Top
ケニアでマタトゥに乗ってみた【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
3967
post-template-default,single,single-post,postid-3967,single-format-standard,mkd-core-1.2,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-medium-title-text,elementor-default
特定非営利活動法人AYINA / AYINAメンバーBlog  / ケニアでマタトゥに乗ってみた【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】
27 2月

ケニアでマタトゥに乗ってみた【ケニアで工学研究インターンシップ~アフリカ×ICTの可能性を探しに~】

Jambo(ジャンボ:こんにちは)


AYINA Japan
東北支部長土屋みなみです。


ナイロビの道路の王様と私が勝手に命名した、

マタトゥ(乗り合いバス)に乗ってみたので、

今回はその模様をお届けします!

※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※

AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する

『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら

道路の王様の所以

私が勝手に命名したとはいえ、何故そう言えるのかというと…

マタトゥはとにかく自由自在に走っていくからなんです

(運転が荒いとも言う)

渋滞していても構わずスレスレで車線変更してきます。

分かりにくいと思いますが、

線の上をまたぎ、勝手に1.5車線目を作っているんです…

その運転技術を尊敬してしまうくらいです笑

マタトゥに乗ってみた

マタトゥは外から見ていると危ないヤツですが、

「マタトゥは乗ってみると悪いもんでもないよ」

と、ホストブラザーに言われたので実際に乗ってみます。

マタトゥには色がポップな大きいタイプと、

(こちらをバスと呼ぶとも聞きました)

マタトゥには、白くて小さいタイプもあります。

今回はどちらも試してみました。

まずはバス停と思われる場所へ。

自分の目的地に合わせて車を選び乗車。

隣でこんなことしてるけど本当に大丈夫かしら…

因みにこの場所では、時刻表はなく、

いい感じに席がいっぱいになったら出発です笑

ケニアの大きいマタトゥはこんな感じ

分かりにくくてすみません…

1列あたり4人座れて8列分くらいあります。

もっと大きいと通路を挟んで2列シート&3列シートのもの等も!

車内ではラジオから音楽が大きな音で流れております。

因みにこのマタトゥのスピーカーはpioneerでした!

ブレていてすみません…kenwoodも有りました!

座席の前にある小さい隙間から

「ここで降りる人いるよ」等、

運転手に話しかけるみたいです。

この穴が無く、お兄さんが突如走行中に、

ドアを開けて車体の運転席に近い方を、

どんっ!

と叩くパターンもあります笑

運賃を集めるお兄さんは、

お金を左手に握りしめてました。

財布から出すって訳じゃないのね。

また、ベナンでもそうでしたがドア開けっ放しで発車します。

発射後閉まる場合も、開きっぱなしな場合もあります笑

ケニアの小さいマタトゥはこんな感じ

これまた伝わりにくいですが、

ハイエースのイメージです。

2-3人座れて4列くらいあります。

一番前に座ると、もれなくあの危なっかしい様子を、

中から見ることができます。

そういえば料金表が貼ってありました。

ケニアのお金の価値は日本のとほぼ同じなので、

これらの数字がそのまま円になると思っていただいて良いです。

体感の距離からすると安いように思います。

因みに、こちらの方が音楽は爆音で、

運転もいつもどおりの自由加減だったのに、

この日めちゃくちゃ眠かったのでウトウトできていました。

我ながらびっくりです笑

興味がある方は是非このマタトゥを、

ナイロビにお越しの際現地の知人と一緒に試してみて下さい!

それではKwaheri(クワヘリ: さようなら)

※※※ 参加者募集中【期間限定・定員あり】 ※※※

AYINAが全力であなたのアフリカ旅を応援する

『アフリカンホームステイ』の詳細はこちら

ayina

No Comments

Leave a Reply: