AYINAメンバーBlogケニアケニアインターン体験記土屋みなみ

田舎パワー充電の週末・車窓からの景色もお届け①ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×工学の可能性を探しに~


Jambo(こんにちは)

2月から4月までの3ヶ月間、

ケニア・ナイロビにある農業・家畜に関する国家研究機関KALRO
(Kenya Agriculture & Livestock Research Organization)

にてインターンシップ中の、

AYINA東北支部長土屋みなみです

 

渋滞はどなたも好きでないとは思いますが、

それに加えて私は人が多すぎるのが苦手なようで

どの国でも都会は向いていないなぁと思い始めています。

物心ついた時から今まで、

日本では住むところに関して東北を出たことがなくそれも関係しているのかも…

 

ということで今回は、

2県またいで田舎パワーを充電しに行ってきた週末を、

車窓からの景色と共にお届けしたいと思います

 

さらばナイロビ

田舎好きと何度も口にしてきたせいか、

週末にホストファザーが田舎に連れて行ってくれることになりました。

早速出発です!

 

ナイロビを出るあたりはこんな景色

ショッピングモール内の観覧車
ナイロビへ続く道路が建設中のようです
建設中の道路の近くで走るロバさん笑
ちょっとナイロビを離れると、野菜を育てているらしいグリーンハウスも
ちょっと雨が降りました すぐ止みましたが

 

地球を感じる壮大な景色

しばらく走ると、いつも以上に壮大な景色が見えてきました

大地溝帯!

 

ここで、大地溝帯について少しご説明しますね!

 

地球の表面を覆う十数枚の厚さ

100 kmほどの岩盤であるプレートが引き裂かれて

その底が凹んでしまった溝のことを地溝帯と言いまして、

実はアフリカには世界最大の地溝帯があるのです。

それがアフリカ大地溝帯と呼ばれるもの(名前そのまんま笑)

 

「大陸は遠い昔ひとつだったが、長い時間をかけて分裂している」

という話を私は前に聞いたことがあるのですが、

今でもその分裂は続いていて

今回見えている東アフリカ大地溝帯は

今でも両側が年に数mmの速さで離れているんだとか…!

以上、wikipedia&コトバンクを参考にしました

 

日本でも火山や地震で地球の息吹を感じることがありますが、アフリカでもそうなんです!

 

ナクル県のナイバシャ付近へ

「もうそろそろナイバシャだよ」と言われ前を見ると、大地溝帯にあるナイバシャ湖が!

付近には観光客が集まる高級ホテルもあるようです…!

 

因みに大地溝帯にあるケニアの湖沼群

(エルメンテイタ湖、ナクル湖、ボゴリア湖)は、

2011年に世界遺産に登録されました。

フラミンゴを見ることが出来るんだとか!

アフリカというと乾燥地帯やサファリのイメージがあったかもしれませんが、

実は湖もあるんですよ~!

 

走り続けると今度はインターン先であるKALROのナイバシャ支部が

更に走ると、ちょっと違った景色が見られます

木陰で休む人
緑かと思いきやこんな乾燥した地域も
おおお!シマウマさんが道端に!

 

そんなこんなしているうちに、

目的地近くのスーパーに到着です。

スーパーの紹介はまた別の機会にしますね!

ここのスーパーは日曜日でもオープンしていました

 

必要なものを調達し、いよいよ目的地周辺です

この緑の先が目的地でした…!

 

ホストファザーから

「家族のことはブログに書かないで~」

と言われているので家の写真を載せることは出来ませんが、

静かで緑いっぱいの素敵な場所に改築したばかりの可愛らしいお家がありました♪

 

次回は近くのお知り合いの農場にお邪魔した時のことを中心にお伝えします

 

はいそうです、続きます。それではKwaheri(クワヘリ:さようなら)

 

 

※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※

AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する

『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA