AYINA JAPANの活動 イベントレポート

在日アフリカンと日本人をオンラインで繋ぐ交流会「ガボンにドボン!~ガボン人のズゲです!顔 と名前と国だけでも帰って下さい!~」を開催しました!

初めまして!7月からAYINAサポートメンバーとなりました、小日向麻優です。
今回は、8月1日に行われたオンラインイベント「ガボンにドボン!」についてレポートをしていきます。
これが初めての大きな仕事です!よろしくお願いします!※私のツイッターはこちら

オンラインイベント_ガボンにドボン

今回のイベントでは、ガボン人のズゲさんが、ガボンや日本での生活、そして気候や食などのガボン全般、またガボンと日本の違うことについて話してくれました。
最後には、AYINA初の取り組みとして、ズゲさんと参加者の皆様と一緒にリモートシンギング!参加できなかった方々にも、イベント中のほんわかした雰囲気が伝わるように書いていきますので、ぜひ最後までお付き合いください!

陽気な大学院生、ズゲさん

ガボン共和国出身のズゲさんのフルネームは「ズゲ・ゴメ・ナサナエル」。
「ズゲ」が自分の名字(おじいさんの名字)で、ファンというズゲさんの民族では双子が産まれると一人目が「ズゲ」、二人目が「ゼム」になるのだとか。
「ゴメ」はお父さんの民族の名前、「ナサナエル」は聖書からきているそうです。

お名前の由来

私たちは「ズゲさん」と呼んでいますが、実は「ズゲ・ゴメ」が名字、「ナサナエル」がお名前です。
「ズゲさん」がしっくりくるので、引き続きそう呼んでいきましょう(笑)。

ズゲさんには、スターウォーズ、FCバルセロナ、焼肉などたくさん好きなものがありますが、なかでもお気に入りはギターだそうです。
ここで突然ですが、ズゲさんクーイズ!!!
ズゲさんがギターを始めたきっかけは、ある日本のアニメだそうです。
それはいったいなんでしょうか?皆さん、考えてみてくださいね!

ズゲさんクイズ

答えは...「ONE PIECE」です!
「えっ、ガボンでも見られるの?!」と思ったそこのアナタ。
ガボンでは、フランス語で広く放送されているそうです。
ズゲさんも兄弟と一緒によく見ていたとおっしゃっていました。
ONE PIECE好きの私としては、ガボンでも知られていることがうれしいです。
いつかガボンの皆さんとONE PIECEトークがしたいです(笑)。

ガボンにいるときから日本との関わりがあったズゲさんですが、2017年9月に初めて来日しました。
始めの半年間は、東京学芸大学で日本語を勉強し、その後中央大学で1年間研究生として過ごし、2019年からは大学院生です。
大学院では、開発経済学を学んでいます。
「なぜ日本なの?大学院卒業後は何をするの?」と思った方は、ぜひこちらのインタビュー記事もご覧ください!ここに書き切れないズゲさん情報が満載です!

ガボンにドボン!

ここからはズゲさんの出身国、ガボン共和国について紹介します。
ガボンにドボン!ガボン共和国は中部アフリカに位置する、日本の本州ほどの大きさの国です。
なんと、1年間のうち約9か月間が雨期で残りが乾期という気候。
1年を通して気温が30°Cほどで、年中エアコンをつけているそうですよ。
そのせいで、電気代が高くなり困っているとか!この点は日本と似ていますね。
ガボン共和国の国土のうち約80%が森林です。それゆえに、ゾウやマウンテンゴリラなど様々な動物たちが生息しています。
参加者の誰もが『ガボン人のズゲさんなら、日本では見れない野生動物をたくさん見たことあるんだろうなぁ』と思いましたが、「実は、まだ見たことがないんです。見たことある動物はサルとヘビくらい?」とズゲさん。
「サルとヘビなら私たちも見たことあるよ~」と皆さん爆笑のシーンでした。
ズゲさんによると、ゾウやゴリラを見るには、国立公園に行く必要があるそうです。

ガボンの主食はキャッサバやバゲット(フランスパン)。
バゲットはフランス植民地だったゆえですね。
ほかには、オオバコバナナという甘くないバナナを食べるそう。
普段私達が食べているものとは違うようで、どんなものだろう...と思っていると、

オオバコバナナ

ズゲさんが実物を見せてくれました!
私たちが普段からよく見る甘いバナナよりも少し大きいサイズで、ズゲさんは予約して海外から購入しているそうです。
気になった方はぜひトライしてみてください!

終了後は取り壊し!?幻の結婚式場

クイズ_2

こちらの素敵な写真をご覧ください。きれいですよね。
これは、ガボンの伝統的な結婚式です。
両家それぞれ、家族も含めたユニフォームのような衣装を作るそうで、生地は同じですが色や柄が新郎家と新婦家で異なるとのこと。
ガボンではこのように結婚式場を花嫁の家に建てて、式をおこないます。
たくさんのお金をかけて建てられた式場ですが、なんと!式が終わると取り壊してしまうのです!「え~素敵なのにもったいない!」と思わずにはいられませんでした。

結婚式は3回あるようで、この写真は1回目。
日本で言う結納のようなプレゼントを渡す習慣もあり、1回目の式中には両家が新郎から新婦へのプレゼントを何にするか、ガボンの言葉で話し合っているのだそうです。2回目は市役所で(手続きということでしょうか?)3回目は教会で。」と教えてくれた後「3回やるのでお金がかかります笑」と加えた、おちゃめなスゲさんでした。

コンビニ「マクドナルド」

ガボンのコンビニ

ガボンにもコンビニがあります。日本のように24時間営業ではなく、朝8時から夜の10時までの営業時間です。
泥棒などの防犯対策ゆえだそうです。
ところで、この右上の写真の店をよくご覧ください。

マクドナルド?

店名がマクドナルドになっていますよね!
もちろんこれはあのマクドナルドではありません。
ガボンでは、自分で店を立てたら、自分が好きな名前を付けるのが主流だそうです。
店主さんはそれほどマクドナルドが好きなのでしょうか...?

Fang語で「ありがとう」はあの場所と一緒!

ここまでズゲさん自身やガボンについてたくさんのことをシェアしてくださったズゲさんに、感謝の気持ちを伝えたくなってきましたよね。
ズゲさん!ズゲさんの民族の言語、Fang語で「ありがとう」はなんていうのか教えてください!

「Akiba(アキバ)」です。

ありがとう

ズゲさんも初めて秋葉原に行ったときは、「すごい!」と驚いたとおっしゃっていました。
私たちにとっても驚きですが、覚えやすくていいですよね!

リモートシンギング♪

AYINAイベント初の取り組みです!ズゲさんのウクレレを伴奏に、参加者の皆さんとともにリモートで、country roadを歌いました。
あの一体感、とても素晴らしく、運営一同感動しました。
歌ってくださった皆さん、ありがとうございました!

参加型イベント!

AYINAが企画しているオンラインイベントでは、今回のリモートシンギングだけではなく、チャットも活用して、参加者の皆さんに楽しんでいただけるようになっています。
チャットでは、皆さんが感想や質問を思い思いに発信しています。
とてもアットホームな雰囲気です。
ただ聞くだけじゃない、皆さんも参加して楽しめるイベントを今後も企画していきますのでぜひ、ご参加ください!
ここまで読んでくださり、ありがとうございました!

在日アフリカン事業サポーターさま募集

私たちAYINAは、今年から在日アフリカンの方に対するプロジェクトに専念しています!

クリックして頂くと支援ページへ飛びます

事業を立ち上げて軌道に乗せるまでのマンスリーサポーターを募集しております!

クリックしていただくと在日アフリカン事業の概要をご覧いただけます

月500円から参加いただけ、毎月メルマガで進捗の報告を得られ、一緒にプロジェクトを作り上げる仲間になることができます!

よろしくお願いします!

-AYINA JAPANの活動, イベントレポート
-, , , ,

Copyright© 特定非営利活動法人AYINA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.