AYINA JAPANの活動 AYINA アフリカ紹介 在日アフリカンインタビュー

日本の建築テクノロジーを母国ガーナに!日本在住8年目アリさんの夢に向けた学びと経験

『The Lives of Africans in Japan(在日アフリカンの人生)。この企画では、

日本に16,000人いるといわれている在日アフリカンの方にフォーカスし、その方の魅力、

出身国のリアルなお話、実際に日本に住んでみての感想などを教えていただきます。

今回のゲストは、ガーナ共和国出身のアリさんです!

自宅からインタビューを受けてくださったアリさん

現在、埼玉県に住んでいるアリさん。

彼はガーナ共和国のクパンドゥで生まれ、首都アクラで育ちました。

なんと今年で、日本在住歴8年目に突入です。

日本語もとても上手で、インタビューも日本語で応じてくださいました。

母国ガーナでは電気工事士として、今は日本で大工さんとして働いていらっしゃいます。

日本人の奥様がいらっしゃり、インタビュー中はお二人の

仲睦まじい一面を見ることもできました。

アリさんはなぜ日本を訪れたのでしょうか?

彼の日本の建築技術への関心、母国ガーナでの起業の夢、

またガーナの魅力など、たくさんのお話を伺うことができました。

続きの記事も是非お楽しみください!

 

工事・建築のテクノロジーを学びに日本へ

AYINAりえ
アリさん、今日はよろしくお願いします!早速ですが、アリさんはいつ日本に来られたのですか?

よろしくね〜!日本に来たのは2013年の10月20日だったな。最初の2年くらいは、コカ・コーラで働いていたんだ。今は大工さんをしていて、今年で6年目になるね。
アリさん

AYINAりえ
長いですね!母国のガーナではなんのお仕事をされていたのですか?

ガーナでは、お兄ちゃんと一緒に電気工事士として働いていたんだ。
アリさん

AYINAりえ
なぜ日本に行こうと決めたのか、とても気になります。

日本を初めて知ったのは、14歳の時。中学生のときに受けた社会の授業だった。日本にはたくさんのテクノロジーがあることを知ったんだ。海上の空港や、アクアラインとか。地震が多いこともそこで知った。それが本当かどうか確かめたかったんだ。そして僕は日本のテクノロジーを勉強をして、またガーナに帰ろうと思ったんだ
アリさん

※アクアラインとは…東京湾の中央部を横断し、神奈川県川崎市と千葉県木更津市をつなぐ約15.1kmの有料道路です。約10kmの海底トンネル(アクアトンネル)と、約5kmの橋りょう(アクアブリッジ)という構造になっており、1997年に開通しました。調査には約20年、建設には約10年を要し、世界最大規模の海洋土木工事として知られています。

<参考>「東京湾アクアラインについて」東京湾横断道路株式会社ウェブサイト

海底トンネルに潜入!東京湾アクアライン裏側探検

東京湾アクアラインは、東京湾の中央部を横断し、神奈川県川崎市と千葉県木更津市を結ぶ延長約15.1kmの有料道路です。 2018年12月時点(出典:国土交通省HPより) ...

 

AYINAりえ
日本の工事や建築のテクノロジーは、ガーナとどのように違うのですか?

ガーナと日本のやり方は、全く違う特に、建築のスピードは日本はとても早いよ。日本のテクノロジーはNo.1だよ。ガーナではそんなに早くできない。それと、ガーナでは、お給料をもらったら少し工事を進める。その繰り返し。だから工事の期間も長くなってしまうんだ。
アリさん

AYINAりえ
テクノロジーだけではなく、費用の集め方まで違うのですね。

そうなんだよ。だから僕は日本のやり方をたくさん学んで、来年ガーナに帰るんだ。
アリさん

AYINAりえ
来年!もう直ぐですね。日本とガーナの違いについて、ほかに驚いたことはありましたか?

日本ではみんな掃除するよね、社長も含めて。ガーナではそんなことはないから、とても驚いたなあ。
アリさん

お仕事に日本語の勉強。忙しい日本での生活

AYINAりえ
日本に来てから、一番大変だったことはなんですか?

仕事だよ。時間が早いし、日本は仕事ばかり。今は4時20分に起きて、5時に家を出るんだ。通勤にも時間がかかるから大変だよ。
アリさん

AYINAりえ
毎日4時20分に起きるのですか?!早い…。ガーナでは、何時くらいからお仕事を始めるのですか?

ガーナだったら起きるのは5時。それからイスラム教のお祈りをして、仕事に向かうんだ。ガーナでは遠い場所に行って仕事はしないから、通勤には時間はかからないよ。もし遠いところで仕事をするなら、そこに泊まるんだ。
アリさん

AYINAりえ
5時でも充分早い!(笑)それでも、通勤時間は日本の方がたくさんかかるから、大変ですよね。ほかに大変だったことはありますか?

日本語はとても難しいので、苦戦したよ。最初は全く喋れなかったので、とても大変だった。それに、日本では英語はあまり使わないよね。インタビューを日本語でやるのは、とても良い練習になるから嬉しいよ!
アリさん

AYINAりえ
そうですね…。日本は英語が苦手な方が多いですよね。(汗)私も今、英語勉強中です!

そうだね。でも、最近は少しずつ変わってきているよ!中学校とかで勉強をして、みんな少しずつ喋れるようになってきているんじゃないかな。みんな、英語頑張って!僕は日本語を頑張る。
アリさん

AYINAりえ
ありがとうございます!頑張ります。ところで、アリさんはガーナでも日本語を勉強していたのですか?

いや、日本語は日本に来てから勉強し始めたよ。ガーナにも小さな日本語学校はあるけどね。僕は急に日本に来て、急に勉強し始めた感じ。
アリさん

AYINAりえ
日本に行くことを、ご家族やご友人は驚かれましたか?

驚いていたよ〜。家族には言わずに日本に来て、「今、日本にいる」って電話したからね。(笑)
アリさん

AYINAりえ
それは驚くに決まってます!(笑)アリさんの行動力、本当にすごいです。

日本語の教材を見せてくださったアリさん。日本語のアプリなども使っているそうです。

ハートはガーナに1つ、日本にも1つ。起業に向けての日本での学び

AYINAりえ
ところで、アリさんはご兄弟がいらっしゃいますか?

3人兄弟で、僕は末っ子だよ。お兄ちゃんは自分の会社を持っているよ。
アリさん

AYINAりえ
そうなんですね!アリさんは、誰かと一緒に会社を始めたいと考えていますか?

いや、ガーナではひとりで起業したい。ひとりで会社を始めて、そこに来た人に僕のところで学んでもらうんだ。
アリさん

AYINAりえ
なるほど。今、日本でチャレンジしたいことはありますか?

ないかな。今の生活が大事。僕はただ日本のやり方を勉強したいんだ。仕事のやり方も、文化も。日本に来てからたくさんの友達や、勉強が僕をより成長させてくれたと思う。僕のハートは日本に1つ、ガーナにも1つだよ。
アリさん

AYINAりえ
学びたいという意欲、とても素敵です。日本がもっとこう変わればいいなと思うことはないですか?

ないね!それに日本人は優しいよ。どの国にも悪い人はいるけれど、大抵の日本人は優しいと思う。でも、みんなシャイだよね!ちなみに、僕もシャイ。(笑)
アリさん

AYINAようた
アリさんは、日本人の奥様とどうやってお会いしたのですか?

それ聞くの!(笑)電車の中で初めて会って、話しかけて友達になったのがきっかけだな。2014年だったかな…?(奥様の訂正)あ、2015年か!
アリさん

AYINAりえ
運命的な出会いをしたのですね〜!素敵です。

奥さんは英語がペラペラだから、日本語を喋ってくれないんだよ。(笑)
アリさん

AYINAりえ
お仕事先では、何語を使うのですか?

日本語だよ!喋るのは簡単になってきたけれど、やっぱり読んだり書いたりするのは難しい。ガーナに行く前に半年ぐらい、たくさん勉強するって決めてるんだ。日本語学習アプリもたくさん使っているよ!
アリさん

AYINAりえ
アリさん、日本語本当に上手ですよ!言語習得に何かコツとかあるのでしょうか?

なんだろうな。僕にとっては喋るのは結構簡単なんだ。僕はガーナでは12個の言語を喋るよ。
アリさん

AYINAりえ
12?!ガーナには本当にたくさんの言葉があるのですね。アリさんは新しい言語を習得するのに長けているような気がします…!

「奥さんはいつも胸の辺りにいる!(笑)」と話す身長193cmのアリさん。ドアはかがまないと通れないそう。ちなみにガーナ人男性の平均身長は約170cm だそうです。(筆者調べ)

やっぱり恋しい!母国ガーナのフェスティバルと食べ物

AYINAりえ
先ほど、ガーナにも日本にも1つずつハートがあるとのことでしたが、やっぱり、ガーナの文化が恋しくなる時はありますか?

もちろんだよ。本当に恋しい。特にフェスティバルとか。
アリさん

AYINAりえ
ガーナにはどんなフェスティバルがあるのですか?

たくさんあるよ!ダンバフェスティバル、ホヴェチョチョフェスティバル、ガンフェスティバル、アシャンティフェスティバル…などかな。僕は見るだけだけど、音楽、ダンス、ドラムがあって、本当に楽しいよ。
アリさん

AYINAりえ
いろんなお祭りがあるのですね!調べてみると、みんな本当に楽しそう。おすすめの料理はありますか?

フーフ、ワチェ、ジョロフライス、バンクー、トゥオザフィーなど、恋しくなる食べ物がたくさんあるよ!僕はTuo Zaafi(トゥオザフィー)が一番好きかな!
アリさん

AYINAりえ
すごく美味しそう…!ガーナ料理は、スパイシーな食べ物や、トマトをベースにするものが多いのですね。食べてみたい!

一緒にガーナ行こう〜!ビーチもとってもきれいだよ。ガーナは夏も冬もないから、いつでもビーチに行くことができる。日本では、お仕事大変だからフリータイムは家でずっと寝てるよ!
アリさん

AYINAりえ
フリータイムにビーチに行くの、とても良いですね…!ちなみに、好きな日本料理はありますか?

日本料理は、ステーキとお味噌汁が大好き!あと焼肉。焼肉は絶対牛タンだね。
アリさん

ダンバフェスティルの様子。年に一度、1週間ほど開催され、子供からお年寄りまでたくさんの人が踊って楽しむそう!出典:Damba Festival - Visit Ghana, VisitGhana.com

アリさんの好物の一つ。ガーナ北部でよく食べられるTuo Zaafi(トゥオザフィー)出典:Tuo Zaafi- Hutwise.com

おわりに

みなさん、いかがだったでしょうか?

写真からも伝わるように、アリさんはとても丁寧に、

笑顔でインタビューに応じてくださいました。

日本とガーナ両方の文化を尊敬し、大切にするアリさん。

日本のテクノロジーに対する学びの意欲、そしてそれを

母国ガーナで活かしたいという熱い想いがしっかりと伝わってきました。

そんな彼をAYINAメンバー一同、全力で応援しています!

最後に記念写真!学生メンバーの多いインタビューでしたが、優しくたくさんのことをお話ししてくださいました。ありがとうございました!

《取材=りえ, 記事=りえ, 撮影=ひなこ》

在日アフリカン事業サポーター募集中

私たちAYINAは、今年から在日アフリカンの方に対するプロジェクトに専念しています!

クリックしていただくと支援ページに飛べます

事業を立ち上げて軌道に乗せるまでのマンスリーサポーターを募集しております!

クリックしていただくと在日アフリカン事業の概要をご覧いただけます

月500円から参加いただけ、毎月メルマガで進捗の報告を得られ、

一緒にプロジェクトを作り上げる仲間になることができます!

よろしくお願いします!

-AYINA JAPANの活動, AYINA アフリカ紹介, 在日アフリカンインタビュー
-

Copyright© 特定非営利活動法人AYINA , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.