AYINAメンバーBlog 清水

世界一暑い国!?アフリカのジブチへ行ってきました

こんにちは!

AYINAの清水です。

今回は出張に行った、アフリカ東部にある「ジブチ」についてご紹介します!

 

皆さん、ジブチってどこにあるか知っていますか?

恥ずかしながら、私も今の仕事を始める際に地図を確認しました…。

ここです。

ジブチはとにかく暑い!!

面積は四国くらいの大きさ、人口は約95万人の国です。

その第一印象は・・・

暑い!

飛行機から降りた瞬間、オーブンの中のような熱気に包まれます。

到着日9月2日の最高気温は43度となっていました。

 

今後が若干心配になります。

聞くところによると、昼間はかなり暑いので、ジブチ人も外出を控えるとか。学校も午前の部は7~12時、午後は16時ころから始まる工夫がされているそうです。

 

まず行ったのは、ジブチテレコム。

ここで、SIMカードとクレジットを買い、シムフリー携帯に入れることでジブチにて携帯の使用が可能になります。

こちらはスーパーマーケット。フランスからの輸入品が多いです。

日用品は大抵の物が買えます。

物価は物にもよりますが、大体日本と同じくらいです。

 

ジブチの食事

ジブチにてちょっと優雅な食事。

ジブチではエチオピア・イエメン等々の料理を取り込まれているそうです。

確かに、至るとことにエチオピアご飯屋さんがあります。

山盛りパスタ。どのご飯屋さんへ行っても、一食の量が多いです。

こちらの食堂は、ジブチ市外というのもあり、一食150DJF(約90円)ほどでした。

 

ジブチ市外の様子

ジブチの年間降水量は50~200㎜程度で非常に乾燥しています。

ジブチ市から少し出ると、景色はすぐこのような砂漠になります。

生活用水は井戸から汲み上げています。

ジブチ市内の様子

町に雨水を排水する機能がないため、降雨があると道路が水浸しになります。

マルシェ界隈は人が多く、賑わっています。

ジブチの港。こんな多きい魚もジブチ沖で獲れるそうです。

漁師のお兄さん達はノリノリで写真を撮らせてくれました。

とある工具屋さんにあったマネキン。センスを感じます。

アッサル湖という塩湖。

世界で二番目に塩の濃度が濃い湖だそうです。

マルシェの野菜売り場。ジブチで売られている野菜や果物のほとんどは輸入品です。

雨が少ないジブチでは農業が難しいためです。

終わりに

ジブチの方々の印象は、おとなしく、仲良くなるのに時間がかかる、です。

恐らく、私の中の比較対象が2年間暮らしたセネガル(西アフリカで皆かなり元気)であるため、そう見えたようです。

また、アフリカというイメージよりも、どちらかというと中東の雰囲気が漂っていました。ダイビングやシュノーケリングといったマリンスポーツも盛んだそうで、機械があれば行ってみてください!

 

-AYINAメンバーBlog, 清水
-

Copyright© 特定非営利活動法人AYINA , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.