AYINA AFRICAの活動 インタビュー ナイジェリア 在日アフリカン 在日アフリカンインタビュー

"プランは絶対に変えない"なんてことは無い 今に熱狂するナイジェリアンの生活を覗く

16,000人。

日本にも数多くいる在日アフリカンの方にお話を伺い、出身国のことや実際に日本に住んでいて感じること、そしてその方自身のストーリーについて教えていただき、今日から友達になれるくらい近くに感じてもらえるような取材をする企画。

今日から繋がるニッポンの〇〇アフリカンズ(略して「今日アフ」)

今回は西アフリカのナイジェリア生まれで、現在は会津大学でコンピューターサイエンスや情報システムを専攻している、修士2年生のYaqub(*ヤコブ)さんにインタビューしてきました!*以下カタカナ表記

ヤコブYAQUB MAHMOUD】ナイジェリアのカドゥナ出身。ナイジェリアのAl-Hikmah Universityを卒業後、会津大学大学院にてコンピューターサイエンスや情報システムを専攻中。

ナイジェリア地図

ナイジェリアといえば、フゥフゥやモイモイ、エグシスープといった料理アフロビートと呼ばれるナイジェリア発祥の音楽、Nike Art Centreというアートワークが見られる巨大施設やFreedom Park Lagos(自由公園)という歴史を感じられる公園、Abuja National Mosqueというナイジェリアで最も美しいとされているモスクといった観光スポットなどなど。
本当に魅力たっぷりのナイジェリアですが、ここでは多く語れないのが残念です・・・
リンクが入っているので、もし興味があったら調べてみてください!

この記事を通して、アフリカのこと、在日アフリカンのことに興味を持ってくださったら幸いです。コロナの影響によりオンライン取材となっております。

 

<パーティーパーティーなヤコブ家>

AYINA土屋
こんにちは、ヤコブ。
早速なんだけど、ヤコブのことについて色々知りたいの!
まず、まだ小さかったときの話が聞きたいな
こんにちは。僕、生まれはカドゥナなんだけど、父親が首都のアブジャで働いていたのもあってすぐにアブジャに移ったんだよね。
だから首都育ちだったんだ
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
里帰り出産みたいな感じだったんだね。
何が好きだったの?
56歳の頃は読書が好きだったかなぁ。
ゲームも特にしてなくて本を読んでた。
でもそれ以降は、学校の宿題に追われてなかなか読めなかったよ
ヤコブ
ヤコブさん

AYINA土屋
そっか、宿題大変だもんね
中学生、高校生のときの趣味とかはあった?
テレビゲームはよくやってたね!PlayStation2とか持っていたよ!
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
PlayStation2!!懐かしいーー
なぜか本体だけで、ソフトを買ってくれなかったから友達に借りてやっていたんだ(笑)
ナルニア国物語とか、ラチェット&クランクとかやっていたかなぁ。
高校の終わりくらいには、また読むことにハマってたね。
この時は、本というよりWikipediaとかを使って調べたものを読むことが多かったかな。
歴史とか事実系のものを読んでいたし、大学にいる今もよく読んでるね。
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
なんでも調べる癖ってほんと大事!
それに、結構私たちと似たような学生時代を過ごしてきてるんだねー。
そういえば、ヤコブの家族ってどんな感じなの?兄弟はいるのかな?
うん、いるよ。弟が2人と妹が3人で、僕が一番上だね
パパとママはそんなに厳しい人ではないけど、学校にはサボらずちゃんと通うことって思っていたかな。
そういえば、僕の誕生日って99日なんだけど、これパパとママの結婚記念日と同じなんだよね。
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
え!?すごい!!その日はパーティーだね!! 
しかも妹は98日生まれで1日違いなんだ。
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
私と同じ誕生日だ!!

それはもうパーティーパーティー

 

なぜコンピューターサイエンスの道へ?距離が遠いから!?

AYINA土屋
話は変わるんだけど、どうして大学(ナイジェリア)でコンピューターサイエンスの道を選んだの?
んー、大学が家から遠かったからかな。
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
???家から遠かったから・・・?近かったからではなく・・・?
うん、遠かったから(笑)
なんとなく、家から近い大学は嫌だったんだ(笑)
もともと自分では機械工学を学ぼうと思っていたんだよね。
しかも大学の方からも機械工学を勧められてもいたんだ。
でもその大学、家からの距離が近かったんだ。
だから、その大学は蹴っちゃって、おじさんが勧めてくれた郊外の大学にしたら、そこがコンピューターサイエンスの大学だったんだ。
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
え?じゃあほとんど場所基準で決めたってこと??
うん、そうだよ。コンピューターが身近にあったのもあるけどね。
ヤコブ
ヤコブさん

「場所で選ぶんかーい」

 

AYINA土屋
結構不思議な理由でナイジェリアではコンピューターサイエンスを学んでいたわけだけど、今いる会津大学ではどんな研究してるの?
Internet of Vehicles in Age of Informationっていうんだけど、走っている車2台が自動で、お互いに信号を出してコミュニケーションを取ろうとしたとき、その情報伝達にタイムラグが生まれちゃう現象があって。
それをどうにかしようとする研究をしてるよ。
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
おおぉ・・・なんだか難しそうだね・・・
簡単にまとめて伝えるのは難しいかもしれない。
自分のやっている研究についてゆっくり話せる機会があったらいいんだけどね
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
それ、イベントにしちゃったら面白いかもね!!勉強にもなりそうだし!!

研究内容を丁寧に教えてくれるヤコブさん

 

実はスコットランドの大学院を蹴っていた!?

AYINA土屋
そういえば、ヤコブはどうして会津大学に、日本に来たの?
初めはただ観光をするために来ていたんだ。
そのとき日本語の語学学校に通ってはいたんだけど、3ヶ月くらいしたらスコットランドの大学院で修士課程に進む予定だったんだよね。
でも、日本にいるうちに「日本で勉強したいな」と思うようになって、スコットランドの大学院をキャンセルして日本の大学に進むことを決めたんだ。
会津大学を選んだのは、パパの知り合いが紹介してくれたからだね
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
観光目的で来て語学学校に通っていたのもすごいんだけど、スコットランドの方をキャンセルしてまで来る行動力がすごい!
研究で数学を使うなんて思ってなかったから、今かなり使うことになって焦っているし、観光していた頃に戻りたい!とか思っているけどね(笑)
ヤコブ
ヤコブさん

 

ナイジェリア感を日本でも

AYINA土屋
わかる・・・
大学で、思わぬ教科を使うことになると焦るよね・・・
あ、せっかくなら日本での暮らしについてもちょっと知りたいんだけどご飯はどうしてる?
日本食っぽいもの食べてるの?
ううん、日本で集められる原料を使ってナイジェリアで食べていたような料理を作ってるよ。有罪だね(笑)
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
有罪(笑)でも食生活はなかなか変わらないから仕方ないよねー。
じゃあ外食はどうしてるの?
ほぼ牛肉の料理を頼んでいるね。
牛肉のものしか頼まないって言えるくらい(笑)
ナイジェリアでは、日本と違って牛肉が一番安いお肉だからよく食べていたんだ。
ヤコブ
ヤコブさん

ここからナイジェリアのご飯のことで頭がいっぱいの土屋

 

え?市役所って英語でも大丈夫なの?

AYINA土屋
日本で暮らしてる中で、気になるところとか困ったことはある?
んー、お互いに年齢を聞き合うのは面白いって思ったな。
ナイジェリアでは年齢はあまり気にしないから自分の歳を頑張って思い出さなきゃいけなかったよ(笑)
しかもそのおかげで、ナイジェリアでの友達が年上だったと気づいたのには驚いたよ(笑)
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
それは日本ではあんまりわからない感覚じゃないかな・・・(笑)
あと、また年齢の話で1つあって。
大学4年生の友達が僕と同じ年くらいなのに学年はズレていた影響で、そのせいで就職が難しくなっているっていう話を聞いたときはすごく驚いたね。
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
確かに、年齢を気にしない国の人からするとなかなか理解しがたい文化だろうね。
ヤコブ自身が何か困ったことはあった?
今のところはないかなー。結構言葉も通じるし。
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
え?例えば市役所って英語大丈夫なの!?(思わず日本語で)
全然大丈夫じゃないよ(日本語)
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
日本語普通にしゃべれるじゃん!!(日本語)

ツッコミに笑うヤコブさん

 

語学学校に通っていた時とかは、コンビニの店員さんに色々質問して自分の日本語があってるのか確認したりして練習してたんだ(笑)
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
やっぱりヤコブ、色々とすごいね・・・

 

ヤコブ・全都道府県を制覇する!!

AYINA土屋
そろそろインタビューも終わりなんだけど、最後にヤコブの今後やりたいことってある?
まずは博士号を取りたい。
今やっている研究がすごく楽しいから、もっとのめり込んでやっていきたいと思ってるんだ。
そのあとはあんまり考えていないんだけど、どこかの会社の研究員として働いて、5~10年後くらいに日本で起業しようかなって考えているよ。
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
どうして日本で?
ナイジェリアよりは信頼感も安定性もあるからだね。
でもまあ、僕は考えているプランは絶対変えない!なんてことはなくて、新しいことに挑戦するチャンスがあればなんでもやっていくつもり!!
あ、あと、日本の全都道府県を旅行して、駅で撮った写真を集めた動画とか作りたい!!
ヤコブ
ヤコブさん
AYINA土屋
いいね!それ素敵!!ぜひAYINAメンバーにも会いに来てね!!
もちろん!!
ヤコブ
ヤコブさん

 

取材後記

家から遠い大学を選んだり、スコットランドの大学院を蹴って日本に来たりと、かなり大胆な行動をしてきたヤコブさん。
そんな行動力と同時に、インタビューの最初から最後まで優しく穏やかな雰囲気を持っていてとても素敵な方でした。

この記事を通して「アフリカから来た人にはこんな人もいるんだ」「日本の文化って、こんなところが変わって見えるんだな」「日本もアフリカも似たようなところってあるんだな」など、みなさんにとって色んな発見があれば幸いです。

皆さんもぜひ一緒に、ヤコブさんの全国旅動画の完成を楽しみに待っていましょう!!

 

在日アフリカン事業サポーターさま募集

私たちAYINAは、今年から在日アフリカンの方に対するプロジェクトに専念しています!

クリックしていただくと支援ページに飛べます

事業を立ち上げて軌道に乗せるまでのマンスリーサポーターを募集しております!

クリックしていただくと在日アフリカン事業の概要をご覧いただけます

月500円から参加いただけ、毎月メルマガで進捗の報告を得られ、一緒にプロジェクトを作り上げる仲間になることができます!

よろしくお願いします!

〈取材=土屋みなみ(@TsuchiyaMinami)/文=山本凜太朗(@Ninninjincarrot)/撮影=内藤獅友(@Naikel0311)〉

 

-AYINA AFRICAの活動, インタビュー, ナイジェリア, 在日アフリカン, 在日アフリカンインタビュー

Copyright© 特定非営利活動法人AYINA , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.