AYINAメンバーBlog 土屋みなみ

【アフリカ×東北in山形県米沢市】第1回ポレポレキャラバンin米沢

東北支部長土屋みなみです

 

今回は2019年10月5日に山形県米沢市の九里学園高校で開催させていただいた、第1回となるポレポレキャラバンin米沢についての報告をお送りします

 

【イベント概要】

今回のイベントは3本仕立て+αでした!

 

ポイント

・ダンス教室

・キベラスラム(※1)内にあるマゴソスクール(※2)についてのトークショー

・ケニアンライブ&ダンス

+アフリカグッズ販売

※1 キベラスラム:ケニアの首都ナイロビの最大級のスラム

※2 マゴソスクール:今回のゲストの一人である早川千晶さんとお友達のケニア人リリアンさんが設立し、今年で20年目を迎える、キベラスラム内の孤児・ストリートチルドレン・貧困児童のための駆け込み寺

 

ゲストは豪華3名!

 

・早川千晶さん:ケニア在住歴31年。キベラスラムのマゴソスクール運営者。撮影コーディネーター、通訳、ライター、「アフリカに深く触れる旅」案内人。ミリティーニ村にてジュンバ・ラ・ワトト(子どもの家)、キベラスラム出身の高校生・大学生の奨学生グループ「マゴソOBOGクラブ」、マゴソ洋裁作業所、障がい児特別学級などを運営している。

 

・大西匡哉さん:ケニアのドゥルマ民族の村で、伝統文化継承者スワレ・マテラ・マサイ氏に師事し、8年間に渡るケニア音楽修行を終え2013年帰国。2018年、ドゥルマ民族の伝統音楽センゲーニャの継承者・14名の旗持の1人として正式に就任。

 

・Kawaraちゃん:2005年ケニア渡航時に訪問した村で、立ち上がって間もないような子どもが踊ったり、奥ゆかしいおばあちゃんも楽器をひょいと奏でたりする様子を見て衣食住と同じ位置にある音楽が実現できたらと感じ、探究を続けている。「日常の中の表現」をテーマに老若男女、誰でも参加できるワークショップやライブを、各地で行っている。

 

会場は九里学園高校の教育センターホールをお借りしました!

こんなに立派!

 

また当日は、スタッフとして高校生の方々がたくさん動いてくださいました!本当にありがとうございました!

 

開催の経緯① ゲスト3名との出会い

私が初めて千晶さんと匡哉さんを拝見したのは2017年。仙台でおこなわれた千晶さんと匡哉さん、そしてマゴソスクールのダン校長先生によるライブでのことでした。

その時の感動が忘れられず、2019年4月に実際にケニア・ナイロビのキベラスラムとマゴソスクールにお伺いすることに。現地の方々の力強く生きる姿に感銘を受けたものです。

 

帰国後は2019年6月に仙台でのライブでダンス講師のKawaraちゃんと出会います。このライブの終わりにマゴソスクール設立20周年記念ライブの全国講演が発表され、「米沢市にも千晶さん、匡哉さん、Kawaraちゃんに来ていきただいたい!一人でも多くの方に、キベラスラムやマゴソスクールの方々の力強く生きる様子を知っていただき、ケニアの音楽も楽しんでいただきたい!」と勢いで企画を決めました。どのくらい勢いがあるかというと、6月23日その日のうちに千晶さんたちにお願いして仮日程を押さえていただいたくらいです笑

6月23日のライブ終わりに撮らせていただいた写真!前列が千晶さん&一番右が匡哉さんです!

 

こういう訳で、初めて千晶さんのライブにお伺いしてから2年越しに自分が住むところにお呼びできることになりました。感無量!

 

千晶さんたちとメッセンジャーで打ち合わせしている中で、AYINAの理念や知り合いの在日アフリカンの方の意見を等々踏まえ「アフリカイベントに在日アフリカンの方々がいないのは良いのだろうか…?」と疑問に思い始めましたが、千晶さんと話し合わせていただいた末、以下の理由から今回の形にすることに決定しました。

 

・キベラスラムについては、アフリカ人であっても誰もが共感するわけではなく、むしろ、スラムに嫌悪感を覚える方もいらっしゃる(千晶さん談)。

→つまり、千晶さんだからこそ話せる内容!

 

・千晶さんはケニアに住んで31年、匡哉さんはドゥルマ民族に師事して8年、Kawaraちゃんはケニアで音楽に惚れ、探求し始めて15年目

→ゲスト3人とも最早ケニアン!

 

この悩み以外にも、トークを主催者である私と千晶さんの対談形式にするのか千晶さん一人に話していただくのか等々、細かく決めなければいけないことがいくつかありました。私は企画や当日裏方として動かせていただくのが好きであるが故に、これまではゲストの方にお任せするところが多かったのですが、主催者として開催意図等自分の意見を持つところははしっかりもっておかないと、かえって伝え方が適切でなくなってしまったり分かりにくくなってしまったりすることもあり得るのだなぁと学ばせていただきました。

 

開催にあたっての想いはこちらの記事の後半も是非ご覧いただきたいです!

【10月5日】第1回ポレポレキャラバン in山形県米沢市

 

 

開催の経緯② 九里学園高校と鈴木精先生との出会い

AYINAブログを過去から読んでくださっている方にはもうおなじみかもしれません。九里学園高校と鈴木精先生!鈴木精先生は青年海外協力隊OBで2年間ザンビアにいらっしゃいました。以来アフリカに惚れ込んだらしく、今ではアフリカ愛好会in米沢(今勝手に名付けました笑)としてアフリカXアフリカンフェスタin九里等々でコラボさせていただいております。今回も会場手配から当日の学生さんの采配まで、大変お世話になりました…

 

当日の様子をおすそ分け

ロビーでは、マゴソスクール創立者リリアンさんたちが作ったカラフルなアフリカグッズ販売コーナーが♪売り上げはキベラスラムやマゴソスクールへの応援になります!

今回は新作も多かったですね~いつ見てもどれも可愛くて、悩みます! スタッフの高校生さんにもご購入いただきました ありがとうございました!

 

さ~て、イベント一発目はKawaraちゃんによるダンス教室!なんと東アフリカの布“カンガ”をもってきてくれて、来場者の皆様に着付けてくれました 素敵…!

 

ダンスビギナーズにも優しく、分かり易く、楽しく進めてくださいました!

千晶さんからキベラスラムやマゴソスクールのお話をしていただく前に、簡単に私と精先生からご挨拶

 

こういうの緊張するんですよね…

 

千晶さんにバトンタッチして、ケニアに根を下ろすまでの旅の話や、キベラスラム、マゴソスクール、マゴソスクールOBOGたちの今について等々…1時間たっぷりお伺いしました!

涙をこらえて聞く来場者の方も… 私は受付から 聞き耳を立てて 耳を澄ませて拝聴しておりました 現地にお伺いしたときのことが思い起こされて、感動ひとしおでした…

 

最後はお待ちかねのライブ!

匡哉さんは、伝統太鼓ンゴマのみならずギターやカヤンバという平たいマラカスのような楽器等々、多彩に操られます。 そしてお二人、歌が本当にお上手なんです 綺麗にハモる! (プロに対しては誉め言葉でなくむしろ失礼かもしれませんが…)

そういえば、前日の夜打ち合わせさせていただいたときも、体調に気を付けているとおっしゃっていたなぁ… 素晴らしきプロ意識

 

最後にみんなでダンスを踊りました!

こういう場を見ているととっても嬉しくなります

九里学園高校の校長先生が最初から最後まで参加してくださいました…お元気だし、ありがたい限り!

九里学園高校ダンス部の方々がアフリカ音楽に合わせてヒップホップ系のダンスを踊ってくれる一幕もあり、先生方がノリノリで前に出てくださる面もあり、最高の1時間強でした(因みに私は一瞬入っただけで次の日筋肉痛……💦)

 

今回はあまり広報できなかったものの、このイベントのために初めて挑戦したクラウドファンディングで17人の方に応援していただきました 本当にありがとうございました…

 

なお、ポレポレキャラバンは11月18日まで全国各地で開催中です!

 

こちらからお住まいのところの近くの会場を探してみてください! 

実際に足を運んでいただけたら嬉しいです

 

私が米沢市にいられる時間も限られてきましたが、まだまだ出来る限り東北にアフリカの風を吹かせていきたいと思いますので、引き続きよろしくお願いいたします♪

-AYINAメンバーBlog, 土屋みなみ

Copyright© 特定非営利活動法人AYINA , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.