AYINA JAPANの活動AYINAメンバーBlogケニアケニアインターン体験記土屋みなみ

プロローグ【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】


ご無沙汰しておりました!

AYINA東北支部長土屋みなみです!

突然ですが、

2月から4月までの3ヶ月間

ケニア・ナイロビにある農業・家畜に関する
国家研究機関KALRO
(Kenya Agriculture & Livestock Research Organization)
にて
インターンシップをさせていただくことになりました!

インターン先の写真

アフリカアフリカ騒いでいると、

「これまで何か国行ったことあるんですか?」

「どのくらいの期間行っていたんですか?」

と聞かれることが少なからずありまして、その度にどこかうしろめたさを感じながら

「ベナン共和国1ケ国です」

「まだ2週間ですね」

と答えていました。

そうしていくうちに、

“アフリカ滞在歴長くないコンプレックス”がいつしか芽生えていた訳です。

ベナンに訪れた際の写真(最後部に土屋)

ところが、そんな思いを払拭する機会が訪れました。

2018年度開始からの半年間に渡る心身の不調と

本当にやりたいことをしないと!という気づきです。

私が所属しているリーディング大学院は特殊で

国外でのインターンシップが必須となっています。

リーディング大学院の授業でグーグルに行った際

最初は先生やお世話になっている方からカナダを勧められていました

私の研究ではざっくりいうと今流行りの人工知能系を使っていることもあり、

その関連の会社にいこうと4月くらいから準備を始め

7月下旬にはインターンシップホストから契約書のサインももらい、

あとは大学側の手続きに入る…というところでした。

アフリカに行くと決めてから元気に

一方でプライベート(主に失恋笑)や研究等々のストレスからか

4月から体調の良くない日が続き

5月には検査しても異常無しなのにひたすらお腹を下し

6月には人生で初めて「やる気がぷつんと切れる」という感覚を体験し

7月には軽く不登校になり論文投稿〆切前の大事な時に先生に迷惑をかけ

遂に8月にはカナダの会社にインターン辞退の連絡を入れました。

お世話になった方々への申し訳なさでいっぱいでしたが、

10月にはやっぱり行きたかったアフリカへ行こうと決めました。

偶然なのか5月から飲み始めた漢方薬が効き始めたのか分からないけれど、

アフリカに行く!と決めた辺りから

それまでの半年が嘘だったかのように元気・やる気を取り戻していきました。

(まだ浮き沈みはありますが)

ついにケニア・ナイロビへ

そこから振り出しに戻り、

インターンシップホスト探し、アポ取り、契約書やり取り、ビザ、保険、研究室での引継ぎ等々

バタバタして(もはや間に合ってないこともあるけれど笑)

この記事を書いている頃にはなんとかケニア・ナイロビに降り立つことが出来た訳です。

出発する2週間くらい前くらいからお腹の調子が悪かったり

焼肉を食べた後気持ちが悪くなったり(これまではそんなことなかった…お酒が足りなかったかな…)

風邪を引いたりでしたが、

ナイロビ行の飛行機でラム肉入り炊き込みご飯のようなものを食べて

「来た!このスパイスの香り!!!!」

とテンションが上がって以来、お腹のご機嫌は良いような気がします。

こっちに来てから胃が膨らんでいる気もします笑

ケニアではこんな食事を摂っています

詳細は次回以降にしますが、

今回のインターンシップ先は私の研究とドンピシャという訳ではなく、

アフリカに行きたいがために頑張って考えたインターン先だったので笑

正直今後の業務をこなせるか不安はあります。

でも、

ポレポレ(ゆっくりゆっくり)ハクナマタタ(なんとかなる)

をおまじないに3ヶ月間楽しんでいきたいと思います。

それでは、

土屋みなみ初めてのケニアンライフ便り

お付き合いください♪

他の体験記も見る

土屋が初アフリカを経験した体験記はコチラ

アフリカホームステイの詳細はコチラ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA