Top
AYINA JAPANの活動 – ページ 2 – 特定非営利活動法人AYINA
fade
6
archive,paged,category,category-project-in-ayina-japan,category-6,paged-2,category-paged-2,mkd-core-1.2,voyage-ver-1.8,mkdf-smooth-scroll,mkdf-smooth-page-transitions,mkdf-ajax,mkdf-grid-1300,mkdf-blog-installed,mkdf-breadcrumbs-area-enabled,mkdf-header-standard,mkdf-sticky-header-on-scroll-up,mkdf-default-mobile-header,mkdf-sticky-up-mobile-header,mkdf-dropdown-default,mkdf-fullscreen-search,mkdf-search-fade,mkdf-medium-title-text,elementor-default
「どういう風に生きたいの?」元セネガル青年海外協力隊員が語る人生を楽しむ方法

AYINAの綾部です! 子供の頃に、テレビで発展途上国の映像をみて、 自分も現地で関わってみたいと思ったことはありませんか? しかし、なかには「実際にどのように行動していいのかわからない」 という悩みを抱えている方もいると思います。 そこでこの記事では、 青年海外協力隊としてセネガル共和国に派遣されたことのある、 村西有希さんにお話を伺いました。 青年海外協力隊とは…青年海外協力隊は、政府が行う政府開発援助の一貫として、国際協力機構(JICA)が実施しているボランティアプログラム。世界の途上国のニーズに合わせて、いろいろな職種の人が派遣されます。基本は2年の派遣となっており、20歳〜39歳の方が募集対象です。 村西有希さんは、大学卒業後、 青年海外協力隊の野菜隊員としてセネガル共和国に派遣されました。 村西さんが語る青年海外協力隊の活動や生き方は、 これから海外で働きたいという人にとって、参考になるはずです!! ぜひ、ご一読ください! [word_balloon id="2"...

AYINA関東オフ会開催レポート

初めまして! 1週間ほど前にAYINAに新しく加入した柳田美聖(やなぎた  みさと)です。 これからは主に滞在するタンザニアの記事を中心に書いていくと思うので、よろしくお願いします:) さて、今はタンザニアに向けて出発し、トランジットの中国でこのブログを書いています。 今回の関東オフ会は私の出発前日だったので、私のリクエストを聞いてくださり、Hootersで開催しました。ファンキーなチョイスですね。出発前にファンキー・ジャパンを堪能したかったのです笑 集まったメンバーは、副代表のナイケルさん、AYINA...

4月度polca募金の御礼/5月度polca募金お知らせ【2019年】

副代表の内藤です! 2018年2月から新たに導入させて頂きました、polcaを使った毎月の募金支援。   2月度は8名の方に総額4,800円をご支援頂きました! 3月度は15名の方に総額7,700円をご支援頂きました! 4月度は14名の方に総額9,300円をご支援頂きました! 5月度は28名の方に総額14,600円をご支援頂きました! 6月度は12名の方に総額6,300円をご支援頂きました! 7月度は18名の方に総額16,200円をご支援頂きました! 8月度は16名の方に総額11,400円をご支援頂きました! 9月度は7名の方に総額4,500円(手数料後4,050円)をご支援頂きました! 特別版(10月度)は18名の方に総額12,650円(手数料後11,385円)をご支援頂きました! 11月度は11名の方に総額3,900円(手数料後3,510円)をご支援頂きました! 12月度は3名の方に総額1,800円(手数料後1,620円)をご支援頂きました! 2019年1月度は3名の方に総額2,100円(手数料後1,890円)をご支援頂きました! 2019年3月度は21名の方に総額15,700円(手数料後14,130円)をご支援頂きました!   そして2019年4月度は15名の方に総額6,600円(手数料後5,940円)をご支援頂きました!   総支援者様は168名、総支援額は112,825円となりました! ご支援者様は、   morishindesu様 コバケン様 やまだー様 竹谷彰人様 テニプリ様 支倉常明様 リュウサイ様 chanhana様 AYA様 piyopiyo様 Zaa10様 腰山塁様 遠藤暁様 ヤギ様 noha様   です! 本当にありがとうございました!   また、5月度のpolca募金も始まっております! 300円からご寄付いただけますので、どうぞ応援よろしくお願いいたします。   5月度ポルカ募金はこちらです! ...

3月度polca募金の御礼/4月度polca募金お知らせ【2019年】

副代表の内藤です! 2018年2月から新たに導入させて頂きました、polcaを使った毎月の募金支援。   2月度は8名の方に総額4,800円をご支援頂きました! 3月度は15名の方に総額7,700円をご支援頂きました! 4月度は14名の方に総額9,300円をご支援頂きました! 5月度は28名の方に総額14,600円をご支援頂きました! 6月度は12名の方に総額6,300円をご支援頂きました! 7月度は18名の方に総額16,200円をご支援頂きました! 8月度は16名の方に総額11,400円をご支援頂きました! 9月度は7名の方に総額4,500円(手数料後4,050円)をご支援頂きました! 特別版(10月度)は18名の方に総額12,650円(手数料後11,385円)をご支援頂きました! 11月度は11名の方に総額3,900円(手数料後3,510円)をご支援頂きました! 12月度は3名の方に総額1,800円(手数料後1,620円)をご支援頂きました! 2019年1月度は3名の方に総額2,100円(手数料後1,890円)をご支援頂きました!   そして2019年3月度は21名の方に総額15,700円(手数料後14,130円)をご支援頂きました!   総支援者様は153名、総支援額は106,885円となりました!   ご支援者様は、   yumemi様 morishindesu様 りょこ様 支倉常明様 遠藤 暁様 kzk様 chou_san様 かわし様 haruka_98様 菱井...

ベナン現地企業で3ヶ月間インターンホームステイ vol.09

みなさんこんにちは!   ベナンでの生活も終わりが見えてくるにつれて寂しくなって参りました。 3か月もいれば現地の人とのつながりも深くなり、居心地がよくなるものですね…。 もう少し長く滞在したかったなぁ…なんて思ったり思わなかったり。   ※AYINA編集部のミスでようやく本日UPされました。大村さんは既にご帰国されています。ごめんなさい・・・   それでは気を取り直して今回も、 前回に引き続きベナンホームステイ中のアクティビティー、 全部紹介します!~後編~をお届けします!   ベナンホームステイ中のアクティビティー紹介前編はこちら ベナンホームステイ中のアクティビティー紹介中編はこちら   ⑪ホームステイ先で日本食作り 日本食が恋しい… ということで、 ホームステイ先でお好み焼き、お味噌汁、豚の生姜焼き、コロッケ、ホットケーキを作りました! コロッケとホットケーキは全て材料を現地調達。   ちなみにパン粉は見つけられなかったので、 フランスパンをミキサーに入れてパン粉にするという非常に贅沢な方法を取りました。   お味噌汁以外はどれもベナン人ファミリーに好評でした~   ⑫青年海外協力隊の綿貫さんを訪問 青年海外協力隊として活動中の 綿貫大地さんの活動場所を訪問させて頂きました! 綿貫さんには、 障がい者グループや女性グループ、農家の方などたくさんの活動先を見せて頂きました。   下の写真は、養殖しているうさぎの赤ちゃん(生後3日!)です。 綿貫さん自身はこれからベナンでの起業を考えていらっしゃるということで、 これまでのキャリアとともにそうしたお話もさせて頂きました。 ⑬ルワンダスタディーツアー せっかくアフリカまで来たので、 他の国も見てみたい!というわがままを聞いてもらい、 一週間ベナンを離れルワンダに行ってきました。   ルワンダでは、竹田憲弘さんの主催するスタディーツアーSTARTに参加。 現地で働かれている日本人の方々や バナナペーパー作りで有名な津田久美子さんにお会いしたり、 農村や国立公園を訪問したりしました。   西アフリカのベナンとはまた違うアフリカの一面を見ることができました。   ⑭コトヌー漁港 忘年会(詳しくは前回のブログをご覧ください)でお会いした、 青年海外協力隊の古田さんの活動先である、コトヌー漁港を訪問させて頂きました。 小さいながらも活気のある漁港でしたが、 漁獲量の減少やごみの処理の問題なども抱えているそうです。 お昼には、漁港で取れた新鮮な魚とカニを頂きました。   ⑮ガンビエ観光 記念すべき最後のアクティビティーは、水上都市ガンビエ観光です! 日本のテレビ局も度々取材に来るほど、言わずと知れたベナンの観光名所。 経済首都のコトヌーからも近く、日帰りで観光できます。   今も実際に多くの人が水上生活を営んでおり、 木製の手漕ぎボートで登校する小学生や、漁師さんにも出会うことができます。 個人的には、ベナン一の癒しスポットです。   以上、 ベナンホームステイ中のアクティビティー、全部紹介します!~後編~ でした!!   読んでくださったみなさんありがとうございました。 ぜひベナンホームステイに参加される際には こうしたアクティビティーも楽しんで、ベナンを満喫してみてください!     アフリカホームステイ情報はこちら ...

【2019年2月】やりたいことができたタンザニアでの最高の日々【ホームステイ】

ドキドキワクワクが詰まったアフリカ こんにちは。高校3年生の櫻井といいます。 今回AYINAさんにサポートをいただいてタンザニアに7日間行ってきました。 海外に行くのはこれが2回目、 アフリカは初めてという不安いっぱいのはじまりでしたが、 渡航前から温かいサポートをいただき、 終わってみれば何事もなく本当に楽しい旅行になりました。   ここでは、その7日間のタンザニア旅行をかいつまんでご紹介させていただきます。   はじめに、私がオーダーメイドしたツアースケジュールです。   1日目 ダルエスサラーム到着 タクシー内から街並みを見ているだけで楽しかったです! 2日目 ダルエスサラームからイリンガの街へ11時間バスに乗り移動&街を散策しショッピング 長い移動も大自然を窓から眺めているだけで楽しめました! 標高が高いイリンガの街はダルエスサラームと雰囲気がまったく違いおもしろかったです! 3日目 イシミラ遺跡を観光&近くの村でかご編み体験、その後ホームステイ先のイフワギ村へ移動 イシミラ遺跡は予想以上に素晴らしい場所でした! 4日目 ホームステイ先と交流 キテンゲという布をテーラーに持ち込んでオーダーメイドの洋服を作ってもらったり、 農作業や料理を手伝ったりしました。この辺りの話は後述します! 5日目 イフワギ村および周辺の3つの村を観光&ホストファミリーとお別れし、イリンガの街へ移動  観に行った茶畑のスケールの大きさに感動しました! 6日目 イリンガからダルエスサラームへ10時間バスに乗り移動&民俗博物館見学 7日目 ティンガティンガ村と海辺のショッピングモールでお土産をまとめ買い&日本へ向けて出国   以上のプランを予算30万円でAYINAさんに考えていただきました。 7日間毎日が新しいことの連続で飽きることなくドキドキしていました。   そんな日々の中でも特に印象深いのが、 イフワギ村でのホストファミリーとの生活です。...

【2019年2月】ベナン孤児院インターンホームステイ② ~孤児院での2日間編~

副代表の内藤です! 今回はベナンでの孤児院でインターンをしながら ホームステイに参加していただいた 上野さんのお声をお届けしたいと思います!   前回のブログはこちら!   私は子どもが好きで、単純に子どもたちとたくさん遊びたい! と思い、AYINAが提携をしている孤児院への訪問をお願いしました。 今思い出しても、子どもたちと一緒に過ごせてとても幸せでした! 子どもたち、めちゃかわいいです!!   <2日間のスケジュール> ・1日目:職業訓練 → 昼食&自由時間 → 歌の時間 → 授業(フランス語) ・2日目:授業(理科)→ 昼食&自由時間 → 歌の時間 → 職業訓練 → サッカー   こちらの孤児院には22人の子どもたちが暮らしており、 オーナーさんのほかに数名の先生が彼らをサポートしています。 先生の中には卒業生もおり、勉強や服作りを教えたりしていました。   初日には、なんと子どもたちが音楽とダンスで迎えてくれました! 予想以上のダンスのキレと、 リズムの心地よさ、歌と楽器の上手さに圧倒され、感動でした。 そして、私が合わせて手を叩いていると、 マセルくんが私の手を引っ張って、一緒に踊ってくれました! なんて優しくてジェントルマン…。 子どもたちが歓迎してくれて、本当に嬉しかったです!   職業訓練&お絵かき 子どもたちは、テイラー(服作り、編み物)、美容師、コンピュータと、 主に3つのグループごとに学んでいました。 みんな真剣に取り組んでおり、その集中力と腕前に驚かされました。   まだ10歳にならないくらいの子でも、器用に編み物をしているし、 ちょっと大きめの子はミシンを完璧に使いこなしていました。   美容師グループは、 子どもたち同士で髪を切ったり編み込んだりと、実践を通して練習していました。 そこで、髪をアレンジするスキルを一切持ち合わせていなかった私は、練習台として参加しました。 だいぶ真剣に編み込んでくれて、仕上げにまとめてもらい、最後は鏡を持ってきてくれました。 「ありがとう、めっちゃいい感じ!」と伝えた時の、 クリステルちゃんのどや顔が素敵でした。   コンピュータグループでは、 15歳のジョナスくんがパワーポイントを使いこなしていました。 私にスライドショーまで見せてくれました。   もはや、私はペイントしか教えていません。 自分の持てるペイント技術を伝達してきました。 すると、シャーラくんが気に入ったみたいで、 すばらしい色彩センスを発揮していました。今後の成長が楽しみです。   私はどれも教える技術はありませんでしたが、 唯一絵は好きなので、 小っちゃめの子どもたちに集まってもらって絵を教えてきました。 (内藤さんとオーナーさん、場を用意していただきありがとうございます) というよりは、一緒に楽しくお絵かきをしていました! 似顔絵を描いてあげると嬉しそうで、 次々に描いて描いて攻撃に合いました(笑)。   そんな中、ラザ君は私の描き方を参考に、私の似顔絵を描いてくれました! これにはハートがやられました、思わずキュンとしてしまいました。   ほかにも車、飛行機、犬、ニワトリなどのリクエストもいただき、ひたすら描いていました。 子どもたちはそれらの単語をフランス語で伝えてくれるのですが、私はフランス語がわかりません。 そういうときは、お互いにジェスチャーで伝え合いました。 ここで新たにジェスチャー当てゲクイズが誕生し、それもおもしろかったです(笑)。   また、ときには子どもたちがフランス語を教えてくれました。 4~5歳ぐらいのイッポリくんは、60までの数字を読み上げてくれました。 それを私が復唱すると、お前なかなかやるやん? という風なお顔をいただきました。めっっちゃかわいかったです。   ...

【2019年2月】ベナン孤児院インターンホームステイ① ~ホームステイ&観光編~

副代表の内藤です! 今回はベナンでの孤児院でインターンをしながら ホームステイに参加していただいた 上野さんのお声をお届けしたいと思います!   AYINAでのホームステイに参加した理由   私がアフリカに興味を持ったきっかけは、 大学の授業でアフリカの音楽や文化について学んだことでした。   そこから漠然と、 いつかはアフリカに行ってみたいぐらいに思っていたのですが、 大学4年に入り、どうしても卒業するまでに行きたい! という思いが強くなりました。   なぜなら、私はアフリカの国々に対して無知であるだけでなく、 ...