AYINA JAPANの活動AYINAメンバーBlog未分類藤内庄司

『アフリカへの距離を縮めるために…』お手伝いしていただけませんか?


みなさんこんにちは!AYINAの藤内です!

 

最近、千葉県の外房の地域に行くことがあったんですが、あまりにも海あり、山あり、畑ありで最高の土地過ぎて、移住を本気で考えている藤内です!

 

みてください、この写真!アフリカ全く関係ないですが、無理やり繋げるとしたら、「この空もアフリカまで繋がってる…」とでも言っておきましょうヽ(´ー`)ノ

 

バーン!!

 

 

これでもかってくらい絶賛曇り空だし、台風前で砂嵐やばいし、こんなに海の魅力が伝わらない写真に初めて出会ったって感じなんですが、気持ちは最高潮だったんです。。。今でも気持ちが浮つくくらいに…

 

そんなふわふわした気持ちを一旦ぐっと押し込めて、今日は真面目なお願いがあるんです!

 

 

アフリカに行きたいと思った時に、頼りにされる団体に

7月1日にAYINA共催のアフリカンフェア2018in狭山が無事終了しました。

重ねて、本当に来場していただいた方、ありがとうございました!

 

そして、実はそのアフリカンフェアの前の日に、AYINAでミーティングしてたんですが、

そこで話が一番盛り上がった話題、それが、、、

 

 

アフリカンホームステイ、もっと盛り上げない?

 

 

アフリカンホームステイってなにそれ?状態の方もいらっしゃると思うので、一応こちら。

 

(参考) アフリカンホームステイとは?

 

アフリカンホームステイって、『アフリカと日本の文化交流を深める』っていう理念に最も近い企画の一つで、もっと盛り上げていかないかって話になったんです。

 

実は今でもちょくちょくと、ホームステイに参加したいという意見を頂いていて、オーダーメイドのホームステイを行っているんです。けれども、本当はもっと頻繁にアフリカンホームステイを企画したいというのが本音。

 

要は、AYINAはこうなりたいんです。

 

アフリカに行きたいと思った時に、まず頼りにされる団体

 

「アフリカ行きたいな〜そういえばAYINAっていう団体あったな…一回連絡してみようかな」

こんな団体になりたいんです。

 

 

じゃあどうやってなるのか?

じゃあどうやってなるのか。。。

そう、そこですよね。

 

まずAYINAの今の現状をお伝えしましょう。

 

① アフリカホームステイへの参加希望者は前年に比べて、激増。まだまだ希望者を伸ばしたい。

② 参加者のほとんどがAYINAメンバー個人の活動だったり、ホームページで活動の様子を見てくれて、応募してくれている。

 

今のAYINAはこんな現状。

 

特に「ホームページで活動を見て…」というのが、結構多いんですよね。

 

アフリカに行きたいなーと思った時に、AYINAのページにたどり着いて、アフリカホームステイ参加を決めてくださったという訳です。

 

そこで、僕たちは話し合いました。

 

もっとHPを盛り上げたい。『アフリカに行きたいなー』と思った時に、すぐAYINAがそばにいる状態にしたい。参加希望者のスマホの画面の向こう側に常にAYINA、が理想!

 

HPを盛り上げて、アフリカへの門戸をさらにたくさん増やすことで、アフリカホームステイへの参加者をどんどん増やしたい。

そう、必要なのは、魅力的な記事をたくさん執筆すること!

 

 

AYINAのその思い、手伝ってくれませんか?

 

参加希望者のスマホの画面の向こう側に常にAYINA

 

これめちゃくちゃ理想なんです。けれども、そんなに簡単ではないこともわかっています。

なぜなら、魅力的な記事を書いてくれる人が圧倒的に不足しているから。

そこで、このAYINAの思いを実現させるために、お手伝いをしてくれる人を募集しています。

 

どんな人を募集してる?

正直、特に限定はしていません!

ただし、今回はボランティアというよりも、プロボノ的な位置づけでの募集をします!

ちなみに、プロボノとは、

 

社会貢献活動というと「ボランティア」との違いはどこにあるのか、と思う方もいるでしょう。プロボノもボランティアも、無報酬で他人のために働くという意味では共通しています。では違いはどこにあるのでしょうか。

その違いは、プロボノは自分が培ってきたスキルを活かした活動であるのに対して、ボランティアはそうでないというところがあります。

プロボノは自らの得意分野を活かせるため生産性の高い活動ができ、自分の市場価値を知るきっかけにも。

出典:プロボノとボランティアの違いは?

 

ボランティアと同じ意味で使われることも多いんですが、ちょっと違いますよね。

プロボノは自分が培ってきたスキルを活かした活動であることが特徴です。

ある種、スキルアップや経験としての活動として定義されるようです。

 

今回はこのプロボノ的な位置づけで、募集したいのです。

 

ただし、上に紹介したプロボノとはちょっと意味合いがずれます。

理想でいうと、

自分が培ってきたスキルを活かした活動である

というよりも、

自分が持っている体験、経験、知識を活かした活動をお願いしたいのです。

 

募集の要項は?

プロボノとして一緒に活動していきたい内容は、記事の執筆です。

記事と言っても、5000文字以上とかの大ボリュームの記事ではありません。

テーマにもよりますが、2~3分でさらっと読めるような記事をお願いする予定です。

頻度ですが、週に1記事〜でも構いません。要相談で決めていきましょう!

募集人数は、特に決めていませんが、初回の募集なので3名程度だと考えています。

実際に記事を執筆する時期も、要相談で決めていきましょう。ただし8月頃を予定しています!

 

 

AYINAからのお礼

こちらも基本的には相談ベースになりますが、自分でブログやサイトを持っている方なら、リンクを乗せることも可能です。その他、AYINAのHPでアフリカンイベントの紹介も可能なので、ご相談ください。

基本的に、お礼の決まりもルールもないので、相談させてください!

 

みなさん、ご協力をお願い致します!

アフリカに行きたいと思った時に、まず頼りにされる団体

 

本気で目指しています。もちろんすぐには叶いませんが、ちょっとずつでも近づいていきたいです。

アフリカをもっと身近にするために、是非一緒に活動しましょう!

 

AYINAプロボノの募集要項

◯ 内容

記事の執筆(2~3分で読める程度)

◯ 記事の作成頻度

要相談(週に1記事〜を想定)

◯ 期間

要相談(8月頃〜を想定)

◯ 募集人数

3名程度

 

もしご協力頂ける方は、問い合わせページからご連絡ください!よろしくお願いします!

 

— AYINAのおすすめ記事コレクション —

◯ NPO文化学習協同ネットワーク居場所さまにてアフリカ交流!

◯ 【アフリカX】アフリカ×山形県置賜地方【アフリカと東北を繋ぐ】

◯ アフリカタイム@山形県東根市アガスケハウスに参加してきました!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA