-ver-5.7,vc_responsive,elementor-default
特定非営利活動法人AYINA / AYINAメンバーBlog  / ケニアのサロン(美容室)にいってみた ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~
29 3月

ケニアのサロン(美容室)にいってみた ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~

Mambo(シェンという言葉でこんにちは、やあという意味です)

2月から4月までの3ヶ月間、

ケニア・ナイロビにある農業・家畜に関する国家研究機関KALRO
(Kenya Agriculture & Livestock Research Organization)

にてインターンシップ中の、

AYINA東北支部長土屋みなみです

 

執筆時、ケニア滞在もあと1か月ちょっとというところまで来ていました

まだまだアフリカン、あるいはケニアンなことをしたいなぁと考えた結果…

思い出しました

来た当初したいと思っていたけれど、まだできていなかったこと

それは…

 

サロン(美容室)にいくこと! 

 

そこで今回はナイロビのサロンに行った際のレポートをお送りします

 

今回お願いしたサロンはこちら

ケニアやベナンの住宅地・街には

お店がずらっと並ぶ商店街のようなところがあり、

そこにサロンも一緒に並んでいます

今回お邪魔したのは、

ホストファミリーの家の近くにあるこちらのサロン

店員さんのお子様やお客さん、

知り合いが出たり入ったりして、

もはや誰が誰なのか分からなくなる、

こじんまりしていても大変にぎやかなお店です笑

 

屋外でよく使いそうなプラスチック製の硬い椅子に座り、

スタイルや髪の色を相談して決めます

 

今回、スタイルはお勧めを、色はオレンジっぽい赤をお願いしました

また、長さは髪を結い始めてから決めました

ちなみにこの椅子が後ほど私を苦しめることになります…

 

経過をお伝えしていきます

Beforeですね

 

まずは袋に入っていたエクステをわざわざ全部ほぐしていきます

 

感触はすっごく傷んだ、人形の髪の毛…ですかね?

何かに似ている気もするのですが…なんだろう…

とにかくこちらを、私の地毛と共に編み込んでいきます

 

どうやっているのか謎なのですが、

地毛を生え際から上手く巻き込んでエクステと一緒に編んでいるようです

おかげで生え際が引っ張られて痛いです

 

因みにタオルを肩にかけてくれていますが、

今日は髪を濡らすわけでもなかったので、

特にある意味を見出せませんでした笑

 

数時間後

私も、途中から来た隣のお客さんも進んできました

ちなみに店員さんもエクステですね

 

夕方になって…

眠くて寝たいけど生え際が引っ張られて痛い…

とうつらうつらしているときのこと

隣のお客さんの電話から聞き覚えのある単語が聞こえてきました

「カチュンバリ」 

 

カチュンバリとは、

トマト・玉ねぎ等の塩&レモン汁仕立てのサラダです

 

『夕飯の話でもしているのかなぁ』と思っていると…

お兄さんが現れてこれを置いていきました

 

『おおお!配達サービス!やるな!』と感心していると…

ポリ袋に入ったヤギ肉の何か 内臓チックでした

 

あ~はい、そうですよね

お皿に載っててフォークとかついてて~なんてことはないですよね…

 

私が心の中で突っ込みながら見ていたせいか

「食べる?」「ソーダいる?」

と聞いてくれました

 

お気遣いありがとう…

せっかくなので、お肉を一つ頂戴することに

ここで気づいたのです

 

『待て待て これはもしや手で食べるやつ…ってことはその手で髪を編み続けるのか…?!』

 

一度気づいてしまったら、これは見届けるしかありません

私の髪を結ってくれている担当のお姉さんが食べた後、

その行動を観察していると…ちゃんと手を拭いていましたよ!

 

……ズボンで、はい…… 

 

まぁ私は気にしないのですが、人によってはびっくりでしょうね~

ちなみにカチュンバリは最初入っていなかったようです~

本当に毎日毎回ツッコミの絶えないケニアンライフ

ビバケニアンライフ

 

隣のお客さんも召し上がっておりました もちろん手で

 

後ろをやってもらっているときは、

前からみてもあまり変わらないのでいよいよ飽きてきます笑

 

ちなみに現時点での毛先はこんな感じ 人工感満載だけどいいの!

 

今日はタイムアップ

眠さは落ち着いたのですが、次の問題がお尻の痛さ!

ただでさえ長時間座るのが苦手で疲れるのに、この硬い椅子…

 

もぞもぞしている私にクッションをくれた優しいお姉さんですが、

もうなんだか足もだるくなってきたしアツいし…

と心の中で駄々をこね始めました笑

 

それでも一応大人なので足をもんでマッサージしたり姿勢を変えたりして…

そんなこんなで5時間経ったでしょうか

ママが迎えに来てくれました

 

フェローシップという教会や近所の集まりに行きたくて、

その前に私を連れて帰りたいご様子

でも、まだ終わってないんです…

 

するとさらっと「明日また来よう」とママ

なるほど…大事なことは後にとっておくタイプね

ご飯前だったしこれ以上遅くなるのもお店の人に申し訳なかったので、

この日はここまでで帰ることにしました

 

ちなみに進捗はこんな感じです

毛先は結ばれています

 

これ、寝にくいのでは?!と思われた方、正解です

しかもこの日は髪を結ったまま寝たので

(次の日、取ってもよかったことに気付いて悲しくなりました笑)

仰向けがしにくくて大変でした…

 

次の日

次の日「昨日寝られた?」等々

優しく話しかけてくださった担当の方

最後の仕上げに入ってくれました

 

と、隣でお湯を沸かし始めます

『え?何に使うの?!大丈夫?!頭にかけてあっつ!とかならないよね…』

といきなりビビる私

お湯の使い道はこうでした

 

結ばれている毛先をお湯に浸して…

毛先が服について熱くないことはないんですが、

まぁ許容範囲

 

この後どうなるんだろうな~と思いながら見ていると…

おおお!結び目を外すと毛先がカールしました!

素敵!!昨日毛先を結んでいたのはこのためだったんですね!

 

この後、昨日寝たときにできたのか、

地毛の主張が激しい箇所がでてきたので修正してくれました

恐るべしプロ魂

ほどいて結び直しているところ

 

こうして今日は30分ちょっとで完成

 

遂に完成…!

述べ6時間弱かけて完成したケニアンみなみがこちら!

素敵な仕上がりに私もママも担当の方も含めみんな満足♪

今後これをポニーテールにしたりハーフアップにしたりと、

地毛のようにアレンジしていきます!

 

因みにエクステ代と技術料金で1500Ksh(≒1500円)でした!

 

拘束時間考えたらブラックもいいところですよね…申し訳ない…

こうしてまた少しケニアンに近づいた私

残りの期間も楽しむぞー!

 

あ、そういえば……この髪型は頭が洗えない上

帰国後9日したら日本で友人の結婚式があるということを、

完成してから思い出してしまいました……

ハクナマタタ……?

 

それでは、Tutaonana(トゥタオナナ:また会いましょう)

 

※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※

AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する

『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら

zomahoun

No Comments

Leave a Reply: