AYINAメンバーBlogケニアインターン体験記土屋みなみ

ケニアの病院で診察を受けてみた3【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】


Jambo(ジャンボ:こんにちは)


AYINA Japan
東北支部長土屋みなみです。


ケニアにくるまで、

南極大陸以外の5大陸24の地域に渡航しましたが、

今回初めて病院に行ったので!!!

不調と戦いながらも撮った写真と共に(笑

これまでのケニア病院デビュー記はこちら。

ケニアの病院で診察を受けてみた1【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】
ケニアの病院で診察を受けてみた2【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※

AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する

『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら

ケニアで初の血液検査

ツッコミどころ満載の診察とプチトラブルを

なんとかやり過ごした私は、次の血液検査へ向かいました。

土屋「ここは血液検査の場所であってますか?」

お姉さん「入り口にある機械から番号札とって、呼ばれるまで待ってな」

土屋「あぁぁ…そういう仕組みだったんですね、すみません…」

指示通り、番号札を取ります。

意外とすぐに呼ばれ、

カウンター番号を探しているとさっき教えてくれたお姉さんのところへ笑

!!ここから次の写真の前までは少々汚い話なので、お食事中の方等はご注意ください!!

「まず尿検査と検便ね!」とキットを渡されます。

『おう…血液だけじゃなかった…』

そもそもお腹の調子が良くなくて来ていることもあり、

突然検便と言われても採取できませんでした。

とりあえず尿検査キットだけ提出。

「検便は明日にでも持ってきて」と言われたので、

とりあえずほっとしました。

またしても支払い問題、勃発

ここでまた、どこかで聞いたような話が…

そう、病院への支払い問題が再び発生。

スタッフ「検査の前に検査料欲しいんだけど貴方どうやって支払うの?」

土屋「保険会社と病院の間でやりとりすると聞いてます」

スタッフ「それを示す紙とかないの?」

私「日本の担当の人に電話繋ぐからやりとりしてもらって良い?」

そこで保険会社の方へバトンタッチ。

『紙をメール添付してもらう話がついたようで早速届いた!』

『良かった!』

と思いきや、

「この保証の金額、貴方の検査料より低いんだけど差額払うの?」


一難去ってまた一難…!!

困ったのでまた電話した結果、

増額した後の紙を送り直してもらうのを待つ間に、

私は検査に進んで良いことになりました。

保険会社の方々の対応の早さに頭が下がります…泣

そして、いよいよ血液検査へ!

今回は50ml以上、

4種類の瓶に採られましたが、

私は注射は問題ないので、じーっと見ながら普通に終了です。

因みに、お願いすれば検査結果はメールで送ってくれます!すげえ!

(日本の大きい病院もそうですか?分からないのでどなたかご教示ください!)

さあ、あとは薬をもらいに薬局へ!

はい、まだ続きます苦笑

※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※

AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する

『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA