AYINAメンバーBlog藤内庄司

【乾季こそ食が実る!】セネガルでは乾季が食の恵みをもたらす!玉ねぎからマンゴーまで!


みなさん、こんにちは!AYINAの藤内です!

今回のAYINAライターはまいさん。

まいさんには前回、セネガルの気候について書いていただきました!

【セネガルの気候】セネガルの気候は人間にも影響あり!雨季と乾季を知ろう!

この記事が大好評だったため、セネガルの気候についてもっと詳しく知るために、

セネガルの乾季と雨季に分けて、記事を書いていただきました!

 

今回は、セネガルの乾季について。

セネガルの乾季について、現地在住者が語ってくれました!

 

では、早速ご紹介しましょう!

 

※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※

日本では得られない新しい価値観を創るアフリカ旅

AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら

 

 

* * *

 

 

セネガルの気候〜乾季〜

セネガルの乾季はいつからいつまでか?

その問いに答えるとすれば、10月中旬から6月下旬です。

日本で乾季というと雨が少ない時期をさすそうですが,セネガルは本当に雨が降らない時期なのです!!

毎週のように雨が降る日本に住んでいたら,全然想像つかないですよね。

雨がないってとても変な感じがしました。

去年の雨季が終わって初めての乾季を迎えるとき、

「ここから9か月雨がないのか・・・」

と覚悟した記憶があります。

 

 

セネガルの乾季は過ごしにくい??

セネガルでは、乾季は全く雨が降らないので,洗濯物の心配がありません。

ですので、個人的には天気予報もいりません。

非常に、空気が乾燥していることは確かです。

セネガルの乾季を例えるとすれば、例えば洗濯物。

洗濯物は外に出すと2時間くらいで乾いてしまいます。

日本ではなかなかないですよね。

 

熱風が吹く日中は道を歩いているだけでのどがカラカラです。大量に水を飲むようになるのですが,汗がすぐに蒸発してしまうので汗をかいている感覚がありません。そして、敏感な日本人の肌も乾燥し,かかとが割れていきます。

一番びっくりしたことは,ウエハースを開けっ放しにしても全く湿気らずパリパリッということです。

 

 

そして、12月が近づくとやってくるのがハルマッタンです。

 

ハルマッタンについては前回の記事でも紹介しましたよね。

【セネガルの気候】セネガルの気候は人間にも影響あり!雨季と乾季を知ろう!

 

乾燥してきわめて細かい砂を含むためとてもやっかいです。

窓ガラスがない風が入り放題の私の家では,机を拭いても拭いても5分でざらざらという状態になりました。それだけでなく,健康にも被害を及ぼします。日本大使館からも外出時の注意のメールが届くほどのレベルです。現地では風邪や喘息のような症状が増えます。子供たちはくしゃみと鼻水が止まりませんね。

 

そして、セネガルの乾季のもう一つの特徴は、昼と夜の寒暖差が大きいということ。

朝晩はぐっと冷え,みんな毛布をかぶって寝ます。「今日は寒いね」が挨拶の定番になります。もこもこのダウンを着ていたり,セーターを着ていたりと日本で見る光景を、セネガルの乾季には見ることが出来ます。こんなに着るの大げさって思ってしまいます。

 

 

セネガルの乾季=水がないのに食べ物がある時期

雨季と景色はがらりと変わり,道や空き地は草も生えない砂地になります。

しかし、驚くことに、乾季になると野菜が増えます!!

特に、セネガルの乾季真っ只中の2月から5月のマルシェは賑わっています。私の住んでいるセネガルの村でも井戸に水が十分でない中,野菜栽培を行っています。畑には日本でもおなじみのトマト・ナス・ピーマンなどが植えられています。

その中でも、この時期に特に力を入れているのが玉ねぎです。玉ねぎはセネガル料理にかかせません。

一年中ある玉ねぎは半分はオランダからの輸入品です。

セネガルでは、12月から栽培を始め,4月頃に収穫します。ここから9月頃までの短い間だけセネガル国産の玉ねぎが市場に出回ります。玉ねぎの収穫が終わるとそれと同時に畑をやめてしまう人が多いです。セネガルの玉ねぎ農家さんは、ほんとうに玉ねぎ中心の畑作業ですね。

そして、お待ちかねのマンゴーの季節がやってきます。

セネガルでは乾季の4月頃からだんだんとマンゴーが道に出始めます。私も友達の家のマンゴーの木で毎週のようにマンゴー狩りをしていました。

よく見るとマンゴーも種類がたくさんあり,どんどん品種が入れ替わります。私は、毎回リュックいっぱいに持ち帰り、食べきれない分はコンポートにしました。一日に何個も食べられるなんて贅沢していました。カラカラの季節にジューシーなマンゴーの組み合わせは幸せです。

全く雨が降らないのにその期間に花が咲き大きく実をつけるセネガルのマンゴー、とても不思議ですね。

本当にフルーツは『恵み』です。

ちなみにセネガルでは、道に生えてるマンゴーは子供たちの餌食に。

石や木の棒を投げてマンゴーを落とします。

一緒に落ちた葉は大事な山羊と羊のご飯になっています。

セネガルでは、大人たちは「緑のマンゴーはお腹を壊す」っと言って食べませんが、子供たちには緑で硬く酸っぱいマンゴーに塩を付けてばりばり食べるのがいいらしい。

黄色になってから取ろうよと言ってもそんなのお構いなしです。

 

 

 

セネガルの乾季にしかできないこと

それは、ジュッジ国立公園で鳥をみることです。

ここは首都から6時間ほど北に行ったサン・ルイと言われる地域にあります。

ラムサール条約で保護された湿地帯になっていて,毎年乾季に多くの鳥がやってきます。

みんな「鳥公園」と呼んでいるのですが、私はまだ行ったことがありません。

今年チャレンジしてみます。

 

 

* * *

 

セネガルに渡航する際には、やっぱり乾季なのか雨季なのか知りたいところ。ただ、乾季と言われても日本人にはなかなか、セネガル現地の生活環境は想像しにくいですよね。

この記事を書いてくれたまいさんは、現地に根付いて生活している方なので、その情報は非常に信頼できます!

もし、セネガルの乾季に渡航の際は、是非AYINAにご相談ください!

現地に根付いた旅をお手伝いしますよ^ ^

 

 

※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※

日本では得られない新しい価値観を創るアフリカ旅

AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら

 

 

— AYINAのおすすめ記事コレクション —

◯ NPO文化学習協同ネットワーク居場所さまにてアフリカ交流!

◯ 【アフリカX】アフリカ×山形県置賜地方【アフリカと東北を繋ぐ】

◯ アフリカタイム@山形県東根市アガスケハウスに参加してきました!

 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA