AYINA JAPANの活動 ナイジェリア 在日アフリカンインタビュー

日本ビザ取得に6年!!??サンデーさんの日本に来たかった理由とは

みなさん、こんにちは!NPO法人AYINAのプロジェクトマネージャーのひできです!!

今回、私がAYINAで初めて在日アフリカンインタビューの記事を担当しました!

このAYINAの在日アフリカンインタビューは、

日本に16,000人いるといわれている在日アフリカンの方にフォーカスを当て、

その方の魅力、出身国のリアルなお話、日本に住んでみて

の実際の感想などを教えていただく企画です。

今回のゲストは、インタビューシリーズの2人目の

西アフリカ ナイジェリア出身のサンデーさんです!!

【プロフィール】 サンデーさんは、ナイジェリアの東部で長男として生まれる。 ナイジェリアの大学卒業後にホテルに就職。 日本ビザを取得後、2019年9月から日本に移住。 現在は、ペットボトルをリサイクルする仕事に従事。 将来的には、日本に定住を希望している。

 

サンデーさんが日本に来た理由

AYINA あつ
こんにちは!
AYINAまゆ
こんにちは!
こんにちは!
sundayさん
AYINA あつ
まずは、サンデーさんが日本に来るまでの話を聞きたいです!日本に来るまではどうしてたんですか?
僕は、ナイジェリアの東部で長男として生まれました。そして、ナイジェリアの大学で歴史と国際関係について学んでいました。
sundayさん
AYINA あつ
そうなんですね! 大学を卒業してからはどんなことをされたのですか?
大学を卒業してからは、ホテルのマーケティングマネージャーをしていました。具体的には、スタッフ全体のマネジメントを行っていました。ナイジェリア含め他のアフリカ諸国は仕事を得るのが難しくて、オーナーが仕事をくれたんだよ。ホテルマネージャーをやりたかったわけではなく、それが唯一の選択肢だった
sundayさん
AYINA あつ
厳しい環境だったんですね。ちなみに、当時なりたかった職業はありましたか?
十分なお金があったらもっと勉強して、先生とかビジネスに関わることがしたかった。大学も私立ではなくて安い大学にしか行けなかったからね。
sundayさん
AYINA あつ
今は日本に住んでいますが、サンデーさんはどういうきっかけで日本を知ったんですか?

高校の授業で日本の製造業について知る機会があったんだ。そして大学でも歴史の講義で日本のことを少し学んで、そこから文化に興味を持って、行ってみたい国の1つだったんだ。
sundayさん

AYINA あつ
実際に来てみてどう感じましたか?
優しくて良いところだと思っています!実は、日本に来る前にマレーシアに行って最初の6カ月は仕事を探しそして6か月間働いていました。ビザも取れて、友達がマレーシアで働いていて招待してくれていたんだけど、マレーシアの文化が合わなかったんだよね。それは、マレーシア人は、ムスリムだからクリチャンの自分には興味ないみたいに感じたからなんだよ。日本は平和だし!!!!日本人は、優しいし助けてくれる。知らないところにいって場所がわからなくても、人に聞いても親切に教えてくれる。ナイジェリアでは犯罪や喧嘩がいつもあって、警官や軍も戦っているからね。
sundayさん
AYINA あつ
日本のことを良く言ってくれてありがとうございます!ちなみに何年間かけて日本のビザを取得したのですか?

6年かけてきたよ!!
sundayさん

AYINA あつ
6年!!!???
AYINAまゆ
本当ですか!!??
それが、本当なんだよ。来れるまでに色々な障害があったんだ。
sundayさん
AYINA あつ
日本に来るだけで大変だったんですね。
AYINAまゆ
確かに私がガーナ行った時もビザなどの手続は大変でしたよ。
手続きは大変だと思うけど、日本人は世界中どの国にも行けるからね。ナイジェリアから日本に来る方が何十倍も大変だよ!!!
sundayさん

1.ビザ取得がいかに大変だったか説明してくれるサンデーさん

 

サンデーさんが成し遂げたい将来のビジョン

AYINA あつ
日本に来てから困ったことはありますか?
周りの人が助けてくれるけど、やっぱり日本語が難しい。それにコロナの影響やビザの関係で中々仕事ができなかった。でも、やっと仕事が見つかって今はペットボトルをリサイクルする仕事をしているんだ。
sundayさん
AYINA あつ
それはよかったですね。日本で将来的にしたいことはありますか?

日本語は難しいけど、日本に定住したい!
sundayさん

AYINA あつ
そうなんですね! なんでそう思ったんですか?
日本という環境が肌に合って、親切な国だから。知識を得て自立したい。そして、日本に家もって結婚して子供が欲しい。それに、マネージャー、スーパーバイザーとかの仕事がしたい。今は、シェアハウスに住んでいるんだけど、お金が貯まったら一人暮らししたい。
sundayさん
AYINA あつ
色々成し遂げたいことがあるんですね
そうですね。それに沢山は難しいかもしれないけど、生まれ育ったナイジェリアにも何か恩返しをしたい! 例えば、貧しい子供たちのための基金を作って、食料と教育を提供することとかできる様にしたいと思っています。
sundayさん
AYINA あつ
AYINAでも協力できる部分はお手伝いできたらと思います!

 

日本のことが大好きなサンデーさんによるナイジェリア音楽文化

AYINA あつ
次にサンデーさんが育ったナイジェリアのことについて教えてください。例えば、音楽は?
ヒップホップでDavid Adedeji Adeleke、Wizkid がとても人気! それに、伝統音楽のミュージシャンもいるよ!伝統音楽は、※way of lifeのことを意味している音楽表現をしているんだ。
sundayさん

※過去からの経験を伝える

2.アメリカ生まれのナイジェリアのシンガーDavid Adedeji Adeleke 下記の2017年リリース【FALL】は、youtubeで1.9憶回再生されている。

 

AYINA あつ
サンデーさんは楽器吹けたり、太鼓をたたけたりできるんですか?

ドラムとかギルタは今でもできるよ!
sundayさん

 

衣服文化、結婚文化

AYINA あつ
ナイジェリアの伝統服、アフリカ布(cloth)はどういったものがあるんですか?
多民族なので民族によって服が異なるね。僕たちもあつよしさんが今着ている服を着ているよ!
sundayさん

3.インタビュアーのあつよし君が着ていた民俗衣装

AYINA あつ
そうなんですね。これは、千葉県で買いました!普段からこのような服は着るものなんですか?
そうだね。他のものだとカフタン、アグバダと呼ばれているものだよ! アグバダは、結婚式、儀式など特別な時に着るよ。
sundayさん

4.カフタンとは、トルコや中央アジア等のイスラム文化圏で着用される丈が長い長袖で、ほぼ直線裁ちの襟のないか立襟の服

AYINA あつ
ちなみにサンデーさんの部族の結婚式ってどんな風習があるんですか?
結婚式に向けてお金が沢山必要なんだよ。新郎が女性に穀物や牛などの家畜、ワインや布などを贈るためにね。自分の娘が結婚するときにもやるんだ。女性を大切にしないといけない文化があるんだよ。
sundayさん

5.ナイジェリアの結婚のしきたりを熱く話すサンデーさん

AYINA あつ
素敵な文化ですね。ナイジェリアに行ってみたいです!
お勧めするよ! ぜひナイジェリアに来てください!
sundayさん

 

<終わりに>

いかがでしたでしょうか。

私自身インタビューの中で日本のことを知るきっかけが高校の授業での

日本の製造業ということがとても意外でした。

又、大学での授業でも日本について触れる機会があったと同時に日本に行きたかった夢を6年もかけて実現させたことについては自分自身に置き換えると非常に目頭が熱くなる思いでした。

そして、僕たち日本人以上に日本のことを愛してくれているんだなぁと感じ、将来のビジョンの1つに日本への定住があり、この夢を実現するためにAYINAとしてサポートできるところに関してはきちんとサポートを行っていきたいと思いました。

在日アフリカン事業サポーター募集中

私たちAYINAは、今年から在日アフリカンの方に対するプロジェクトに専念しています!

クリックしていただくと支援ページに飛べます

事業を立ち上げて軌道に乗せるまでのマンスリーサポーターを募集しております!

クリックしていただくと在日アフリカン事業の概要をご覧いただけます

月500円から参加いただけ、毎月メルマガで進捗の報告を得られ、

一緒にプロジェクトを作り上げる仲間になることができます!

よろしくお願いします!

《取材=あつよし, 記事=ひでき, メモ、撮影=まゆ》

 

 

 

 

-AYINA JAPANの活動, ナイジェリア, 在日アフリカンインタビュー
-, , ,

Copyright© 特定非営利活動法人AYINA , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.