Top
2019年2月 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
0
archive,date,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-medium-title-text,elementor-default
1月度polca募金の御礼/3月度polca募金お知らせ

副代表の内藤です! 2月から新たに導入させて頂きました、polcaを使った毎月の募金支援。   2月度は8名の方に総額4,800円をご支援頂きました! 3月度は15名の方に総額7,700円をご支援頂きました! 4月度は14名の方に総額9,300円をご支援頂きました! 5月度は28名の方に総額14,600円をご支援頂きました! 6月度は12名の方に総額6,300円をご支援頂きました! 7月度は18名の方に総額16,200円をご支援頂きました! 8月度は16名の方に総額11,400円をご支援頂きました! 9月度は7名の方に総額4,500円(手数料後4,050円)をご支援頂きました! 特別版(10月度)は18名の方に総額12,650円(手数料後11,385円)をご支援頂きました! 11月度は11名の方に総額3,900円(手数料後3,510円)をご支援頂きました! 12月度は3名の方に総額1,800円(手数料後1,620円)をご支援頂きました!   そして2019年1月度は3名の方に総額2,100円(手数料後1,890円)をご支援頂きました!   総支援者様は153名、総支援額は92,755円となりました!     ご支援者様は、 遠藤暁様 テニプリ様 morishindesu様   です!本当にありがとうございました!!   3月度のpolca募金も始まっております!   毎月100名の方に応援いただく事を目標に活動を頑張ります! どうぞ、よろしくお願いします! ...

ケニアでマタトゥに乗ってみた【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです。 ナイロビの道路の王様と私が勝手に命名した、 マタトゥ(乗り合いバス)に乗ってみたので、 今回はその模様をお届けします! ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら 道路の王様の所以 私が勝手に命名したとはいえ、何故そう言えるのかというと… マタトゥはとにかく自由自在に走っていくからなんです (運転が荒いとも言う) 渋滞していても構わずスレスレで車線変更してきます。 分かりにくいと思いますが、 線の上をまたぎ、勝手に1.5車線目を作っているんです… その運転技術を尊敬してしまうくらいです笑 マタトゥに乗ってみた マタトゥは外から見ていると危ないヤツですが、 「マタトゥは乗ってみると悪いもんでもないよ」 と、ホストブラザーに言われたので実際に乗ってみます。 マタトゥには色がポップな大きいタイプと、 (こちらをバスと呼ぶとも聞きました) マタトゥには、白くて小さいタイプもあります。 今回はどちらも試してみました。 まずはバス停と思われる場所へ。 自分の目的地に合わせて車を選び乗車。 隣でこんなことしてるけど本当に大丈夫かしら… 因みにこの場所では、時刻表はなく、 いい感じに席がいっぱいになったら出発です笑 ケニアの大きいマタトゥはこんな感じ 分かりにくくてすみません… 1列あたり4人座れて8列分くらいあります。 もっと大きいと通路を挟んで2列シート&3列シートのもの等も! 車内ではラジオから音楽が大きな音で流れております。 因みにこのマタトゥのスピーカーはpioneerでした! ブレていてすみません…kenwoodも有りました! 座席の前にある小さい隙間から 「ここで降りる人いるよ」等、 運転手に話しかけるみたいです。 この穴が無く、お兄さんが突如走行中に、 ドアを開けて車体の運転席に近い方を、 どんっ! と叩くパターンもあります笑 運賃を集めるお兄さんは、 お金を左手に握りしめてました。 財布から出すって訳じゃないのね。 また、ベナンでもそうでしたがドア開けっ放しで発車します。 発射後閉まる場合も、開きっぱなしな場合もあります笑 ケニアの小さいマタトゥはこんな感じ これまた伝わりにくいですが、 ハイエースのイメージです。 2-3人座れて4列くらいあります。 一番前に座ると、もれなくあの危なっかしい様子を、 中から見ることができます。 そういえば料金表が貼ってありました。 ケニアのお金の価値は日本のとほぼ同じなので、 これらの数字がそのまま円になると思っていただいて良いです。 体感の距離からすると安いように思います。 因みに、こちらの方が音楽は爆音で、 運転もいつもどおりの自由加減だったのに、 この日めちゃくちゃ眠かったのでウトウトできていました。 我ながらびっくりです笑 興味がある方は是非このマタトゥを、 ナイロビにお越しの際現地の知人と一緒に試してみて下さい! それではKwaheri(クワヘリ: さようなら) ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

ケニアとドイツの意外な共通点とは?【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Guten Tag(こんにちは) ケニアでインターンシップ中ですが、ドイツ語で挨拶してみました AYINA Japan 東北支部土屋みなみです   今回は意外に思えるトピック 私が今まで一番長く住んでいた海外である ドイツのドレスデン と 今住んでいる ケニアのナイロビ の共通点をお伝えしたいと思います!     ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら   食べ物の”少し”が少しじゃない ドイツのご飯や飲み物の量は日本人からすると多いと思います [caption id="attachment_3959"...

ケニアと日本を比較してみました!【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは)! AYINA 東北支部長土屋みなみです   今回は私が見つけた日本とケニアの共通点を お伝えしたいと思います!     ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら   スワヒリ語の綴り&読み方はローマ字とほぼ同じ! 例えば ライオンはsimba(シンバ) 心配ないさはhakuna matata(ハクナマタタ) です   ご覧の通り、ローマ字読みでOK! いつも子音と母音がセットな訳ではありませんが それでも英語よりも読みやすいと感じています   研究機関で働く男性はスーツ 日本のサラリーマンの方々と同じように 男性陣はスーツを着用して働いています 職業によって違うと思いますが…   ケニアに来る前に友人に 「私アフリカ服好きなんだよね!ケニアで毎日カンガ(アフリカンな布)の服着たいから作れるところ連れて行って」 と言ったら 「最近は日本みたいな格好で働いてて、カンガの服は特別なときにしか着ないんだよ」 と言われて、少し悲しくなりました   [caption id="attachment_3929" align="alignnone"...

ケニアの病院で診察を受けてみた4【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです。 ケニアにくるまで、 南極大陸以外の5大陸24の地域に渡航しましたが、 今回初めて病院に行ったので!!! 不調と戦いながらも撮った写真と共に(笑 これまでのケニア病院デビュー記はこちら。 ケニアの病院で診察を受けてみた1【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】 ケニアの病院で診察を受けてみた2【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】 ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ケニア病院デビューの最終難関「薬局」 第2の難関血液検査をくぐりぬけ、 最後の難関薬局へ前回も書きましたが、 ここでも番号札をとる形式です。 『へへへ さっき学んだぜ』 と思って番号札がでる機械を見ると、 「故障中」と書いてあります。 『ん?でもまあとりあえずやってみるかー』 と、タッチパネルを押すと… 普通に番号札出てきた笑 上の段にMpesaという、 ケニア発電子マネーの記述が! 病院支払いもできるなんてすごい… Mpesaについても、いつかブログをお届けしますね! ついに薬をゲット! 『さー後は待つだけだ』 と思って座ろうとしたら、 知らない人が「まずはその番号札出してくるみたいだよ」 と教えてくれました! ありがたい! 早速番号札を出しに行きましたが、 控えの札を貰えず、 自分の番号を覚えておくしかない状況に・・・ 今度こそ待っていると、 番号が前のテレビに表示されたので、 カウンターに行くと、 「あ、名前呼ぶから待っててー」 とのこと。 いやいや!番号札は何のために?! あ、そういう意味の故障中?! 本当に最後まで飽きない病院です笑 無事、名前を呼ばれカウンターのお兄さんのところに行くと、 またあのセリフが・・・ お兄さん「薬の代金欲しいんだけど君どうやって支払うの?」 土屋『きた!!』 実は前回お伝えした血液検査の時お姉さんが、 「保証金額安いほうで良かったら印刷したから、 薬局に持っていきな!おさらくこの値段でカバーできるでしょ」 とデキる女振りを発揮してくれていたのです! しかし、 私「保険会社が支払ってくれることになっています。この紙にある通り(自信あり気に差し出す)」 お兄さん「金額足りないねえ」 再び撃沈… この時にはもう電話を掛けるためのお金がなくなっていたので、 メールで保険会社にやりとりし、 またしても増額した紙を送ってもらい、 事なきを得ました それからまた待って…「Minami、カウンター7」遂に薬が! 【もらった薬 箱に入っていたのは喉用のスプレー 液体がピンク!】 無事、病院デビューを終える こうしてなんとか初めての病院が終了しました。 因みに着いてから出るまでの所要時間は5時間。 まあ途中保険会社に何度も電話等したせいもあると思いますが… 冷静になってみると疲れたなあ… この日の夜は、 「Minami、日本ではnoodleも食べてるって言ってたよな?」 とホストファザーが買ってきてくれたインスタントラーメンを食べて (本当はうどんのつもりで言ったんだけど…) 20時半くらいに寝てしまいましたとさ。 ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

ケニアの病院で診察を受けてみた3【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです。 ケニアにくるまで、 南極大陸以外の5大陸24の地域に渡航しましたが、 今回初めて病院に行ったので!!! 不調と戦いながらも撮った写真と共に(笑 これまでのケニア病院デビュー記はこちら。 ケニアの病院で診察を受けてみた1【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】 ケニアの病院で診察を受けてみた2【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】 ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ケニアで初の血液検査 ツッコミどころ満載の診察とプチトラブルを なんとかやり過ごした私は、次の血液検査へ向かいました。 土屋「ここは血液検査の場所であってますか?」 お姉さん「入り口にある機械から番号札とって、呼ばれるまで待ってな」 土屋「あぁぁ…そういう仕組みだったんですね、すみません…」 指示通り、番号札を取ります。 意外とすぐに呼ばれ、 カウンター番号を探しているとさっき教えてくれたお姉さんのところへ笑 !!ここから次の写真の前までは少々汚い話なので、お食事中の方等はご注意ください!! 「まず尿検査と検便ね!」とキットを渡されます。 『おう…血液だけじゃなかった…』 そもそもお腹の調子が良くなくて来ていることもあり、 突然検便と言われても採取できませんでした。 とりあえず尿検査キットだけ提出。 「検便は明日にでも持ってきて」と言われたので、 とりあえずほっとしました。 またしても支払い問題、勃発 ここでまた、どこかで聞いたような話が… そう、病院への支払い問題が再び発生。 スタッフ「検査の前に検査料欲しいんだけど貴方どうやって支払うの?」 土屋「保険会社と病院の間でやりとりすると聞いてます」 スタッフ「それを示す紙とかないの?」 私「日本の担当の人に電話繋ぐからやりとりしてもらって良い?」 そこで保険会社の方へバトンタッチ。 『紙をメール添付してもらう話がついたようで早速届いた!』 『良かった!』 と思いきや、 「この保証の金額、貴方の検査料より低いんだけど差額払うの?」 一難去ってまた一難…!! 困ったのでまた電話した結果、 増額した後の紙を送り直してもらうのを待つ間に、 私は検査に進んで良いことになりました。 保険会社の方々の対応の早さに頭が下がります…泣 そして、いよいよ血液検査へ! 今回は50ml以上、 4種類の瓶に採られましたが、 私は注射は問題ないので、じーっと見ながら普通に終了です。 因みに、お願いすれば検査結果はメールで送ってくれます!すげえ! (日本の大きい病院もそうですか?分からないのでどなたかご教示ください!) さあ、あとは薬をもらいに薬局へ! はい、まだ続きます苦笑 ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

ケニアの病院で診察を受けてみた2【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです。 ケニアにくるまで、 南極大陸以外の5大陸24の地域に渡航しましたが 今回初めて病院に行ったので!!! 不調と戦いながらも撮った写真と共に(笑 前回の記事ケニアの病院で診察を受けてみた1【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】の続編です! ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら 病院のスタッフに呼ばれたと思ったら… 部屋に入ると 濃い青の半袖&ズボンスタイルに 短め赤アフロのお姉さんが、   『可愛いファンキーな女医さんだなあ』 と思っていると、 身長、体重、BMI等記入した後 「はい、じゃまたあっちで待ってて」 と医師に近い受付へ後戻り… 『診察じゃなかったんかーい!!! 彼女は看護師さんだったんかーい!!!』 と心の中でつっこみ、また待ちます… ようやく医師の真ん前の待合スペースへ誘導してもらえました。 名前を呼ばれ、今度こそ診察スタート! 飽きない診察? 「どうしましたー?」的なことを聞かれ、 頑張って書いた問診票を指さしながらやりとりしていると 途中から医師が グーグル翻訳に打ち込み→日本語音声を私に聞かせる という技を繰り出し始めました笑 やりとり終了後、診察台へ移動 耳での検温、ベルトで血圧測定、喉のチェック等した後 「寝てー あ、ちょっと待って」 とキッチンペーパーを敷き始めました 『あーなるほど笑 まあ無いよりはいいね』 と横になる私。 お決まりの触診と聴診器タイムに移ります。 『触診くすぐったいし、 聴診器冷たいしどっちも苦手なんだよなあ…』 と思っていると、 なんとどちらも服の上からやりはじめました! 『いや、いいけどさ、聴診器それで聞こえる?!大丈夫?』 とさっきから心の中で騒ぎまくりな私 そうこうしているうちに診察終了   起き上がって先生の机のところに戻ると 診察の結果をボイスレコーダーに記録しているようでした。 後でどうやって使うのか分かりませんが面白い! その後、手書きの処方箋と 血液検査に必要な紙をもらって 更なる院内の旅が続きます… 初病院で初トラブル?   検査に行く前に通った部屋で会計のおば様に 「貴方どうやって診察料払うの?」 と聞かれたのです。   前回書きましたが、 保険会社・病院間で直接やりとりしてくれる キャッシュレス診療の話はついているはず… 私なりに英語で説明してみたのですが 明らかにおば様嫌そうな顔しているし 次に待ってる人いるしで 土屋はビビり&しょげ気味に…   「あなたが建て替えで後で会社に請求するのね?」 と言われ保険会社からの保険金請求書を 印刷したものを渡されました。   でも結局その場でお金の請求がなかったので 『よく分からん』と思い その場で保険会社に電話。 すると、日本は夜中なのにすぐ出て下さり 「担当の方に上手く伝わっていないので私共の方から再度説明します 土屋様は次の検査に進まれてください」と。 『うおおおおありがてえ!!!』 口でもきちんとお礼を述べ電話を切り ふと前を見ると、 電話をしようと夢中で外に出たときには気づかなかった景色が…♫ いい意味で病院らしからぬ開放的な空間のおかげで 無事次に進めそうです…!   いざ血液検査へ。 まだまだ続く・・・ ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら ...

ケニアの病院で診察を受けてみた1【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは) AYINA Japan 東北支部長土屋みなみです。   ケニアにくるまで、 南極大陸以外の5大陸24の地域に渡航しましたが 今回初めて病院に行ったので!!! 不調と戦いながらも撮った写真と共に(笑 お届けします!     ※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※ AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する 『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら   ケニアでの病院デビューを決意…! 日本ではあまり病院に行きたがらない私ですが ただでさえお腹の調子が悪くなりやすいとはいえ、 他にも症状が出てきて 次の週からのインターンに支障がでそうだったのと 早く治してケニアご飯食べたいのと 良い経験でもあるなと思ったのとで(体調悪い割に前向きな私笑) 病院に行くことを決意。   まずは、保険会社に電話しました (そういえば初めての国際電話!) すると、代わりに病院を探し予約の手配もしてくださるとのこと ホストファザーおすすめの病院に 明後日くらいに行こうと思ったのだけれど 支払いを、建て替えでなく 直接保険会社・病院間でできるような キャッシュレス診療の交渉もしてくださるそうで お言葉に甘えてお願いしました   返事は明日ということで 今日はお米のお粥を食べて寝ます   ケニアの病院、初診察の当日 思ったより早く起きてしまい朝ご飯を食べてから再び寝ていると 電話が鳴りました。 保険会社からの内容はこんな感じ。 「本日13時から○○先生の診察予約が取れました キャッシュレス診療の話も通っております」   時計を見ると11:30...

ベナン現地企業で3ヶ月間インターンホームステイ vol.08

こんにちは! 最近洗濯板をルワンダ在住の山田美緒さんから頂き、洗濯がはかどっている大村です。   今回は前々回に引き続き、 ベナンホームステイ中のアクティビティー、全部紹介します!~中編~ をお届けします!   ベナンホームステイ中のアクティビティー紹介前編はこちら   ⑥孤児院訪問 22人の子どもを受け入れている孤児院を訪問させて頂きました! ここでは、掃除や洗濯、時には料理も子どもたちが行う上、 孤児院の中で学校のような教育及び美容師などの職業訓練も行っているとのことでした。 更に、現在パンを焼くための窯を建設中で、 近い将来パン屋を始めてその収益で孤児院を運営したいそうです。   こちらでインターンもできます!   ⑦協力隊の方々の忘年会 ベナンで活動されている、 青年海外協力隊の方々が主催する忘年会に飛び入り参加させて頂きました! 任地も活動内容も、 これまでの経験もばらばらな隊員の皆さんと出会うことができ、 国際協力やキャリアについてまた一つヒントを得られました。 次回のブログでは、 ここで出会った隊員の方の活動を見学させて頂いた時の様子についてもお伝えします!   ⑧結婚式♡ ホームステイ先のお姉さんのお友達が結婚するということで、結婚式にお邪魔させて頂きました! ベナンでは結婚式を三回行うそうで、私が参加したのは二回目の披露宴のようなものです。 100人以上の人が(招待されていないけれども勝手に来た人も含め)結婚をお祝いしました。 ちなみに、結婚式で出てくる飲み物は定番のパイナップルジュースでした。 これからホームステイをされる方も、運が良ければ結婚式に参加できるかも???   ⑨アフリカンヘア体験 ベナンの女性のおしゃれの一つに、髪を編むことがあります。 様々なバリエーションがあるので髪があまり長くなくても大丈夫です。 ベナン人の髪はくるくるしていて地毛を編むことは難しいので、 地毛で編めることをうらやましがられます。 髪を編んでアフリカ服を着れば、ベナン人受けも抜群です!   ⑩海辺をお散歩 大西洋に面したベナンには、綺麗なビーチもあります! 残念ながら波が高すぎて泳ぐことはできませんが、のんびりするには絶好の場所です。 現地の人と行くのがおすすめなので、ホームステイ先の人と行くのがいいかも知れません。 期間限定でこんなライトアップもありました。 以上、ベナンホームステイ中のアクティビティー、全部紹介します!~中編~ でした! 後編もお楽しみに~     アフリカホームステイ情報はこちら ...